日本の味を世界へ!外国人・笑いと涙の日本修業2 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

日本の味を世界へ!外国人・笑いと涙の日本修業2


日本の味を世界へ!外国人・笑いと涙の日本修業2

テレビ東京系列

12月25日 (金) 19:54 〜 21:48

<内容>

番組では日本の食文化に興味を持つ外国人が住み込みで修業をし、技術を習得する手助けをする。しかしこのチャンスを手にするには「修業した技を自国に持ち帰り、日本文化を広げる事」という条件が。故に単なる体験に留まる事はない。厳しい修業体験の中では言葉の壁や国民性、職人気質の縦社会など体験者と迎える側双方に様々な問題が待ち受ける。10日間の修業期間で師匠(日本人)と弟子(外国人)はどのような関係を築くのか?

◆ペルーからは日系人の青年が来日。大阪随一のたこ焼き屋に弟子入りする。スタッフたちと和気藹々と仕事をこなしていくものの、連日の立ち仕事、師匠とのマンツーマンの特訓に嫌気が・・・。そんな時、彼の父親が彼を訪問し9年ぶりの対面が実現!父と子の涙に隠されたわけとは?

番組HP:

http://www.tv-tokyo.co.jp/sun/