「アストライアの会」からのお知らせ:「世界古代文明の謎を探る」(70)劇場国家インカの祭りと儀礼:松本亮三 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 2023年2月25日(土)14:00-17:00(日本時間) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

「アストライアの会」からのお知らせ:「世界古代文明の謎を探る」(70)劇場国家インカの祭りと儀礼:松本亮三 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 2023年2月25日(土)14:00-17:00(日本時間)


 「インカ固有の祭りもやがて征服者に禁止され」

 神話によれば、インカ最初の皇帝マンコ・カパックとその兄弟たちは太陽神インティから上質な金で作られた魔法の杖を与えられ、「杖が地に沈む土地」へ行き、そこに太陽の神殿を築くよう、導きを受けたという。その杖はウルバンバの谷付近、クスコに沈み、かの地はインカ文明最初の都市となったとされる。インカの皇帝は太陽神の子として崇められたのである。古代において神は人間に全てを与える全能の存在であった。インカにおいてはそれが例えば太陽神インティであり、また大地から全てを生み出す女神パチャママであった。祭政(さいせい)一致の言葉通り、古代の祭りは豊饒(ほうじょう)を祈願すると同時に、地上の支配者である王と、神又は神の栄光を同一視させ、その権威を高める壮大な舞台でもあった。

インカの祭り「インティ・ライミ」での「インティ」は太陽又は太陽神、「ライミ」は祭りを意味している。文字を持たないインカ文明においては民衆に王の権威を可視化する祭りと様々な儀礼は特に重要であった。ミイラもまた祭りの際は供物(くもつ)が供(そな)えられ崇拝された。インカ文明の様々な祭りと儀礼を今回俯瞰(ふかん)してみたい。

「世界古代文明の謎を探る」(70)_松本亮三東海大学名誉教授比較文明学会副会長[PDF]

主 催 アストライアの会  協 力 日本ペルー協会 日本セカンドライフ協会 
ゲスト 松本亮三さん 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 
日 時 令和5年2月25日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区イケビズ美術室(5階)
道 順 池袋駅西口又は南口より消防署先き徒歩約9分
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 画像を見ながらお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL049(258)3218 松原まで  info@asutoraia.com