イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

7月
4
2022
京都外国語大学よりのお知らせ:ブラジル独立200周年記念イベント「オスカー ル・ナカザト氏講演会」のご案内
7月 4 @ 16:00 – 17:00

 この度、京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科と京都外国語大学ラテンアメリカ研究所共催で、ブラジルより来日中のオスカール・ナカザト氏をお迎えし、講演会を開催いたします。
 YouTubeリンクで講演会を7月4日(月)16:00よりライブ配信いたします。
 多くの皆様にご視聴いただけますよう願っております。

 日 時:2022年7月4日(月)16:00-17:20
 テーマ:『日系人の歴史とブラジル文学』
 言 語:ポルトガル語(日本語への通訳あり)
 ※詳細:https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=VJ6vf1Uh
【お問い合わせ】
     京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
     E-mail: ielak@kufs.ac.jp

7月
5
2022
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からのお知らせ:第20回ラテンアメリカ教養講座「本の向こうに見えてくるもの:ラテンアメリカ文学の愉しみ」(全5回)
7月 5 @ 18:00 – 19:00

ラテンアメリカ世界に足を踏み入れた者は、日本とのあまりの違いに驚き、またそれが故に強烈なその魅力の虜になってしまう。今回の教養講座では、ラテンアメリカ世界が生んだ「文学」に焦点を当て、これに魅せられた研究者にその想いを熱く語っていただく。

近年ラテンアメリカ文学作品の翻訳や研究書が多く書店に並ぶようになっているのは、やはりそれがこれまで慣れ親しんできた文学とは趣を異にし、そこが面白く、また学ぶところが多いからに違いない。なぜラテンアメリカ文学に魅せられたのか、なぜそれほど面白いのか、そして手に取った本の向こうに何が見えてくるのだろうか、そして何より日本にいる私たちにとって、それは何を意味しているのだろうか。単に翻訳された作品を手にしただけでは分からない、しかしとても大切なそのような私たちの問いかけを、講師の先生方にご自身の体験と研究をもとにお話しいただき、ラテンアメリカ文学に親しむきっかけになればと思うのである。
第20回ラテンアメリカ教養講座ポスター[PDF]

【日時】2022年6月7日より毎週火曜日(全5回)18:00-19:00
【参加方法】Zoomによるオンライン形式 ※事前申し込み制・参加費無料

第1回 6月7日(火)「フアン・ルルフォの現代性」
仁平ふくみ(京都産業大学外国語学部ヨーロッパ言語学科准教授)

第2回 6月14日(火)「アルゼンチン文学という『伝統』」
内田兆史(明治大学経済学部准教授)

第3回 6月21日(火)「ドラウジオ・ヴァレーラが描くノンフィクションの世界」
伊藤秋仁(京都外国語大学外国語学部ブラジルポルトガル語学科教授)

第4回 6月28日(火)「ラテンアメリカ先住民文学ルネサンス」
吉田栄人(東北大学大学院国際文化研究科准教授)

第5回 7月5日(火)「ラテンアメリカ文学で語られる多彩なジェンダーの風景」
洲崎圭子(お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所特別研究員)

※講座案内・申し込み方法等、以下のURLをご覧ください。
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=T8KLYwij

お問合せ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/E-mail: ielak@kufs.ac.jp

7月
8
2022
ライブ 小野リサ ”Fly me to Brasil ~via Cuba e Mexico!”
7月 8 @ 17:00 – 19:00

ライブ 小野リサ ”Fly me to Brasil ~via Cuba e Mexico!”

7.8 fri., 7.11 mon.
[1st]Open5:00pm Start6:00pm [2nd]Open7:45pm Start8:30pm
7.9 sat., 7.10 sun.
[1st]Open4:00pm Start4:45pm [2nd]Open6:30pm Start7:30pm
※7.11 mon. 2ndショウのみインターネット配信(有料)実施予定

会場での観覧 ¥8,800(税込)~
配信での観覧※7.11 mon. 2ndショウのみ 一般:¥3,300(税込)

後援:駐日ブラジル大使館

詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/lisa-ono/

心地よいボサノヴァのリズムと清涼感あふれる歌声で、日本のブラジリアン・ミュージック・シーンを牽引する小野リサの恒例サマーライヴが決定、今年も音楽の旅へと誘ってくれる。サンパウロに生まれ、帰国後の1989年にアルバム・デビュー。ボサノヴァの神様、アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠、ジョアン・ドナートら伝説的アーティストとの共演を重ね、ブラジル政府から「リオブランコ国家勲章」を受章するなど、ブラジル音楽の魅力を伝え続けている。昨年はジャズ・ピアニスト大西順子のアルバムにも客演し、ジャンルを超えてその美声を響かせた。今年の公演ではキューバ、メキシコを経由してブラジルへ。ブルーノート東京に爽やかな夏がやってくる。

7月
16
2022
アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「西アジアにおける複雑な狩猟採集民」(夏期は他地域古代文明関連講座)
7月 16 @ 13:30 – 15:00

アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「西アジアにおける複雑な狩猟採集民」
(夏期は他地域古代文明関連講座)

【日 時】 2022年 7月16日(土)13:30~15:00 (オンライン)
【講 師】 三宅 裕(筑波大学教授)
【テ-マ】 「西アジアにおける複雑な狩猟採集民」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

7月
22
2022
パナマ大使館からのご案内:パナマ・フィルム・ウィークエンド  – ラテンアメリカ映画 in Japan –
7月 22 – 7月 24 終日

日時:2022年7月22日(金)、23日(土)、24日(日)
場所:リーブラホール (田町駅から徒歩5分)
上映映画(予定):
a. Yo no me llamo Ruben Blades (Abner Benaim);
b. Todos Cambiamos (Arturo Montenegro);
c. Panamá y las Naciones Unidas: 75 años de aportes al mundo (Cancillería panameña);
d. Kimura (Aldo Rey Valderrama)

パナマ映画祭_20220621[PDF]

8月
20
2022
アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「クメールの古代遺跡」(夏期は他地域古代文明関連講座)
8月 20 @ 13:30 – 15:00

アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「クメールの古代遺跡」
(夏期は他地域古代文明関連講座)

【日 時】 2022年8月20日(土)13:30~15:00 (オンライン)
【講 師】 友田 正彦(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター長)
【テ-マ】 「クメールの古代遺跡」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

9月
6
2022
日本ヴィラ=ロボス協会よりのお知らせ「ブラジル独立200周年記念コンサート」2022年9月6日(火)19:00-
9月 6 @ 19:00 – 21:00

日時:2022年9月6日19時開場、19時半開演
場所:めぐろパーシモンホール
料金:一般3000円/学生1000円
指揮:木許裕介
演奏:ブラジル独立200周年記念オーケストラ
チケットはこちらhttps://teket.jp/3853/13416

主催:駐日ブラジル大使館、日本ヴィラ=ロボス協会
協力:合同会社アーツイノベーター・ジャパン、東京文化ライオンズクラブ
特別協賛:NAXOS JAPAN
協賛:上野製薬株式会社、日本たばこ産業株式会社、三菱商事株式会社

「ブラジル独立200周年記念コンサート」は、2022年9月7日のブラジル独立200周年記念を祝する、東京、ベルリン、ロンドン、ニューヨークの4都市で開催されるグローバルなプロジェクトです。日本(東京)で2022年9月6日に開催される本コンサートは、この一連のプロジェクトにおけるオープニング・コンサートとなります。日本ヴィラ=ロボス協会会長を務める指揮者・木許裕介のディレクションで、プロ奏者約70人の「ブラジル独立200周年記念オーケストラ」を特別編成して演奏会を開催します。曲目は全てブラジルの作曲家作品から構成され、19世紀から現代に至るブラジルのクラシック音楽の歴史を辿るような演奏会を作り上げます。今回が日本初演となる曲も数多く含まれております。

このコンサートを通じて、ブラジルの作曲家作品が日本の音楽家のレパートリーとして広がっていくことを期待し、ブラジルの音楽文化のさらなる普及に貢献することを目指します。そして何よりも、音楽を通じてブラジルの豊かな歴史に思いを馳せつつ、聴衆と奏者が一体となって、ブラジル独立200周年という節目の年を祝うことができるような祝祭の場を作り上げることを目指すものです。

<プログラム>

カルロス・ゴメス:歌劇「グアラニー族の男」序曲
アルベルト・ネポムセノ:「ブラジル風連作」より「バトゥーキ」
ヴィラ=ロボス:「ブラジル風バッハ4番」より「前奏曲」
ヴィラ=ロボス:「ブラジル風バッハ9番」
オスカー・ロレンツォ・フェルナンデス:「田園風東方の三博士祭」組曲
クラウジオ・サントロ:「フレヴォ」
(プログラムは変更の可能性がございます)

<お問い合わせ>
ブラジル独立200周年コンサート実行委員会 
brasil200anos.concert@gmail.com

9月
17
2022
アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「”中国的”文明の形成 -青銅器祭祀の継承と変容-」 (夏期は他地域古代文明関連講座)
9月 17 @ 13:30 – 15:00

アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「”中国的”文明の形成 -青銅器祭祀の継承と変容-」
 (夏期は他地域古代文明関連講座)

【日 時】  2022年9月17日(土)13:30~15:00 (オンライン)
【講 師】  角道 亮介(駒澤大学准教授)
【テ-マ】 「”中国的”文明の形成 -青銅器祭祀の継承と変容-」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com