『古代マヤ・アステカ不可思議大全』 芝崎 みゆき | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『古代マヤ・アステカ不可思議大全』 芝崎 みゆき


漫画チックな挿絵と文章で、古代マヤ、アステカ文明について、人類の最初のアメリカ大陸到達からオルメカ、サポテカ、テオティワカン、マヤ、トルテカ、アステカの各文明の伝説やその神々像、興亡、遺跡を克明に紹介し、スペイン人の来寇とアステカと最後のマヤ征服による終焉についてまでを、著者の軽妙な画と漫画に手書きにより懇切に解説している。

これまで古代エジプト、古代ギリシャ文明について、同じような本を出してきたが、四大文明のほかにも新大陸にそれらにはまったく影響を受けない、異なる発想で創られた文明あったことの面白さ、謎加減を読者に楽しんでもらおうという工夫がされている。

同じ著者が遺跡旅行について詳述した、『マヤ・アステカ遺跡へっぴり旅行—メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・ベリーズの旅』(草思社、2010年6月)も出版されている。

(草思社2010年6月303頁1500円+税)