イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
2
在パラグアイ日本商工会議所からのお知らせ:オンラインセミナー「世界の知識を通じた人材育成プロジェクト ~しごと/くらしに役立つ日本の知恵~」最終回 06:30
在パラグアイ日本商工会議所からのお知らせ:オンラインセミナー「世界の知識を通じた人材育成プロジェクト ~しごと/くらしに役立つ日本の知恵~」最終回
12月 2 @ 06:30 – 08:30
在パラグアイ日本商工会議所からのお知らせ:オンラインセミナー「世界の知識を通じた人材育成プロジェクト ~しごと/くらしに役立つ日本の知恵~」最終回
在パラグアイ日本商工会議所では、「世界の知識を通じた人材育成プロジェクト ~しごと/くらしに役立つ日本の知恵~」をタイトルに9月から12月までに計6回のオンラインセミナーを開催しております。日本から3名、パラグアイやラテンアメリカから4名、計7名の著名な講師をお招きし、問題解決・ビジネス・経済をテーマにご講演いただいております。 最終回となる第6回目の開催予定は以下のとおりです。日々のビジネスや、ビジネス以外でも広く生活に役立つ内容を豊富に盛り込んでおります。 なお、本事業は「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」として、在パラグアイ日本国大使館からの支援をいただいております。 ※日時は日本時間、テーマは2本立てとなります。 ●第6回目: テーマ①「新しいシステムの新しいルール」 講師 フアン・マヌエル・カバルコス氏(Brandon代表) テーマ②「パラグアイや世界の経済の見通し・現状」 講師 マヌエル・フェレイラ氏(MF Economíaコンサルティング代表) 日時 12月2日(木)朝6時~8時半  【参加方法】 ●パラグアイにご興味があり、また6回目のセミナー参加をご希望の方は、以下のリンクから登録をお願いします。登録完了後、ZOOMのアクセスリンクがご指定のメールアドレスに送付されます。 https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_qx6GfRvHRo2AHKaj3-EJmw 【講演資料】 ※日にちはパラグアイの日付となります。
3
「コロンビア大使館/PROCOLOMBIA」よりのお知らせ:太平洋同盟セミナー(スタートアップエコシステムにおける投資機会)開催のご案内: 12月3日(金)14:30-16:30」 14:30
「コロンビア大使館/PROCOLOMBIA」よりのお知らせ:太平洋同盟セミナー(スタートアップエコシステムにおける投資機会)開催のご案内: 12月3日(金)14:30-16:30」
12月 3 @ 14:30 – 16:30
来る12月3日(金)14時30分より、太平洋同盟(北からメキシコ,コロンビア,ペルー、チリの4か国。日本は59か国のオブザーバー国の一つ)セミナー『スタートアップエコシステムにおける投資機会』と題し、ハイブリッドセミナーを開催する運びとなりました。 太平洋同盟のイノベーション分野への投資を誘致し、ビジネスを促進するため、加盟国4ヶ国の政府投資促進機関がスタートアップエコシステムに焦点をあて、ビジネスと投資の機会を紹介いたします。 太平洋同盟とビジネスをするメリットについて説明し、起業家精神、イノベーション、第4次産業革命のテクノロジーの活用促進を目指します。 また、パネルディスカッションとして、太平洋同盟のスタートアップと協業したことのある日本企業に登壇いただき、各社の経験を語っていただきます。 さらに、来年2022年の上四半期には、太平洋同盟のピッチセッションの開催を予定しています。 日程: 2021年12月3日(金) 時間: 14時30分~16時30分(日本時間) 開場:14時~ 主催: 太平洋同盟促進機構、日本貿易振興機構(JETRO)、米州開発銀行(IDB) 後援: 海外投融資情報財団(JOI) 言語: 英語・日本語(同時通訳) 形式: ハイブリッドセミナー(オンサイトとオンラインの並行開催) オンサイト会場: アークヒルズクラブ(ABCルーム) 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル East Wing 37F  (先着順60名) オンライン: ZOOM申込みされた方に後日、視聴リンクをお送りいたします。 申込方法:こちら↓のサイトでご登録ください。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSejUjL8aXDRulQnM3EflkDFMikoOAmQcCsSPtLDea39Fp0dJw/viewform プログラム他詳細 :添付PDFご参照 登壇予定者 ※敬称略 駐日コロンビア特命全権大使 サンティアゴ・パルド 日本貿易振興機構 理事 小野村 拓志 ソフトバンク・ビジョンファンド パートナー ハビエル・ビジャミサール コロンビア大使館 商務参事官 / ProColombia フアン・カミロ・ゴメス チリ大使館 商務参事官 / ProChile ハイメ・リベラ メキシコ大使館 商務参事官 アドルフォ・ラボルデ ペルー大使館 商務参事官 フェルナンド・アルバレダ / Promperu マルイチエアリアルエンジニア株式会社(maec) 代表取締役 酒井 順子 (株) ツクリエシニアマネージャー/インキュベーショングループ 黒澤 直子 ミライ・イノベーションMirai Innovation Research Institute 最高技術責任者 ペナロサ クリスチャン LEAP ゲームスタジオ:ペルーからのビデオゲームクリエーション LEAP 共同創設者 ミッチェル・バークレー 米州開発銀行 (IDB) アジア事務所 所長 田中 秀
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からの講演会のお知らせ:「巨大噴火に屈しなかった古代メソアメリカの人々」 18:00
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からの講演会のお知らせ:「巨大噴火に屈しなかった古代メソアメリカの人々」
12月 3 @ 18:00 – 19:30
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からの講演会のお知らせ:「巨大噴火に屈しなかった古代メソアメリカの人々」
この度、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所では、コロラド大学ボルダー校博士研究員市川彰先生をお迎えし、講演会を開催いたします。 市川先生による中米エルサルバドル共和国サン・アンドレス遺跡の発掘資料をもとにした新しい解釈は、英国の学術誌Antiqutyや米国ナショナル・ジオグラフィック・デジタル版に発表され高い評価を受けました。 講演会ではこの新解釈について具体的にお話しいただきます。ぜひこの機会にご参加ください。 【テーマ】「巨大噴火に屈しなかった古代メソアメリカの人々」 【講演者】 市川 彰(いちかわ あきら)氏(京都外国語大学ラテンアメリカ研究所客員研究員・日本学術振興会海外特別研究員・コロラド大学ボルダー校博士研究員) 【日時】  2021年12月3日(金)18:00~19:30 【参加方法】Zoomによるオンライン形式 ※参加費無料(事前申し込みが必要です) ※講演会案内・申し込み方法等、以下のURLをご覧ください。  https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=N8xIyYlp お問い合わせ: 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所 〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 TEL: 075-312-3388/Email: ielak@kufs.ac.jp ポスター:「巨大噴火に屈しなかったメソアメリカの人々」
4
5
6
7
8
9
10
11
ブラジルが舞台のドキュメンタリー『街は誰のもの?』12月11日(土)公開
ブラジルが舞台のドキュメンタリー『街は誰のもの?』12月11日(土)公開
12月 11 終日
ブラジルが舞台のドキュメンタリー『街は誰のもの?』12月11日(土)公開 監督・撮影・編集:阿部航太 グラフィテイロ:エニーボ / チアゴ・アルヴィン / オドルス / 中川敦夫 / ピア 配給・制作・宣伝:Trash Talk Club 日本| 2021年 | 98 分 12月11日(土)よりイメージフォーラムほかで公開予定 https://machidare.com/ https://www.imageforum.co.jp/theatre/movies/4837/  グラフィテイロ(グラフィティアーティストの現地での呼称)がつぶやく背景に広がるのは、南米一の大都市サン・パウロ。そこには多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジル特有の都市の姿があった。  東京でグラフィックデザイナーとして活動する阿部航太が、2018—19のブラジル滞在で体感した「街」。そこには歪んだ社会に抗いながら、混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ、スケーター、そして街を歩き、座り込み、踊り明かす人々がいた。イリーガルな表現活動から日常生活まで、地続きに営まれるその風景は、私たちが知っている街の姿を痛快に批判しているように思えた。  ブラジルの4都市を巡り、路上から投げかけられた一つの問いへの答えを追うストリート・ドキュメンタリー。  監督はグラフィックデザインをベースとしながら文化人類学的アプローチで活動する阿部航太。ブラジル滞在を経て、本作の元となる『グラフィテイロス』(2019年)を製作し、人類学者、建築史家、グラフィティライターなどをゲストに招いた日本各地での自主上映で好評を博す。そして2021年、より広い視点で都市を捉えなおし、スケーターやカーニバル、デモンストレーションなどの約50分の新たな映像を加え編集し直したのが本作『街は誰のもの?』である。 ブラジルのストリートが映し出された画面からは、淡々としながらも日本から来たひとりのデザイナーの新鮮な驚きが伝わってくる。人々と対話し、身振りを模倣し、街との関係性を観察していく過程で、“映し出された街”だけでなく、“鑑賞者にとっての街”の見え方までもが大きく揺さぶられていく。
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31