イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
コズミック フロント☆NEXT「旅する宇宙 メキシコ」 23:45
コズミック フロント☆NEXT「旅する宇宙 メキシコ」
7月 1 @ 23:45 – 7月 2 @ 00:45
コズミック フロント☆NEXT「旅する宇宙 メキシコ」 NHK BSプレミアム 7月1日(水) 午後11:45~午前0:45(60分) 再放送 歌手・荻野目洋子さんが宇宙の神秘を求めてメキシコの旅へ。国立人類学博物館では、正確な太陽観測を行い独自の暦を生み出したマヤ文明、太陽神を崇拝し心臓をささげていたアステカ文明に触れる。テオティワカン遺跡や近代天文学発祥の地・チャプルテペック城などの名所を巡りながら、目指すは標高4600mの高地にある最先端の電波望遠鏡だ。陽気なメキシコ人と交流しつつ素敵な歌も披露。特別な旅を通じて天文学の原点に迫る。 https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-07-01&ch=10&eid=03555&f=1861
2
3
4
5
6
7
南米大陸一周165日の旅(4)「歓(よろこ)びの色 哀(かな)しみの色」 16:46
南米大陸一周165日の旅(4)「歓(よろこ)びの色 哀(かな)しみの色」
7月 7 @ 16:46 – 18:15
NHK BS ブレミアム 7月7日(火) 午後4:46~午後6:15(89分)再放送 https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-07-07&ch=10&eid=08388&f=etc 旅人たちはブラジルに入り、イグアスの滝をアルゼンチン側とは別の角度から望み、自然の造形の偉大さに感動を深める。 世界最大の祭典リオのカーニバルに熱狂、強烈なサンバのリズムと底抜けに陽気な人々が旅人たちを歓喜に包む。 次に訪れたのは、人口の8割がアフリカ系というサルバドール。 かつて奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人たちが独自の文化を築きあげた街で、哀(かな)しみの歴史が漂っていた。(2010年)
8
9
驚き!地球!グレートネイチャー 選「チリ 連続大噴火の謎に迫る」 12:00
驚き!地球!グレートネイチャー 選「チリ 連続大噴火の謎に迫る」
7月 9 @ 12:00 – 12:30
驚き!地球!グレートネイチャー 選「チリ 連続大噴火の謎に迫る」 NHK BS ブレミアム 7月9日(木) 午後0:00~午後0:30(30分)再放送 https://www4.nhk.or.jp/greatnature/x/2020-07-09/10/9545/2170082/ チリで続いていた巨大火山の噴火。一体何が起きているのか?煮えたぎる溶岩湖など驚がくの現象を体感、巨大噴火の謎に迫る!(初回放送:2017年10月)
10
グアテマラ映画『ラ・ヨローナ~彷徨う女~』
グアテマラ映画『ラ・ヨローナ~彷徨う女~』
7月 10 全日
原題:La Llorona 監督・脚本:ハイロ・ブスタマンテ(『火の山のマリア』) 出演:マリア・メルセデス・コロイ、マルガリタ・ケネフィック、 サブリナ・デ・ラ・ホス、フリオ・ディアス 2018年/グアテマラ/97分/配給:ギャガ GAGA★ 7月10日(金)よりシネマカリテほか全国にて順次公開 https://gaga.ne.jp/lallorona/  「泣いたら、殺す」という言葉と共に、母親と子どもたちはグアテマラ軍の兵士に殺害された―。大勢の犠牲者を出したグアテマラの軍事政権による大虐殺から30年が経ち、当時将軍だったエンリケは虐殺を指揮した容疑で裁判にかけられるが、証拠不十分として無罪となる。国民が糾弾する中、家族と共に屋敷に戻ったエンリケの耳にその夜から不思議な泣き声が聞こえるようになる。ある日新しいメイドのアルマがやってくる。若く美しいアルマは家族に受け入れられ屋敷で働き始めるが、やがて彼女の周囲で奇妙なことが起き始める。  1960年から36年もの長きにわたったグアテマラの内戦は25万人の死者を出したと言われる。その中でも第26代大統領ホセ・エフライン・リオス・モントが統治した1981年~83年は、グアテマラの歴史上最も血塗られた恐怖の時代であった。大統領の指揮のもと、大勢が政府軍により殺害、または行方不明となった。ハイロ・ブスタマンテ監督はその重い歴史を受け止めながら、中南米で広く伝わる怪奇伝説〈ラ・ヨローナ〉を取り入れ、悲劇に彩られた歴史と幻想的な世界観を現代の恐怖の物語として恐ろしくも美しい映像で生み出した。
メキシコ映画『グッド・ワイフ』
メキシコ映画『グッド・ワイフ』
7月 10 全日
原題:Las Niñas Bien 監督・脚本:アレハンドラ・マルケス・アベヤ キャスト:イルセ・サラス、カサンドラ・シアンゲロッティ、パウリーナ・ガイタン、ジョアンナ・ムリーヨ、フラビオ・メディナ 2018年/メキシコ/100 分 後援:在日メキシコ大使館 配給:ミモザフィルムズ 7月10日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開 http://goodwife-movie.com/  1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。豪邸で暮らす主婦ソフィアはセレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた。彼女はコミュニティの“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。だが、歴史的なメキシコの経済危機が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める…。  最悪の経済危機に見舞われた1982年を舞台に、裕福な夫の“妻”として生きる女性たちのマウンティング合戦を通し、現代女性にとっての愛や結婚、さらにはアイデンティティを模索するスタイリッシュドラマ。  新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目となる本作は、メキシコを代表する女性作家グアダルーペ・ロアエサによる社会風刺の効いた小説が原案となる。2018年のトロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、多くの国際映画祭で絶賛され、2019年メキシコ・アカデミー賞では13部門にノミネート、主演女優賞ほか4部門を受賞した。
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31