日本人に有利なスペイン語の学び方 その2 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

日本人に有利なスペイン語の学び方 その2


連載レポート15

日本人に有利なスペイン語の学び方 その2

執筆者:瀧澤寿美雄(株式会社メヒココンサルティング)

数詞を徹底的に覚え、スペイン語の発音に慣れておく

数詞を覚える

1~2020(4桁、東京オリンピック開催2020年)と1~127.000.000(9桁、日本の人口のピークは一億二千七百万人で、最近メキシコに抜かれました)までの数字を言えれば完璧です。ここでは、欲張らずに4桁まではしっかり覚えます。

まず1~15、16~19まで、次に20~29、30,40,50,60,70,80. 90、100の台まで練習する。三桁数字の200~900まで終えたら、西暦で使う四桁台に進む。

数詞を覚えたかどうかを確認する方法として、15~1のように逆走して言えるか、1~1000までで奇数と偶数に分けるとか、12,23,34,45,56,67,78,89,99,とか111,222,333,444,555,666,777,888,999など好きな組み合わせで数字を相手に言ってもらい即座に答えるなど、数詞をマスターするため自分で工夫して練習することをお勧めします。


5. 巻き舌が苦手な人は、力まずに練習すれば必ずできるようになる

語頭 rと語中 rrはスペイン語の特徴である巻き舌です。

練習方法は、舌に力を入れずに、リラックスして舌先を震わせるのがコツです。風呂の湯船につかりながら発声するとできるようになります。以下の単語でうまく震えるかどうか自分自身でチェックしてください。

語中 rr:Cucurrucucu Palomaククㇽルクク パローマ(鳩の鳴き声)
語頭 r:ra, ri, ru, re, ro ㇽラ、ㇽリ、ㇽル、ㇽレ、ㇽロとしっかり震わせる。
単語としては、rana ㇽラーナ(カエル) rico ㇽリコ(金持ちの),  
rubioㇽルビオ(金髪の)reloj ㇽレロ-(腕時計)rosa roja ㇽロサ ㇽロッハ(赤いバラ)

6. 語彙力を増やすには、ダジャレで当てはめると効果的

例えば、Luzるス(明かり)を覚えるには、「留守」には明かりを消すと覚えれば記憶に残ります。comerコメール(食べる)はコメを食べると結び付ける。Hasta mañana アスタ マニャーナ(あしたまたね!)とにかく、自分で考えることが大切です。

7. 形容詞は名詞を後ろから修飾し、冠詞、名詞と形容詞には、性数一致の基本原則がある。名詞・形容詞ともに男女と単数・複数の区別がある。

この仕組みは慣れるまでに少し時間がかかりますが、自然に身につきます。
「(不)定冠詞+名詞+形容詞の語順」の例文を以下に上げます。

白い家una(s) casa(s) blanca(s)  la(s) casa(s) blanca(s)
黒い猫 uno(s)gato(s) negro(s)  el gato negro/los gatos negros 

感じのいいメキシコ男性
un(os) mexicano(s) simpático(s)
el mexicano simpático/los mexicanos simpáticos
感じのいいメキシコ女性
una(as) mexicana(s) simpática(s)
la mexicana simpática/las mexicanas simpáticas

日本食una(s) comida(s) japonesa(s) la(s) comida(s) japonesa(s)
大男 un(os) hombre(s) grande(s)  el hombre grande/los hombres grandes

名詞と形容詞の性・数と語尾

 

男性

女性

男性・女性

単数

-o  
gato

-a 
casa

-o,-a以外 hombre

複数

-os 
gatos

-as 
casas

-es      
hombres

形容詞の性・数と語尾

 

男性

女性

男性・女性

単数

-o
negro

-a
blanca

-o,-a以外 grande

複数

-os
negros

-as
blancas

-es      
grandes

定冠詞

 

単数

複数

男性

el

los

女性

la

las

不定冠詞

 

単数

複数

男性

un

unos

女性

una

unas

急所である基本動詞の現在活用を集中学習して覚える

スペイン語の難所である基本動詞の現在活用形から始めてしっかり覚える。(余裕がある方は過去形(点過去)にも挑戦してみる。)スペイン語動詞の中で最も多いar動詞cantarを例にして活用させます。

現在形の6通りの活用例:cantarカンタール(歌う)ならば、canto, cantas, canta, cantamos, cantais, cantanというように、ントで始まり、ンタス、ンタ、カンモス、カンタス、
カンンで終わりますので、実に簡単ですね!!

cantarのようなar動詞の活用が言えるようになった後で、-ar, -er, -ir動詞の三つの規則動詞の他に、不規則活用する動詞を七つ覚える。全部で10の動詞の活用が言えるようになれば、日常生活での会話には十分間に合います。

 

基本動詞10の活用(直接法現在形)

 

ser セール

~である

estarエスタール~にいる

tenerテネール 持つ

hacerアセール 作る

ir イール 行く

Yo

soy

estoy

tengo

hago

voy

Tú

eres

estás

tienes

haces

vas

usted

es

está

tiene

hace

va

nosotros

somos

estamos

temenos

hacemos

vamos

vosotros

sois

estáis

tenéis

hacéis

vais

ustedes

son

están

tienen

hacen

van

 

poderポデールできる

quererケレール~したい

cantarカンタール 歌う

comerコメール 食べる

vivirビビール 住む

Yo

puedo

quiero

canto

como

vivo

puedes

quieres

cantas

comes

vives

usted

puede

quiere

canta

come

vive

nosotros

podemos

queremos

cantamos

comemos

vivimos

vosotros

podéis

queréis

cantáis

coméis

vivís

ustedes

pueden

quieren

cantan

comen

viven

名詞、冠詞と形容詞の性数一致、基本動詞の現在形活用と基本語彙さえ覚えれば、日常会話での不自由さは感じない

現在活用に加えて、普段よく使う命令形が言えるともっと便利です。しかし、その他の時制や細かい文法事項は(現在完了、点過去、線過去、未来、過去未来形、接続法など)初心者レベルでは必要ありません。最初の三カ月ほど基礎固めのために集中学習すれば、間違いなく身につくはずです。

歌詞が聞き取りやすいラテンの名曲を数多く聴けば、語学力アップになる

私が今でも覚えている曲のタイトルを思いつくままに書きます。

       ¿A nde va nuestro
amor?
ドンデ ヌエストロ アモール私たちの愛はどこへ行くの?)

       Los hombres no deben llorar.
ロス オンブレス ノ デーベン ジョラール(男の子は泣いてはいけません)

       No soy de aquí ni soy de
allá.
ソイ アキソイ アジャ私はここの出身でもそこでもない

       Historia de un amor イストリア ウン アモールある恋の物語

       Se llama Fujiyama セ ジャマ フジヤマその名は富士山

       Solamente una vez
ソらメンテ ウナ ベス(ただ一度だけ)

       Amaneen tus brazos アマネシ エン トゥス ブラッソス(私は君の腕の中で朝を迎えた)