5月22日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

5月22日までの政治経済ニュース


5月16日(キューバ、ベネズエラ)米国国務省は、前政権が強化した対キューバ規制を一部見直し、渡航や送金に関する制限を緩和すると発表した。ベネズエラへの制裁の一部緩和も示している。

5月17日(グアテマラ)グアテマラのジャマテイ大統領は、米政府がジャマテイ大統領が再任したグアテマラの検事総長に制裁を科したことに抗議し、6月に開催される米州首脳会議を欠席すると表明した。

5月16-20日 (ペルー)国立情報統計庁(INEI) によると3月期の経済成長率は月次3.79%、第1四半期3.84%と失速。成長率への寄与度の高い金属鉱物・石油ガスの中でも金属鉱物は社会争議で生産・輸出販売が影響を受けた。アーネスト&ヤングによれば2021年に鉱業セクターからの税収が過去最高を記録し、2022年第1四半期も前年比大幅(92%)増となったとのこと。(CCIPJ他)

—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-