【有識者インタビュー】「新型コロナ危機がラテンアメリカ・カリブ地域に与えるインパクトと今後の展望:ECLACの高官3人に聴く」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

【有識者インタビュー】「新型コロナ危機がラテンアメリカ・カリブ地域に与えるインパクトと今後の展望:ECLACの高官3人に聴く」


有識者紹介

ラテンアメリカ協会は、これまでも季刊誌『ラテンアメリカ時報』、協会ホームページ等の媒体を通じて、域内における新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の状況、防疫策の現状、経済の疲弊についてなど、このパンデミック(世界的流行病)に関する特集、情報を掲載してきました。

今般、2021年1月25日発行の『ラテンアメリカ時報』冬号(No. 1433)では、「新型コロナウイルスとの対峙―ラテンアメリカの現場の声を聴く」と題する特集を組み、経済・社会情勢の悪化に対峙している国連機関、米国ワシントンのラテンアメリカ・シンクタンクの識者、感染拡大が続く国に在勤する日本公館や政府機関、ビジネスの遂行に苦しむ現地日本商工会議所、進出日本企業などの方々の“現場の声”を、ラテンアメリカ協会がインタビューしお伝えしております。

この1月の特集では巻頭インタビューとして、ラテンアメリカ・カリブ(LAC)地域におけるCOVID-19感染拡大の状況、経済社会に及ぼす影響や政府の対応策に関する情報の収集、分析、政策提案の重責を担ってきた国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC:西語略CEPAL)の高官3人との対談が掲載されています。

COVID-19が経済・社会に及ぼす影響に詳しいダニエル・ティテルマン経済開発部部長、シモーネ・セチーニ社会部部長代行およびケイジ・イノウエ貿易・地域統合部副部長とのインタビューは、ポストコロナ期の展望についても示唆するところが多いこ
とから、英語での全文を『有識者インタビュー』としてここに紹介します。

その日本語抄訳については、上記の『ラテンアメリカ時報 』(No.1433)をご参照下さい。

解答者(Interviewees):

* ダニエル・ティテルマン(Daniel Titelman)経済開発部部長
(Director of the Economic Development Division)

* シモーネ・セチーニ(Simone Cecchini)社会部部長代行
(Officer-in-Charge of the Social Development Division)

* ケイジ・イノウエ(Keiji Inoue)貿易・地域統合部副部長(Deputy
Director of the International Trade and Integration Division)

聞き手(Interviewer):

* 桑山幹夫、ラテンアメリカ協会(JALAC)、常務理事(ManagingDirector)

インタビュー記事ダウンロード

【有識者インタビュー】「新型コロナ危機がラテンアメリカ・カリブ地域に与えるインパクトと今後の展望:ECLACの高官3人に聞く」