『ブラジル 巨大経済の真実』 鈴木 孝憲 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『ブラジル 巨大経済の真実』 鈴木 孝憲


ブラジル東銀、デロイト・トウシュ・トーマツ等にあって長く現地でブラジル経済ウォッチを続けてきた著者が、資源大国から経済大国に変貌しつつあるブラジル経済の魅力と最新動向を具体的な事例により解説している。1950 年代から今日に至るブラジル経済の変化を概観した後、ハイパーインフレと対外債務問題を克服して真の大国への道を歩み始め、鉄鉱石のほかにも無尽蔵な地下資源、石油自給、世界の食料供給図を塗り替えるアグロ・インダストリー、世界を動かすバイオエタノールといった巨大なポテンシャリティを持ち、主要外資が相次いで参入する第三次ブラジル進出ブームの実情、これらを受けて国際的にも展開する産業界、一方で中国製品の流入ラッシュといった、かつてと大きく変容したブラジルを紹介している。

しかし、税制、金利、大きな政府、為替の過大評価等の経済の問題点、構造改革の必要性が依然としてある一方で、様々な分野に豊富なビジネス・チャンスが存在し、カントリーリスクが著しく改善し、政治は極めて安定度が高いことを指摘している。終章で真の経済大国に向かう今後の展望と、進出を志す日本企業への具体的なアドバイスとして、事前調査をきちんと行うこと、ブラジルを経営の世界戦略の中で位置づけを明確にし、投資規模は「小さく産んで大きく育てる」日本方式を改める、本社の直接管理をやめ人の問題を含め現地化を図ることなどを強調しているのは至言である。

(日本経済新聞出版社 225頁 2008年6月 1900円+税)

『ラテンアメリカ時報』2008年夏号(No.1383)より