イベント詳細 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

2018年12月15日のイベント一覧

アンデス文明研究会 秋季講座「パコパンパ遺跡調査 2018年概報」

開催日時 2018-12-15 14:00:00
2018-12-15 17:00:00
開催場所 東京外国語大学本郷サテライト 5階
説明 【日時】 2018年12月15日(土) 14:00~17:00
【講師】: 関 雄二(国立民族学博物館教授・副館長)
【テーマ】「パコパンパ遺跡調査 2018年概報」
【場所】 東京外国語大学本郷サテライト 5階
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3~5分
    JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8~10分
    http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
【受講料】入会案内はメールで、「名前」「住所」「電話番号」
     および入会ご希望の旨をお知らせください。
     メールのあて先:andes@r5.dion.ne.jp
     入会金:1,000円
     年会費:4,000円(毎年4月更新)
     定例講座受講料:6,000円(3カ月)
【試受講制度】
     非会員の方が特別に定例講座を受講されたい場合、
     1回 3,000円で試し受講することができます。

世界で最もエイズ対策の進んだ国のこと、私の国のこと~ブラジルのHIV+/LGBT当事者・社会活動家との対話~

開催日時 2018-12-15 14:00:00
2018-12-15 16:30:00
開催場所 ケアコミュニティ・美竹の丘
説明
【日時】 2018年12月15日(土)14:00~16:30
【教室】 ケアコミュニティ・美竹の丘
【先生】 ジョゼ・アラウージョリマ・フィーリョ [ ブラジル人社会活動家 ]
【参加費】 無料 
【定員】 30名 参加対象 : どなたでも。HIV/LGBT,ブラジル、社会に興味のあるかた。

詳細は下記をご覧ください。
http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1380/

「世界で最もエイズ対策の進んだ国」と高い評価も受けるブラジル。
世界で唯一「エイズ治療完全無料化」を成功させ、所得や国籍、滞在ビザなど条件に関わらず、治療を必要とする全ての人に対し無料で質の高いエイズ治療が保証されています。
また、ユニークな予防キャンペーンや性教育も実施されています。

一方、日本はどうでしょう?
HIV感染の拡大傾向は続き、性教育には消極的で、LGBTへの理解はまだまだ進んでいないという状況ですね?
この差はいったいどこから来るのでしょう?

ブラジル人のHIV+/LGBT当事者で実際に活動している本人に聞くのが一番です!
この授業では、ブラジル人社会活動家のジョゼ・アラウージョさんを先生にお招きし、治療薬のなかった時代を生き抜き、HIV+ 当事者運動のリーダーとして、どのようにブラジルが変わったのかを伺います。