5月21日(金) ブックトーク第2回「畑惠子・浦部浩之編『ラテンアメリカ―地球規模課題の実践』(後半) “新たな世界秩序構築への試み”」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

5月21日(金) ブックトーク第2回「畑惠子・浦部浩之編『ラテンアメリカ―地球規模課題の実践』(後半) “新たな世界秩序構築への試み”」


今回は、本年2月に出版された畑惠子・浦部浩之編による『ラテンアメリカ―地球規模課題の実践』(新評論)の著者たちによるブックトークの後半のご案内です。

本書は、ラテンアメリカ研究の最前線で活躍されている研究者13人による近著で、5月7日(金)実施予定のブックトーク第1回の前半では、「新たな世界秩序構築への試み」と題して、編者の畑惠子(早稲田大学)氏による「本書の狙いと構成」を最初に、この地域の国々が地球規模の課題にどう取り組み、実践しているのか、以下の4章のトークを行って頂きます。開催時間は15時から16時半まで。<申込み期限:4月30日(金)>

浦部浩之(獨協大学) 第1章 非核兵器地帯の創設と世界の軍縮への貢献
舛方周一郎
(東京外国語大学)
第2章 地球環境政治におけるラテンアメリカの役割
田村梨花(上智大学) 第3章 草の根から世界を変える
子安昭子(上智大学) 第12章 域内協力を軸とするラテンアメリカの南南協力と南南外交

ブックトーク第2回となる後半では、「社会が投げかける諸問題への取り組み」と題して、以下の著者5人による、ラテンアメリカ社会が直面する今日的課題の章紹介と解説です。それぞれ10分程度話していただき、その後、当協会ラテンアメリカ・カリブ研究所の堀坂浩太郎所長をモデレータに、zoom参加者を交えて討論を行う予定です。皆様の積極的な意見表明をお願いします。

なお、お申し込みは下記のWebサイトより、前半、後半それぞれ別に入力をお願いします。

詳細は添付PDF版ご案内状をご覧ください。
20210521_ブックトーク_案内文_最終[PDF]

日時 2021年5月21日(金)15:00~16:30
形式 リモート(Zoom)方式
講師
畑惠子(早稲田大学) 本書の狙いと構成
宇佐見耕一(同志社大学) 第7章 貧困問題への取り組み
渡部奈々(獨協大学) 第8章 貧しい人々のための優先的選択
新木秀和(神奈川大学) 第5章 グローバル世界を生きる先住民
杉山知子(愛知学院大学) 第9章 移行期正義の取り組みとグローバルな課題
畑惠子(早稲田大学) 第4章 セクシュアリティの多様性をめぐるラテンアメリカ社会の変容
参加費 会員、大学院・大学生:無料
非会員:1,000 円
申込期限 2021年5月18日(火)

お申込み

下記Webサイトより2021年5月18日(火)までに、お一人ずつご登録ください。お早めにお申込み頂ければ幸いです。
https://latin-america.jp/seminar-entry

お問い合わせ

一般社団法人 ラテンアメリカ協会事務局
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831、E-mail: info@latin-america.jp