【季刊誌サンプル】EU・スペインとラテンアメリカとの国際関係概観 山口 恵美子(外務省欧州局) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

【季刊誌サンプル】EU・スペインとラテンアメリカとの国際関係概観 山口 恵美子(外務省欧州局)


EU・スペインとラテンアメリカとの国際関係概観

山口 恵美子(外務省欧州局)

本記事は、『ラテンアメリカ時報』2022年秋号 (No.1440)に掲載されている、特集記事のサンプルとなります。全容は当協会の会員となって頂くか、ご興味のある季刊誌を別途ご購入(1,250円+送料)頂くことで、ご高覧頂けます。

会員となるメリットとして、『時報』の無料送付、協会が催すオンライン方式を含む講演会・ワークショップ・ラウンドテーブル等への優先・割引/無料参加、わが国随一のラテンアメリカ・データベースから資料の閲覧・ダウンロードが可能になります。

詳しくは、入会案内をご覧ください。

全文は下記のPDFから閲覧可能です。会員限定となります。ご注意ください。
EU・スペインとラテンアメリカとの国際関係概観 山口 恵美子(外務省欧州局)

はじめに

欧州諸国とラテンアメリカ諸国との歴史、政治経済関係や文化的な結びつきは非常に強く、両地域の緊密な関係は、欧州にとってはある意味「所与のもの」であると考えられてきた。しかし、そうした両地域の関係に変化が生じているとの観点から、現代の欧州連合(EU)とラテンアメリカとの国際関係を、スペインとの関係にも触れながら概観する。

1980年代以降のEUとラテンアメリカ

スペインのラテンアメリカへの歴史的な影響については語るまでもないが、現代においても、その政治、経済、社会、文化等あらゆる分野での影響力は大きい。スペインの皇室、政府、政党、企業、市民社会等、スペインとラテンアメリカ各国との組織や個人的な関係が、双方の関係を強固なものにし、それがEUとラテンアメリカとの関係にも影響を及ぼしてきた。

EUとラテンアメリカの関係が強化されたのは、1986年のスペインのEU加盟以降だ。スペインは、1989年前半・1995年後半(ゴンサレス政権)、2002年前半・2010年前半(アスナール政権)にEU議長国を務め、両地域の関係強化に務めてきた。スペインからは、欧州委員会のマヌエル・マリン委員長(1999年)や欧州議会のエンリケ・バロン・クレスポ議長(1989〜92年)、ホセ・マリア・ヒル・ロブレス議長(1997〜99年)、ジョセップ・ボレル議長(2004〜07年)、ハビエル・ソラナ欧州連合外務安全保障政策上級代表(1999〜2000年)がいずれもEUとラテンアメリカとの関係強化に務めてきた。

ジョセップ・ボレルは現欧州連合外務安全保障政策上級代表を務めているが(2019年〜)、引き続き両地域の関係強化を重視している。スペインは、1999年にはリオデジャネイロで開催された第1回EU・ラテンアメリカ・カリブ諸国(EULAC)首脳会合開催のイニシアチブをとり、第2回首脳会合は、2002年にマドリードで開催された。この会合は、2013年からは、EU・ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(EU-CELAC)首脳会合として開催されるようになった。

スペインのラテンアメリカ地域との関係は、EUの枠内にとどまらない。スペインは、1986年の中米の和平合意プロセスで主導的な役割を果たした。1991年にはスペインのイニシアチブでイベロアメリカ・サミットが開始された。さらにスペインは、外務・EU・協力省を通じたラテンアメリカへの直接の国際協力を実施しているだけでなく、米州機構(OAS)、ラテンアメリカ統合連合(ALADI)、中米統合機構(SICA)、アンデス共同体(CAN)などの国際機関のオブザーバー参加国であり、それらの機関や米州開発銀行(IDB)を通じた協力も行っている。

EUやスペインとラテンアメリカとの経済関係は、1990年代以降急拡大を遂げた。これについては、多くの著書が出されているのでここでは詳しく触れないが、EUはラテンアメリカの最大の貿易相手国として、またEUにとってラテンアメリカは最大の投資先として、強固な経済関係を築いてきた。2000年以降も、EUはラテンアメリカ・カリブ地域の最大投資地域であり、2000年から2010年の間に年平均300億ドルの直接投資を行い、それはラテンアメリカ・カリブ地域の直接投資額全体の40%近くを占めた。スペインはラテンアメリカへの対外直接投資を行っている主要国であり、2010年代は年約2000億ドル弱の投資を行った。

2010年以降のEUとラテンアメリカ

スペインがEU議長国を務めた2010年5月、マドリードで第6回EU・ラテンアメリカ・カリブ諸国(EU-LAC)首脳会合が開催された。これと併せて第4回EU・メルコスール・サミットが開催され、EUとメルコスールの連携協定の締結に向けた交渉再開が発表された。またEU・中米サミットが開催され、EU・中米連携協定の署名が行われると共に、第6回EU・アンデス共同体サミットが開催され、EUとペルー・コロンビアとの間で貿易協定に署名された。さらに第4回EU・チリ首脳会合が開催されるなどEUとラテンアメリカの準統合地域の経済関係が前進した。その後、EUは、ラテンアメリカとの間で戦略的パートナーシップ関係を構築することを目指した。2017