パラグアイ:革のなめし用樹木(Quebracho Colorad)の運搬用機関車 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

パラグアイ:革のなめし用樹木(Quebracho Colorad)の運搬用機関車


パラグアイは明治維新前の1861年に開業した南米最古の鉄道を持つ国。

今から百年ほど前(革をなめす製法で「クロムなめし」が発明される前)、Quebracho Coloradoという樹からタンニンを抽出、これで牛の皮をなめしていた。

パラグアイ川沿いのCasadoの街に抽出や皮なめしの工場があり、この材木は約200㎞内陸のLoma Plataあたりから伐採され、この機関車で運ばれてきた。

投稿者: 在外会員(パラグアイ) 硯田一弘