9月26日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

9月26日までの政治経済ニュース


9月20-24日(ペルー)フランケ経財相は今週の米墨外遊帰国後、来週国会に鉱山事業へのWindfall Tax導入の提出を予定している。

9月22日(ブラジル)ブラジル中央銀行は、政策金利を1%上げて6.25%にすると発表した。ブラジルでは物価上昇が加速しており、ブラジル地理統計院によると8月の物価上昇率は9.68%と高水準だった。

9月24日(ブラジル)東芝と双日およびブラジルの鉱山会社CBMMは、ニオブチタン系酸化物を用いた次世代リチウムイオン電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した。(同社発表リリース)

—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-