3月24日までの経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

3月24日までの経済ニュース


3月18日(ブラジル)ブラジル政府は6月17日以降、日本、米国、カナダ、オーストラリアの4カ国を対象に観光や短期商用の査証(ビザ)を免除すると発表した。

3月19日(ブラジル)ブラジルのボルソナロ大統領は米国のホワイトハウスでトランプ大統領と会談を行い外交や経済分野の関係強化で合意した。

3月19日(ブラジル)ブラジルで日本産黒毛和牛の輸入販売が始まった。2017年末に和牛輸入が解禁されたが、実際に流通するのは初めてとなる。

3月19日(メキシコ、ブラジル)メキシコ政府とブラジル政府が、乗用車・小型トラックを対象とする自由貿易協定(FTA)を結んだと発表した。同様の協定は2020年から大型車の輸出入にも適用されることになる。

3月22日(南米)ブラジル、コロンビア、アルゼンチン、チリ、ペルー、エクアドル、パラグアイの首脳らがチリのサンティアゴで会談し、南米統合を目指す地域連合「南米発展のためのフォーラム(PROSUR)」の設立で合意した。