9月19日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

9月19日までの政治経済ニュース


9月12日(アルゼンチン)アルゼンチンで11月14日の議会中間選挙の前哨戦となる予備選挙が行われ、与党連合は野党に差をつけられ劣勢となった。

9月15日(ブラジル)ブラジルの格安航空会社GOLは、アメリカン航空との連携を強化し、2億米ドルの出資を受けると発表した。

9月15日(ペルー)ベラルデ中銀(BCR)総裁によれば1月~8月、国外への資金流出は130億ドルも、今年のGDPは期待を上回り前年比10.7%成長、食糧・石油国際相場上昇によるインフレも今後鎮静化との予測。

9月16日(メキシコ)三井物産は、MT Falcon社を通じて参画しているメキシコにおける天然ガス焚きコンバインドサイクル(複合火力)発電事業について、保有するMT Falcon社の株式全持分を英国Actis社に売却することで合意したと発表した。(同社発表リリース)

9月18日(中南米)ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)がメキシコシティで首脳会議を開き、域内約20カ国の首脳が参加した。

—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-