「ラテンアメリカ文学のブーム」の原点―マリオ・バルガス・ジョサ『街と犬たち』の魅力 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

「ラテンアメリカ文学のブーム」の原点―マリオ・バルガス・ジョサ『街と犬たち』の魅力


日時:
2022年6月30日 @ 18:30 – 20:30 Asia/Tokyo タイムゾーン
2022-06-30T18:30:00+09:00
2022-06-30T20:30:00+09:00

「ラテンアメリカ文学のブーム」の原点―マリオ・バルガス・ジョサ『街と犬たち』の魅力

6月30日(木) 18:30-20:30
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京及びオンライン
参加無料、要予約
言語:日本語(スペイン語の同時通訳あり)

※詳細は下記をご覧ください。
https://ciudad-y-perros.peatix.com/event/3255750/

 1960年代、世界文学史に金字塔を打ち立てたラテンアメリカ文学のブーム、その発端となったのはマリオ・バルガス・ジョサ(1936年ペルー生まれ)の出世作『街と犬たち』(1963年刊行)の成功でした。本作の新訳刊行を記念して、ラテンアメリカ文学の愛読者として創作を続けている小説家、古川日出男さんをゲストにお迎えし、翻訳者の寺尾隆吉氏(早稲田大学教授)、文学研究者の仁平ふくみ氏(京都産業大学准教授)とともに、世界を驚愕させたラテンアメリカ文学の魅力を語ります。

登壇者:
◎古川日出男 (作家)
戯曲、小説を中心に創作活動に従事し、読売文学賞(2016年)等、多くの文学賞を受賞。最新作は『曼陀羅華X』(新潮社、2022年)。

◎寺尾隆吉(早稲田大学教授)
ラテンアメリカ文学研究者。『魔術的リアリズム』(水声社、2012年)などの研究書のほか、翻訳書を多数刊行。

◎仁平ふくみ (京都産業大学准教授)
ラテンアメリカ文学研究者。著作に『もうひとつの風景 フアン・ルルフォの創作と技法』(春風社、2022年)など。

協力:光文社