9月20日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

9月20日までの政治経済ニュース


9月14日(ブラジル)ソニー・ブラジルは、テレビやオーディオ製品を製造しているマナウス工場を2021年3月に閉鎖すると発表した。

9月15日(バルバドス)バルバドス政府は、2021年11月末の独立記念日までにエリザベス英女王を元主とする立憲君主制から共和制に移行すると発表した。

9月16日(ペルー)ペルー国立情報統計庁 7月GDP発表。7月▲11.7%(1-7月▲16.5%)。金融各社の2020/21年予想:▲10.5-15.0%/7.0-11.0%。7月のGDPの顕著な回復:水産+33.3%、鉱物炭化水素▲6.2%(1-7月:▲18.1%)。

9月18日(グアテマラ)グアテマラのジャマテイ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

9月19日(南米)米国のポンペオ国務長官は17日にガイアナとスリナムを訪問後、18日にブラジルでアラウジョ外相と会談した。19日にはコロンビアを訪問し、ボゴタでドゥケ大統領と会談を行った。

—————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限は外務省の下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

※日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C069.html