『改訂新版 最後の楽園 PERU −秘境・アマゾン源流写真集』 浅川 嘉富(写真と文) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

『改訂新版 最後の楽園 PERU −秘境・アマゾン源流写真集』 浅川 嘉富(写真と文)


今から6年ほど前、還暦を迎えた年からカメラを手にし始め、以後足かけ4年ペルー・アマゾン源流地帯、マヌー国立公園に通いで撮り続けた。インカ帝国の首都クスコからアンデスの東麓を海抜300mまで降りたアマゾン河の源流の一つマヌー川流域は、多様な生態系がいて鳥類850種、哺乳類100種、植物5000種が生息しているといわれる。交通手段は舟での行き来のみ。鳥、蝶などの昆虫、花や先住民の生活などにカメラを向け、それらの中から約200枚のカラー写真を選んだのが本書である。

訪れる度に、年々焼き畑、森林伐採、地球温暖化により熱帯雨林が減少しているのを感じるという。動植物の絶滅も進んでいるとの危機感が、貴重な鳥や動物たちの写真集を遺そうという動機になったという。

(ヒカルランド2011年11月155頁5000円+税)