6月12日までの政治経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

6月12日までの政治経済ニュース


6月4ー7日(ペルー)政権与党ペルーリブレ党(PL)は銅産業を国が独占的に運営管理する国営銅公社(Corporación Nacional del Cobre)を創設し、国有化する銅国有化法案を国会に提出。鉱物石油エネルギー協会(SNMPE)は法案の下では鉱業投資の中止・延期、国による民間企業の接収・強制買収等の問題が生じ、主要投資部門の銅開発が減退するとして非難。

6月10日(ペルー)中国五鉱集団関連のMMGが主要株主のLas Bambas銅鉱山では地元住民が道路を封鎖し、長期間(56日間)操業が中断されていたが、地元6自治体と政府との直接交渉で合意、争議の一時的休止(6月15日から30日間)。同社プレスリリースでは6月11日より操業再開。

6月8-10日(中南米)米州首脳会議が米ロサンゼルスで開幕し、北米と中南米諸国の首脳や閣僚が移民問題や経済連携、気候変動対策などについて議論した。10日には移民問題に関する共同宣言が採択された。キューバ、ベネズエラ、ニカラグアは招待されず、メキシコ、ホンジュラス、グアテマラは欠席した。

6月10日(ブラジル)東洋エンジニアリングは、ブラジル関連会社トーヨー・セタール・エンプレエンジメントスと共に、PETROBRASがヘプラン製油所にて計画している軽油水素化精製装置および水素回収装置の増・新設プロジェクトを受注したと発表した。(同社発表リリース)

6月7日(中南米)World Bank(世界銀行)が世界経済見通しを発表。
 ◉Global Economic Prospects June 2022 プレスリリース:
https://www.worldbank.org/en/news/press-release/2022/06/07/stagflation-risk-rises-amid-sharp-slowdown-in-growth-energy-markets
 ◉Global Economic Prospects June 2022 フルレポート: https://openknowledge.worldbank.org/bitstream/handle/10986/37224/9781464818431.pdf
 ◉中南米関連部分:
https://thedocs.worldbank.org/en/doc/18ad707266f7740bced755498ae0307a-0350012022/related/Global-Economic-Prospects-June-2022-Regional-Highlights-LAC.pdf
—————————————————————-
※日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限、日本の水際対策強化に係る新たな措置は下記のサイトで更新されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
—————————————————————-