オンライン講演会報告 「ラテンアメリカなるほどトーク・シリーズ」 第1回トーク「食料自給率世界一、農林牧畜大国パラグアイの魅力」 硯田 一弘 株式会社アディルザス代表取締役(2021年4月28日開催) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オンライン講演会報告 「ラテンアメリカなるほどトーク・シリーズ」 第1回トーク「食料自給率世界一、農林牧畜大国パラグアイの魅力」 硯田 一弘 株式会社アディルザス代表取締役(2021年4月28日開催)


【演題】「食料自給率世界一、農林牧畜大国パラグアイの魅力」
【日時】2021年4月28日(金)21:00~22:10
【場所】オンライン
【講師】 硯田 一弘(株式会社アディルザス代表取締役)
【参加者】115名(パラグアイ、ブラジルからの参加者も)

ラテンアメリカなるほどトークは、協会ホームページの「投稿欄」の執筆者によるトークで新企画です。今回は最初のトークで、現在注目されつつあるパラグアイを取り上げました。硯田氏は、アスンシオン在住で、「投稿欄」に「南米現地レポート」を毎月掲載しています。

パラグアイは人口わずか710万人ですが、農業・林業・牧畜大国であり、食糧自給率は340%と世界一を誇っています。農林牧畜産品の大西洋側への輸送ルートに加え、アジア地域を見据えた建設中の南米横断道路=Ruta Bioceánicaを利用した輸出拡大の将来像などパラグアイのポテンシャリティを紹介いただき、今後の日本企業にとってのビジネスの可能性につき、説明していただきました。