講演会のご報告「中米の今ーJICA現地事務所長の報告」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

講演会のご報告「中米の今ーJICA現地事務所長の報告」


2013年9月6日(金)15:30から17:15まで、米州開発銀行(IDB)アジア事務所会議室において、国際協力機構(JICA)の高野剛中南米部長および事務所長会議のため帰国中の立原佳和エルサルバドル、高橋政行ホンジュラス、前田英男グアテマラ各事務所長による、中米諸国の現状や日本の協力内容についての講演会が開催されました。(写真左から、前田所長、高橋部長、高野所長、立原所長)

 いずれの国も貧困率が高く、治安も悪化傾向で、自然災害の影響を受けやすいという共通した問題を抱えているものの、JICAでは政府や地域コミュニティーと協力し、生活環境の改善に加え、経済成長や再生可能エネルギー等の地球規模課題への対応に注力している状況について詳細な説明がありました。

 エルサルバドルでは、日本の経験・知識・技術を活かした防災能力向上、耐震住宅普及、減災プロジェクトなどを行っており、民間の優れた技術も活用しながら、問題解決に導く手助けを提供し、ホンジュラスでは、治安の悪化が深刻化しており、地域警察活動普及プロジェクトを立ち上げ、治安維持に努めていること、また、子供たちの就学を促進するために算数教育にも力を入れているとの報告がありました。グアテマラでも、これら2カ国と同様に人間の安全保障に注力し、同国の発展に尽力している旨の講演でした。

 最後に60名を超える参加者との間で、様々な意見交換や質疑応答があり、大盛況のうちに幕を閉じました。

 講演会配布資料は「ダウンロード」ページ[url=http://www.latin-america.jp/modules/d3downloads/index.php?cid=5][color=FF6600]「講演会配布資料」[/color][/url]を参照。

(2013-9-6)