一般公開【ラテンアメリカ・カリブ研究所】JALAC Institute Policy Brief:”The Signing of RCEP: Its Geopolitical and Economic Implications for the Biden Administration and Japan-Latin America Trade Relations” Mikio Kuwayama、April 2021 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

一般公開【ラテンアメリカ・カリブ研究所】JALAC Institute Policy Brief:”The Signing of RCEP: Its Geopolitical and Economic Implications for the Biden Administration and Japan-Latin America Trade Relations” Mikio Kuwayama、April 2021


【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】“The Signing of RCEP: Its Geopolitical and Economic Implications for the Biden Administration and Japan-Latin America Trade Relations”(「 RCEPの署名:バイデン政権および日本・ラテンアメリカ貿易関係への地政学的・経済的意義」)桑山幹夫

オンラインセミナー“Connecting Japan-USA-Brazil:Prospects for US-Japan-Brazil Cooperation in a Shifting International Political Environment(変貌する国際政治環境における日米ブラジル3国間協力の展望)”がラテンアメリカ協会(JALAC)、インターアメリカンダイアログ、ブラジル国際関係センター(CEBRI)との共催で2021年2~3月に開催された。

本レポートは、オンライン非公開日米伯ラウンドテーブルの第2回目(3月4日):“Promoting Trade and Investment Relations Through Brazil-Japan-US Cooperation(貿易・投資の促進:ブラジル―日本―米国の協力を通して)”の参考資料として作成し、ラテンアメリカ協会ホームページに掲載されている研究所レポートの「バイデン新政権下の米国およびラテンアメリカと日本との通商関係におけるRCEPの締結の重要性について(桑山幹夫)」を英語抄訳したものである。「地域的な包括的経済連携:RCEP」および「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」と米バイデン新大統領の対アジア外交との関連性、日本の役割、ラテンアメリカから観たRCEPの意義(太平洋同盟およびメルコスールとの通商関係に及ぼす影響など)について論考する。より詳細な分析については日本語全文を参照していただきたい。

【 JALAC Institute Policy Brief】This report has been prepared by Mikio Kuwayama, Managing Director of the Japan Association of Latin America and the Caribbean (JALAC) and Senior Analyst of JALAC’s Institute for Latin American and the Caribbean Studies (ILAC), for the Brazil-Japan-US Virtual Meeting Series “The Free and Open International Order: Brazil-Japan-US Collaboration in a New Political Climate”, in February and March 2021. The series of online conferences were cohosted by JALAC, the Inter-American Dialogue (IAD), and the Brazilian Center for International Relations (CEBRI). The views expressed in this report are of the author and do not necessarily reflect those of JALAC. This report has not undergone formal editing.

This brief report discusses the RCEP’s relevance to President Biden’s diplomacy toward the Asia-Pacific region and the economic significance of RCEP from a Latin American perspective (its impact on trade relations with the Pacific Alliance and Mercosur). The report concludes with a note on how Japan can enhance trade ties between Latin America and Asia-Pacific, with CPTPP and RCEP as a possible policy anchor.

ダウンロード

以下のリンクよりダウンロード可能です。どうぞご高覧ください。

一般公開【ラテンアメリカ・カリブ研究所】JALAC Institute Policy Brief:”The Signing of RCEP: Its Geopolitical and Economic Implications for the Biden Administration and Japan-Latin America Trade Relations” Mikio Kuwayama、April 2021