ペルー独立200周年の2021年、ペルー映画を数作品一挙に上映する映画祭:ドキュメンタリー、ドラマと様々なジャンルやテーマの作品を上映予定(多くが日本未公開の作品)、クラウドファンディングを開始 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

ペルー独立200周年の2021年、ペルー映画を数作品一挙に上映する映画祭:ドキュメンタリー、ドラマと様々なジャンルやテーマの作品を上映予定(多くが日本未公開の作品)、クラウドファンディングを開始


●開催時期:2021 年11月下旬

●開催場所:ケイズシネマ(新宿)

企画:ブエナワイ、主催:日本ペルー芸術文化センター
クラウドファンディング概要:https://motion-gallery.net/projects/peru-filmfestival

●上映候補作品:

1.「IDENTIDAD」(ドキュメンタリー/82/ペルー/2019)
サッカー・ペルー代表の 36 年ぶり W 杯出場からみえるペルー社会とペルー史

2.「WIÑAYPACHA」(ドラマ/86/ペルー/2017)☆2022年劇場公開予定
標高 5,000 メートルをこえた所にすむ老夫婦の物語

3.「NADA QUEDA SINO NUESTRA TERNURA」(ドキュメンタリー/69/2017)
20 世紀末の武力衝突の痕跡に直面する人々。彼女らが流す涙、歌の旋律に心打たれる

4.「ROSA CHUMBE」(ドラマ/73/ペルー/2015)
息子を置いて出て行った娘の代わりに孫の世話をすることになった警察官だが…

5.「CLIMAS」(ドラマ/84/ペルー/2014)
ペルーの異なる地域に住む3人の女性の物語

6.「わたしはここにいる」(ドキュメンタリー/123/ペルー/2013)品
原題:SIGO SIENDO ☆2015 年山形国際ドキュメンタリー映画祭出品 、ペルー音楽の旅を通して、ペルーのアイデンティティを描く

7.「スーパ・ライメ」(ドキュメンタリー/103/ペルー/2019/監督:藤川史人)
アンデス高地で牧畜を営むスーパ・ライメ一家の一年半の記録

8.「CINE DE VIDEO」(ドキュメンタリー/100/ペルー/2020)
ペルー各地の映画館で働く人々へのインタビュー

9.「MATAINDIOS」(ドラマ/76/ペルー/2018)
家族を亡くした人々のため聖者の祭りを計画するが・・

10.「忘却」(ドキュメンタリー/93/オランダ・ドイツ/2008/監督:エディ・ホニグマ)
首都リマに生きる老バーテンダー、路上パフォーマンスで日銭を稼ぐ若者や子どもたちをうつす

※上映後トークを予定

参考資料

ペルー映画祭概要[PDF]
ペルー映画祭[PDF]
ペルー映画祭クラファンのお知らせ[PDF]