6月2日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

6月2日までの政治経済ニュース


5月29日(ベネズエラ)ベネズエラの政府と野党陣営の代表団がノルウェーのオスロで直接会談したと発表した。

5月30日(メキシコ)トランプ米大統領は、メキシコが不法移民流入に十分に対応していないとし、6月10日以降、同国からの全輸入品に最大25%の制裁関税を課すと表明した。これを受けてメキシコのロペスオブラドール大統領は、米国との対話によって関税措置の撤回を目指す考えを示した。

5月31日(チリ)国際協力銀行は、チリのケブラダ・ブランカ銅鉱山の開発を対象とした融資金額900百万米ドルを限度とするプロジェクトファイナンスによる貸付契約に調印したと発表した。(同社発表リリース)