3月7日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

3月7日までの政治経済ニュース


3月1日(メキシコ)メキシコのロペスオブラドール大統領とバイデン米大統領がテレビ会談を行い、移民問題や新型コロナウイルスの対策協力で一致した。

3月2-5日(ペルー)民間企業のフォーマル就労者数の前年同期比が多少改善(労働省:20年4月▲12.6%、5月▲21.2%→11月▲7.9%、12月▲11.6%、21年1月▲7.7%)も、インフォーマル就労率は過去8年間で最高率(19年10月72.8%、20年9月75.2%)と厳しい状況が続く中、今年4月大統領選挙に向けた候補者の削減策(一部候補者20%削減)は非現実的(過去25年間年率4%以上のGDP成長率で、インフォーマル就労率は16年間で16%削減)とアナリスト分析。(CCIPJ)

—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-