11月08日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

11月08日までの政治経済ニュース


10月29日(南米)厨房機器のホシザキは、ブラジルの子会社マコム社が生産能力を増強し、2021年からアルゼンチン、コロンビア、チリ、ペルー各国で営業を本格化すると発表した。(同社発表リリース)

11月3日(ペルー)マチュピチュ遺跡の一般公開を8ヶ月の閉鎖後、再開。全国の博物館・遺跡など無料入場は今年末まで(CCIPJ)。

11月4日(ペルー)国内鉱業投資 今年予想$6,157百万を$4,800百万へ下方修正。エネルギー鉱山省発表では銅生産は過去最低の4月から回復基調。

—————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限は外務省の下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

※日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C078.html