『メキシコの伝統音楽』および『メキシコ・ユカタン地方の音楽 』 早川 智三  | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『メキシコの伝統音楽』および『メキシコ・ユカタン地方の音楽 』 早川 智三 


『メキシコの伝統音楽 ~ソンとアルパの歌~』  早川 智三

メキシコ音楽にはいろいろなジャンルがあるが、舞曲が歌曲化された「ソン」と欧州から中南米に持ち込まれたハープが変化した「アルパ」がソンの中で地位を得てきたことなど、各地のソンの特徴と代表的曲を紹介している。

〔桜井 敏浩〕

(知玄舎(POD書籍)2018年11月 218頁 2,200円+税  ISBN978-4-9078-7581-7)

 

『メキシコ・ユカタン地方の音楽 ~カンシオン・ユカテカ~』 早川 智三

メリダ等マヤ遺跡が多くあることで知られているユカタン半島「カンシオン/トローパ・ユカテカ」の作曲家、詩人、音楽家と代表的な曲を紹介している。
著者の中南米音楽への思い入れが伝わってくる、ラテンアメリカ音楽についての類書ではほとんど例を見ない解説書。著者は上智大学イスパニア語学科卒、日立製作所でパナマ駐在など長く中南米業務に従事し、退職後はスペイン語通訳・翻訳、音楽解説を執筆、『アルパの調べと歌 -南米パラグアイの音楽』『中央アメリカ音楽の旅「ある恋の物語」』などの既刊がある。

〔桜井 敏浩〕

(知玄舎(POD書籍)2019年 8月 127頁 1,600円+税  ISBN978-4-9078-7598-5)

(本書はいずれも amazon のみで取り扱い、POD書籍として発売されている。① amazon の公式サイトを開き、②「書籍名」または「筆者名」をインプットして購入手続きへ進む)

〔『ラテンアメリカ時報』 2019年秋号(No.1428)より〕