「キューバ:ラウル・カストロ治世 15 年の軌跡と新体制の今後」横林直樹 駐キューバ臨時代理大使 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

「キューバ:ラウル・カストロ治世 15 年の軌跡と新体制の今後」横林直樹 駐キューバ臨時代理大使


横林直樹駐キューバ臨時代理大使をお招きし、歴史的転換期を迎えたキューバについて、現地ハバナからオンラインで表題のご講演を頂きます。

キューバではさる4月16~19日開催の第8回共産党大会でラウル・カストロ氏が共産党第一書記を退任し、名実ともにカストロ兄弟(フィデル・カストロおよび弟ラウル)による60年の統治に終止符を打ちました。政治的には、ディアスカネル党第一書記兼大統領を中心とした集団指導体制の下、新たな一歩を踏み出した訳ですが、米国による直近4年に亘る経済制裁に加え、新型コロナの感染拡大の中での観光の落ち込みといった厳しい船出となりました。

横林臨時代理大使には、過去60年に亘るキューバ革命の大きな流れを踏まえながら、ラウル・カストロ氏が第一書記として国の舵取りをした15年間(2006年~2021年)における内政・外交を俯瞰頂き、「革命世代」が政治の第一線から去った後のディアスカネル新体制の下でのキューバの今後について貴重なお話を伺う絶好の機会ですので、奮ってご参加下さい。

詳細は添付PDF版ご案内状をご覧ください。
「キューバ:ラウル・カストロ治世 15 年の軌跡と新体制の今後[PDF]

日時 2021年 6月10日(木)21:00~22:15
形式 リモート(Zoom)方式
演題 「ラウル・カストロ治世15年の軌跡とキューバの今後」
講師 横林直樹 駐キューバ日本国臨時代理大使
参加費 会員:無料、非会員:1,000円、大学院・大学生:無料
申込期限 2021年6月3日(木)

お申込み

下記Webサイトより2021年6月3日(木)までに、お一人ずつご登録ください。お早めにお申込み頂ければ幸いです。
https://latin-america.jp/seminar-entry

お問い合わせ

一般社団法人 ラテンアメリカ協会事務局
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831、E-mail: info@latin-america.jp