イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

12月
17
2019
上野 景文 元駐バチカン大使 講演会 「ローマ教皇フランシスコとラテンアメリカ」
12月 17 @ 15:00 – 16:30

平素より当協会の諸活動に対し格別のご支援とご協力を賜り厚く御礼申しあげます。
さて、アルゼンチン出身のローマ教皇フランシスコが11月23~26日に初来日されます。教皇フランシスコはカトリック教会史上初めてのラテンアメリカ出身の教皇です。ご案内の通り、ラテンアメリカにおけるカトリック教会の存在は今も圧倒的で、市民生活などの民衆レベルに留まらず、コロンビアでの和平合意支援の例に見られるように、政治外交面でも大きな影響力を発揮するなど、ラテンアメリカを語る上で避けて通れない重要な要素の一つと言えます。
今般、上野 景文 元駐バチカン大使をお招きし、バチカンの概要とローマ教皇フランシスコの来日の意義をご紹介いただくとともに、ラテンアメリカとバチカン(カトリック教会)との関係、とりわけ一般市民にとってのバチカンの存在とアルゼンチン出身教皇誕生の意義をお話しいただきます。ラテンアメリカ理解を深めるうえで大変有意義な講演ですので、奮ってご参加ください。

日時 2019年12月17日(火)15:00~16:30
会場 田中田村町ビル5F、5C会議室

港区新橋2-12-15 Tel: 03-6206-1787
http://www.kaigisurunara.jp/access.html
講演題 「ローマ教皇フランシスコとラテンアメリカ」
講師 上野 景文 元駐バチカン大使
参加費 会員 2,000 円、非会員 3,000 円、大学院・大学生 無料
※参加料はクレジットカードか銀行振込での事前支払いとなります。
詳細は参加受付メールをご参照ください。

 

お申込み

下記Webサイトより、2019年12月16日(月)までに、お一人ずつご登録ください。
URL:https://latin-america.jp/seminar-entry

【備考】
①申込み受付:先着順 50名までです。お早めにお申込み下さい。
②申込締め切り:2019年12月16日(月)

【お問い合わせ】

<ラテンアメリカ協会>
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831 Fax: 03-6205-4262
E-mail: info@latin-america.jp

講演会案内資料

20191217上野景文講演会案内[PDF]

12月
20
2019
メキシコ進出と攻めのリスクマネジメント-成功の鍵は、進出ノウハウと内部・外部リスクへの対応- in 名古屋
12月 20 @ 12:30 – 16:30

開催日時:
2019年12月20日
13:15~16:30(受付 12:45)

会場:
JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス カンファレンスルーム
〒450-6303 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 KITTE 名古屋3階

プログラム:

第1部 13:15〜13:55
「メキシコで従業員が安全に働くためには〜リスクと安全対策〜」
講師:インターナショナルSOSジャパン株式会社 リージョナルセキュリティマネージャー 黒木 康正氏

第2部 14:05〜15:05
「日系企業のメキシコ進出と事業展開リスク」
講師:フェアコンサルコンサルティング メキシコ ゼネラルマネージャー 日本国公認会計士 伊東 秀治

第3部 15:15〜15:55
「海外子会社の経営・財務管理と日本本社のガバナンス強化」
講師:株式会社フェアコンサルティング シニアコンサルタント 税理士 柴田 暁

第4部 15:55〜16:25
「国内外のグループガバナンス強化とグループシナジーを創出する最適解とは」
講師:株式会社フェアコンサルティング / 株式会社オービックビジネスコンサルタント

参加費:無料

【イベント詳細】
https://www2.obc.co.jp/evt/AS0035/20191220

【イベント案内(PDF)】
20191220_メキシコ進出と攻めのリスクマネジメント-成功の鍵は、進出ノウハウと内部・外部リスクへの対応in名古屋_案内状[PDF]

【お申込ページ】
https://www2.obc.co.jp/evt/AS0035/20191220

12月
21
2019
立教大学ラテンアメリカ研究所公開講演会 「ブラジルにおけるドイツ・オランダ系移民の生存戦略と民族性 -パラナ州カストロ市の事例-」
12月 21 @ 17:30 – 20:00

日時:
2019年12月21日(土)17:30~20:00

場所:
立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

申し込み:
不要・入場自由

第1部講演 
 講師: 山本 充 専修大学文学部教授
 演題: 「ブラジル・カストロ市のドイツ系移民」
 
第2部講演
 講師: 丸山 浩明 立教大学文学部教授
 演題: 「ブラジル・カストロ市のオランダ系移民」

問い合わせ:
立教大学ラテンアメリカ研究所
電話: 03-3985-2578
メール:late-ken@rikkyo.ac.jp

詳細:
https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ilas/

1月
8
2020
講演会「2度の駐在経験を通じてみたブラジルの姿」
1月 8 @ 17:00 – 19:00

講演会 「2度の駐在経験を通じてみたブラジルの姿」

講師:
二宮 康史 氏(日本貿易振興機構大阪本部 産業連携・対日投資推進課 課長)

 この度イベロアメリカ研究所では日本貿易振興機構(ジェトロ)の二宮康史氏を講師にお迎えし講演会を開催いたします。二宮氏は昨年9月に3年半にわたるブラジル勤務から戻られました。この間ブラジルでは、2016年リオ五輪という華々しいイベントの陰で、ルーラ政権を引き継いだルセフ大統領が弾劾され、テメル政権が発足、根強い政治不信を背景に現在のボルソナーロ政権が誕生しました。政治混乱と相まってブラジル経済は2年連続で3%台のマイナス成長を記録し、その後も低成長が続いています。

 二宮氏は2003年3月から2007年7月にもブラジル駐在経験をお持ちです。この時期は第一期ルーラ政権の発足と時を同じくし、世界経済の拡大、一次産品価格の上昇を追い風にブラジルは新興国としてその地位を世界に示した時期でした。

 2度の駐在経験を振り返り二宮氏は、それぞれがブラジルの大きな節目であり、かつ置かれた状況は対照的であったと述べておられます。今回の講演会では、通算約8年のサンパウロ駐在を通じてみたブラジルの姿を、母校の後輩たちを始め、幅広いブラジル関係者の皆様の前でお話しいただきます。皆様どうぞ、奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

日時:
2020年1月8日(水) 17:20~19:00

会場:
上智大学6号館6-305教室

使用言語:
日本語

予約不要・入場無料(定員100名 先着順)

主催:
上智大学イベロアメリカ研究所
https://dept.sophia.ac.jp/is/ibero/

1月
18
2020
立教大学ラテンアメリカ研究所主催公開講演会「チリの軍政下を生き抜く女性たち -拷問からの生還と、終わりない痛み」
1月 18 @ 17:30 – 19:00

日時:
2020年 1月18日(土)17:30~19:00

場所:
立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

申し込み:
不要・入場自由

参加費:
無料

講師:
内藤 順子 早稲田大学理工学術院准教授

問い合わせ:
立教大学ラテンアメリカ研究所
電話 03-3985-2578
メール late-ken@rikkyo.ac.jp

詳細:
https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ilas/