ラテンアメリカ諸国の国旗に見る不思議 (第27回) パラグアイ国旗 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

ラテンアメリカ諸国の国旗に見る不思議 (第27回) パラグアイ国旗


連載レポート29

ラテンアメリカ諸国の国旗に見る不思議

(第27回) パラグアイ国旗

執筆者:西岡勝樹(日本旗章学協会会員)

はじめに
 
ラテンアメリカ諸国の国旗に見る不思議の第27回はパラグアイ共和国国旗の不思議である。

1. パラグアイ国旗

図1 現在のパラグアイ国旗(表)
出所:http://www.embapar.jp/paraguay/simbolos_nacionales/


図2 現在のパラグアイ国旗(裏)
出所:http://www.embapar.jp/paraguay/simbolos_nacionales/

1-1. パラグアイ国旗の根拠法

1992年6月20日現憲法139条にて制定。
パラグアイの国家シンボルは共和国国旗(国章付)、国印(国璽)、国歌とする。
パラグアイ国旗は三色同幅平行帯の国旗、赤色、白色、青色となる。
1842年11月25日臨時国会にて制定された。
表にはライオンをイメージし、フリージア帽と平和と正義の言葉を記した国章を、その反対の裏面にはヤシとオリーブの葉をあしらった王冠の国章を配する。
2013年7月国章の変更が行われている。
国旗の表面がヤシとオリーブ、国旗の裏面がライオンの国章 下記となっている。


図3 現行国旗に配されるパラグアイ国章 表(左)と裏(右)

1-2. パラグアイ国旗の歴史

国旗の日(国旗制定日・独立記念日) 8月14日

図4 パラグアイ国旗の変遷

1-3. パラグアイ国旗の色

赤色:民族主義、勇気、平等、正義
白色:純粋、統一、平和
青色:愛、知識、真実、自由

1-4. パラグアイ国旗 表と裏
 
パラグアイ国旗は世界でも珍しい国旗と言われている。
それは 国旗の表と裏があるからだ。世界の普通の国旗は裏と表は同じデザインであることと規定される場合が多い。しかし、パラグアイ国旗は表面と裏面とが違うデザイン(国章)を採用している世界で唯一の国旗とされる。

裏面の国章はパラグアイ国庫省の省印でもあると言う。自由を表すフリジア帽を被った槍とその槍を守る右横を向いて座るライオン。平和と正義の国家の標語が見える。


図5 裏面に配されている国章
出所:https://simbologiadelmundo.com/banderas/banderas-america-del-sur/bandera-de-paraguay/

以   上