『キューバ -革命と情熱の島を旅する』 「地球の歩き方」編集室 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『キューバ -革命と情熱の島を旅する』 「地球の歩き方」編集室


日本人の個人旅行者必携と言われる『地球の歩き方』で取り上げた国・地域の中からいくつかを魅力を沢山のカラー写真にごく簡単な説明を付した「GEM STONE」シリーズの 1冊で、『地球の歩き方 B24 キューバ』を補強する観光ガイド写真文集。

「世界遺産の街並みを歩く」でハバナ旧市街、トリニダード、シエンフエゴス、カマグエイ他、「ヘミングウェイが愛したキューバ」で彼が20年にわたって住んだハバナ郊外のフィンカ・ビヒア邸、ハバナ旧市街等ゆかりのスポット、「キューバ革命とチェ・ゲバラ」でサンティアゴ・デ・クーバやハバナ、「街なかを疾走するクラシックカー」で往年のアメ車を、「リズムの宝庫 音楽と踊り」で音楽、踊り、楽器、サルサを、「キューバが世界に誇る名物と
アート」では葉巻、ラム酒、カカオ、アートを、「キューバの暮らし&カルチャー」ではお金と配給、住宅、スポーツ、食事、学校、医療、宗教、習慣をそれぞれ紹介している。参考文献や登場する近現代史に登場する人物も含め、すべてを豊富なカラー写真で楽しく見せる。
〔桜井 敏浩〕

(改訂第2版 ダイヤモンド・ビッグ社 2018年12月 127頁 1,600円+税   ISBN978-4-478-82254-8 )