『世界歴史の旅 古代アメリカ文明 アステカ・マヤ・インカ』 増田 義郎、青山 和夫 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『世界歴史の旅 古代アメリカ文明 アステカ・マヤ・インカ』 増田 義郎、青山 和夫


アステカやマヤ文明を生んだメソアメリカ、数々の優れた文明がインカに行き着く中央アンデスの遺跡群への知的旅行の伴侶にという意図で編まれた、先史文明遺跡探訪のための案内書。

古代アメリカ文明の形成、古典期文明の誕生を概説した後、メキシコ中央高地や湾岸、ユカタン半島で発達したアステカ等古代メキシコ文明とマヤ文明の遺跡、アンデスでのインカ帝国の概要、その首都クスコならびにその周辺、さらに東方の遺跡群とマチュピチュ、さらにペルー海岸地帯と北部の見るべき遺跡を、それぞれの歴史上の意義とともに写真と図版で解説している。

これらの遺跡を知ることによって世界は四大文明だけが発達したのではなく、石器だけで偉大な文明を築いたメソアメリカと中央アンデス文明を加えて六大文明というべきであるという編著者の意気込みを感じる。

(山川出版社 2010年2月 183頁 2800円+税)

『ラテンアメリカ時報』2010年春号(No.1390)より