講演会報告:帰国大使講演シリーズ3: 福田 紀夫前駐ホンジュラス大使「ホンジュラスの魅力と課題」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

講演会報告:帰国大使講演シリーズ3: 福田 紀夫前駐ホンジュラス大使「ホンジュラスの魅力と課題」


【演題】ホンジュラスの魅力と課題
【講師】福田 紀夫前駐ホンジュラス大使(2018年6月~2022年10月)
【日時】2022年6月1日(水)10:00~11:20(日本時間)
【場所】オンライン
【参加者】50名

 福田大使は人事院ご出身。講演は、ホンジュラスの概観に始まり、政治・外交・経済、日本とホンジュラスの関係に至るまで、大使の撮影された写真を含む資料を提示しながらご説明いただいた。ホンジュラスについては、移民、貧困、治安の悪さ、という負のイメージがあるが、美しい自然と豊富な観光資源があり、治安は最近になって改善傾向にあること、国民性は温和でホスピタリティーに富んでいること(パレスチナ移民の存在)、移民は減少傾向にあったが2020年の2度にわたるハリケーンで再び増加傾向にある、とのことであった。

 外交面では、伝統的に親米であり、台湾との外交関係を保持し続けている数少ない国であり、日本との関係は良好で、防災、教育、保健・医療の分野での協力関係が成果を上げている、との説明があった。

 講演後は、インフラを巡る中国との関係、日本の経済協力、ビジネス上の留意点、ALBAとの関係などの質問に対して、時間をオーバーして丁寧にお答えいただいた。

【会員限定】福田 紀夫前駐ホンジュラス大使「ホンジュラスの魅力と課題」ご講演資料[PDF]