オンラインパネルディスカッション:「“Historias de amor y odio – las narrativas que dan forma a nuestro presente y futuo”(愛と憎悪の物語―私たちの現在と未来を形どるナラティブ)」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オンラインパネルディスカッション:「“Historias de amor y odio – las narrativas que dan forma a nuestro presente y futuo”(愛と憎悪の物語―私たちの現在と未来を形どるナラティブ)」


日時:
2021年3月25日 @ 07:00 – 09:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-03-25T07:00:00+09:00
2021-03-25T09:00:00+09:00

アメリカ大陸の多様な国々と分野でリーダーシップを発揮する三人のパネリストを招き、ブリュッセルに本部をおき、「より公平,かつ包摂的で持続可能なグローバリゼーションの推進を使命とし、このような価値観をより広く普及させるための新しい物語(Grand Narrative of Hope)を模索」している、民間組織FOGGS (Foundation for Global Governance and Sustainability )が開催するパネルディスカッションです。

日時:日本時間3月25日(木)、午前7時~9時予定。

使用言語:スペイン語。

参加費用:無料 ZOOM使用。

出席の登録:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_D7V5D5k_ToCh3vz2fClNFA
(登録いただいた時点で、イベントのZOOMリンクをお送りします。)

パネリスト:null

●Leonardo Garnier:コスタリカ大学経済学部教授。企画大臣、教育大臣など歴任。児童書の著作も行う。
●Francisco Goldman:トリニティー大学教授。メキシコシティ―在住。アメリカ合衆国出身のジャーナリスト・小説家。著書にThe Art of Political Murder(政治的暗殺の術)、Say Her Name 〈彼女の名を言って〉など。近作は小説、Monkey Boy (サルの子)。
●Nina Pacari:エクアドル、キチュア先住民族の法律家。先住民の権利の活動家で、Instituto Pacari de Ciencias Indígenas, Escuela Itinerante de Derecho Kichwa 教授。憲法裁判所の判事、外務大臣など歴任。
モデレーター:安川順子(よりこ)、 FOGGS副会長。国連人口基金アジア太平洋地域局長、ボリビアとコスタリカの国連開発計画常駐代表など歴任。

<さまざまな危機や不確実性に直面している人類>
・・私たちは自分たちの生活、社会、そして世界に意義を見出すためにどのような物語を綴っているのだろうか。
・・これらの物語は私たちにだれを愛させ、だれを憎ませているのか。
・・政治的な決断にどのような影響をおよぼしているのだろうか。
・・どのような方向に私たちを導いているのだろうか。