9月13日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

9月13日までの政治経済ニュース


9月7日(ペルー)ペルー経済回復基調① 昨年比の輸出減少幅が縮小(4月56.3%、5月46.0%、6月34.6%、7月14.4%)ーCCIPJ

9月8日(ペルー)ペルー経済回復基調② 乗用車など軽量車両販売が、3-7月減の反動もあり、8月は1万台強で昨年比13.02%増加ーCCIPJ

9月9日(ペルー)ペルー経済回復基調③ アルバ経済相 コロナ禍以前の水準へ。電力消費昨年比4月▲35.0%、8月▲3.2%。国内セメント消費昨年比4月▲100%、この3か月でコロナ禍以前の水準へ。金属鉱物生産も順調に回復。

9月7日(アルゼンチン)格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、アルゼンチンの長期信用格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCCプラス」に引き上げた。

9月8日(チリ)外務省は、チリ駐在の平石好伸大使とチリのアンドレス・アラマン・サバラ外相との間で、供与額5億円の保健・医療関連機材のための無償資金協力(「経済社会開発計画」)に関する書簡の交換が行われたと発表した。

—————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限は外務省の下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

※日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C069.html