12月26日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

12月26日までの政治経済ニュース


12月18ー24日(ペルー)カステイジョ政権(経済財政省)が提示していた現政権への立法権授権案は「議会憲法委員会」のみで審議を行うことになった。結果、授権期間を90日間に短縮、鉱業産業へのロイヤルティー税などの見直し項目を削除する大幅修正案となり12月17日の本会議で賛成多数で可決された。

12月21日(アルゼンチン)英豪資源大手企業リオティントは、リンコン・マイニングからアルゼンチンのリチウム事業を8億2500万ドルで買収すると発表した。(同社発表リリース)
—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-