イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
【JETRO】パラグアイビジネス環境視察ミッション
【JETRO】パラグアイビジネス環境視察ミッション
8月 1 – 8月 2 全日
ジェトロは日本経団連、ブラジル日本商工会議所と共同で、南米大陸の中心に 位置するパラグアイへ、ビジネス環境視察ミッションを派遣します。 本ミッションでは、現地政財界からの説明でパラグアイの経済開発・ロジスティック戦略やビジネス環境を把握し、進出日本企業や日本人移民設立企業の成功事例現場を視察することで、南米大陸の中心に位置するパラグアイのポテンシャルとビジネス展開をイメージしていただくほか、現地政府幹部、投資誘致機関、業界団体、日系社会など、現地のキープレーヤーとの人脈を短時間で効率良く構築する機会を提供します。 パラグアイでのビジネス情報収集の絶好の機会を提供させていただきますので、ご関 心をお持ちの皆様はぜひ参加をご検討ください。 日時:8月1日(木)〜2日(金)※現地集合、現地解散 ※公式スケジュールに最後までご参加いただく場合、帰国は翌日3日(土)のフライトになります。 訪問都市:パラグアイ・アスンシオン お申し込み締め切り:7月5日(金)17:00 詳細は以下サイトをご覧ください。 https://www.jetro.go.jp/events/bda/31fa11f47f74e381.html 【JETRO】パラグアイビジネス環境視察ミッションご案内[PDF]
2
3
アトリエ「CHIHUAKO」ちわこのほはば in KYOTO 12:00
アトリエ「CHIHUAKO」ちわこのほはば in KYOTO
8月 3 @ 12:00 – 19:00
ちわこのほはば in KYOTO 2019.8.3(土)、8.4(日) GALLERY 35 kyoto kamanza /12:00~19:00 / 〒604-0014 京都市中京区二条通釜座上ル大黒町696 ( 070-4566-2067) http://gallery35.kyoto/ ペルー在住のアーチストが来日。東京・大阪・京都・広島と、7~8月の1ヶ月の中で展示/ワークショップ等のミニツアーが行われます。
ペルー観光プロモーションイベント 渋谷ハチ公前店広場に「マチュピチュ」が登場! 15:00
ペルー観光プロモーションイベント 渋谷ハチ公前店広場に「マチュピチュ」が登場!
8月 3 @ 15:00 – 17:00
ペルー観光プロモーションイベント  渋谷ハチ公前店広場に「マチュピチュ」が登場!
ペルー観光プロモーションイベント 渋谷ハチ公前店広場に「マチュピチュ」が登場します。 詳細は、下記をご覧ください。
4
アトリエ「CHIHUAKO」ちわこのほはば in KYOTO 12:00
アトリエ「CHIHUAKO」ちわこのほはば in KYOTO
8月 4 @ 12:00 – 19:00
ちわこのほはば in KYOTO 2019.8.3(土)、8.4(日) GALLERY 35 kyoto kamanza /12:00~19:00 / 〒604-0014 京都市中京区二条通釜座上ル大黒町696 ( 070-4566-2067) http://gallery35.kyoto/ ペルー在住のアーチストが来日。東京・大阪・京都・広島と、7~8月の1ヶ月の中で展示/ワークショップ等のミニツアーが行われます。
5
ネオタンゴ・ユニットTango-jack コンサート“Tango-jack meets 野口茜(pf)” 19:30
ネオタンゴ・ユニットTango-jack コンサート“Tango-jack meets 野口茜(pf)”
8月 5 @ 19:30 – 21:30
ネオタンゴ・ユニットTango-jack コンサート“Tango-jack meets 野口茜(pf)”
ネオタンゴ・ユニットTango-jack コンサート“Tango-jack meets 野口茜(pf)” 日時 8月5日(月)19:30~ 場所 楽屋Rakuya (中目黒) http://rakuya.asia/home.shtml 開場18:30 開演19:30 料金3500円(予約)、4000円(当日) ※税別 出演:早川純(bn)、吉田篤(vn)、野口茜(pf)、田中庸介(gt)、西嶋徹(cb) 予約 03-3714-2607
6
7
(株) アルファインテル創立40周年記念事業 ヘナート・ブラス ソロ・コンサート 18:30
(株) アルファインテル創立40周年記念事業 ヘナート・ブラス ソロ・コンサート
8月 7 @ 18:30 – 21:30
㈱アルファインテル創立40周年記念事業 ヘナート・ブラス ソロ・コンサート Renato Braz Solo Concert 日時:8月7日(水)開場 18:30 開演 19:30 会場:文京シビックホール 小ホール チケット:前売4,500円 当日5,000円(全席指定)  Renato Braz (ヘナート・ブラス)はサンパウロ在住の音楽家で、ブラジル国内ではすでに男性ヴォーカリストとしてその実力が高く評価されています。彼の最大の魅力は、聴く人の心を包み込むような深く温かみがあり繊細さとダイナミクスを併せ持つ天性の歌声と、気取らず優しくてチャーミングな人柄にあります。ヘナート・ブラスのことを何も知らなくても、短い時間を共に過ごしただけで、彼の音楽性の素晴らしさ、人柄の良さは多くのリスナーの方々を魅了することでしょう。 東京のほか8月2日(金)福岡・大名MKホールでもライブが開催されます。詳細は下記をご覧ください。 https://www.renatobrazjapan2019.com/
8
【ジェトロ・アジア経済研究所】夏期公開講座:コース8「インクルーシブビジネスと開発」のご案内 13:30
【ジェトロ・アジア経済研究所】夏期公開講座:コース8「インクルーシブビジネスと開発」のご案内
8月 8 @ 13:30 – 17:00
アジア経済研究所では、2019年8月8日(木)に「コース8 インクルーシブビジネスと開発」を開催します。 内閣府を中心に日本政府もコミットメントを強化しているSDGs(持続可能な開発目標)は、地球環境の保全と並んで途上国の社会課題解決を柱にしています。しかしながら国際機関や公的機関の資金調達力には限界があることから、民間団体、民間企業の役割に対する期待が高まっています。 こうした動きは、フェアトレード、BOPビジネス、CSR(企業の社会的責任)などといった運動の延長線上にもありますが、他方近年ではビジネスの本業の 中に社会課題解決を組み込むCSV(価値協創)へ向けた動きも生まれており、投資家のESG(環境・社会・企業統治)投資という動き(SDGs投資と呼ばれることもあります)がこれを加速化させています。 本講座では、こうした背景のもとに民間企業がどのようにビジネスを通じた開発課題解決に取り組んでいるのか、その際どのようなパートナーと協働する可能性があるのか、について事例紹介を含めた問題提起と情報提供を行います。 皆様のご参加お待ちしております。 日 時:2019年8月8日(木) 13時30分~17時00分(開場13時00分) 会 場:ジェトロ本部5階ABCD会議室    (東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階) 最寄駅:東京メトロ 南北線六本木一丁目駅          銀座線溜池山王駅              日比谷線神谷町駅 13:30~13:35  趣旨説明 13:35~14:10  「SDGs時代における開発とビジネス」         佐藤 寛(ジェトロ・アジア経済研究所研究推進部          上席主任調査研究員) 14:10~14:50 「イノベーションと社会課題解決」 井上 直美 氏(東京外国語大学現代アフリカ研究センター特別研究員) 14:50~15:00  休憩 15:00~15:40  「開発問題への取り組みと企業価値向上」          足立 伸也 氏(日本生産性本部グローバルマネジメントセンター プロデューサー) 15:40~17:00  「パネルディスカッション」          モデレーター:          佐藤 寛          パネリスト:          深町 英樹 氏(一般社団法人Gemstone代表)     佐久 志歩 氏(明和工業株式会社海外事業部 プロジェクトマネージャー) 菊池 淳子 氏(日本工営株式会社 SDGs&CSR戦略ユニット長) 井上 直美 氏 足立 伸也 氏 [お申込み方法・受付] https://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/190808_summer08.html お申し込み締切:2019年8月1日(木)17時00分 言 語:日本語 主 催:ジェトロ・アジア経済研究所 受講料(1コースあたり): 1.一般:4,000円 2.アジ研賛助会正会員 、アジ研賛助会個人利用会員:無料 3.ジェトロ・メンバーズ:1口につき先着1名まで無料。 2人目より4,000円/人 ※2人目のお申し込みがあった場合は、その旨当方よりご連絡し、出欠の確認をいたします。 4.学生:2,000円(学生料金をご希望の場合、当日受付にて学生証の提示をお願いします。提示が無い場合は一 般料金となります。) ※ただし、アジ研賛助会正会員大学の学生は無料でご参加いただけます。 定 員:100名(※入場無料・先着順・要申込) ※定員に達した段階で締め切らせていただきます。 ※オンラインでのお申し込み手続きを終了した後で受講コースの追加・修正等をご希望になる場合には、下記の お問い合せ先までご連絡ください。 ※取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性がありますのでご了承ください。 ◆お問合わせ先 ジェトロ・アジア経済研究所 研究推進部 研究イベント課 Tel:043-299-9536 E-mail:kakikoza@ide.go.jp
9
山田 彰 駐ブラジル日本大使講演会 「ブラジルの最新情勢:ボルソナーロ政権の課題と展望」(仮題) 15:00
山田 彰 駐ブラジル日本大使講演会 「ブラジルの最新情勢:ボルソナーロ政権の課題と展望」(仮題)
8月 9 @ 15:00 – 16:30
今年1月にブラジルのボルソナーロ政権が発足して6カ月が経ちました。自由化・民営化などの経済改革を掲げて登場した新政権ですが、下院議席の10%を下回る与党・社会民主党(PSL)の脆弱な議会内基盤から改革に向けた議会対策が順調に進んでいるとは言い難い状況にあります。この影響も含め、就任以来、ボルソナーロ大統領の人気は低下傾向にあります。 他方、経済面では、減速が危惧される世界経済の影響は避けられないものの、インフレ率のコントロールが順調に推移するなど、全体としては、景気の底打ち感が認められる状況と言えます。 加えて、20年間の交渉を経て、6月27日に合意したEU・メルコスール間自由貿易協定(FTA)は中長期的にブラジル経済に大きな利益をもたらすものと期待されています。今後の最大の関心は、年内成立を目指す年金改革法案の行方です。 ブラジルの財政健全化は急務の課題ですが、議会運営上のハードルに加え、国民に痛みを強いる改革でもあるため、審議の進展が注目されます。 今般、ラテンアメリカ協会は日本ブラジル中央協会との共催で、一時帰国される山田彰駐ブラジル大使をお招きし、最新のブラジル情勢についてご講演をいただきます。ブラジルの現状と今後の展望を知るうえで絶好の機会となりますので、奮ってご参加ください。 日時 2019年8月9日(金)15:00~16:30 会場 新橋ビジネスフォーラム 港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル8階、Tel. 03-5843-9169 http://biz-forum.jp/access.html 講演題 「ブラジルの最新情勢:ボルソナーロ政権の課題と展望」(仮題) 講師 山田 彰 駐ブラジル日本国特命全権大使 主催 一般社団法人ラテンアメリカ協会、一般社団法人日本ブラジル中央協会 参加費 会員 2,000 円、非会員 3,000 円 大学院・大学生 無料 お申込み 下記Webサイトより2019年8月5日(月)までに、お一人ずつご登録ください。  URL:https://latin-america.jp/seminar-entry 【備考】 ①申込み受付:先着85名までです。お早めに以下からお申込み下さい。 ②申込締め切り:2019年08月05日(月) 【お問い合わせ】 <ラテンアメリカ協会> 〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル120A Tel: 03-3591-3831 Fax: 03-6205-4262 E-mail: info@latin-america.jp 講演会案内資料 20190809山田駐ブラジル大使講演会案内[PDF]
ボリビア映画会 18:00
ボリビア映画会
8月 9 @ 18:00 – 21:00
2019年度最初の日本ボリビア協会主催イベントとして、昨年に引き続き「ボリビア映画会」を開催いたします。 まだ、約1か月先でお盆休みの入口になりますが、好評を頂いた昨年と同じボリビアのウカマウ集団制作の「鳥の歌」を、この映画の 日本への紹介者である 太田昌国さんの解説付きでご覧いただきます。 ご家族やお友達などお誘いあわせのうえ、多数ご参加ください。お待ちしております。 日時 2019年8月9日(金) 18:30〜20:55 会場 東京・西麻布・ラテンアメリカサロン 港区西麻布4−12−24 興和西麻布ビル8階  (在日ボリビア大使館のあるビルの8階) 最寄り駅 都営バス西麻布下車徒歩2分 (当駅までJR渋谷駅から乗車約15分、内幸町・新橋から約30分) 地下鉄六本木駅から都営バス5分、徒歩13分、乃木坂駅から徒歩12分 会費 会員 500円、一般 1000円 (飲み物・軽食付き) 申込締切 先着30名 申込先 admin@nipponbolivia.org 直前・当日連絡先 090−3923−0024
10
12
13
14
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー2019夏 15:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー2019夏
8月 14 @ 15:00 – 21:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー2019夏
14(wed) 東京 杉並 イタヤカフェ  昼の部 開場1500 開演1530 夜の部 開場1730 開演1800 料金2500円(1dr付) ※1ステージ入替制のコンサート 03-3315-9580
15
16
アルゼンチン映画『永遠に僕のもの』8月16日より公開
アルゼンチン映画『永遠に僕のもの』8月16日より公開
8月 16 全日
原題:EL ANGEL 監督:ルイス・オルデガ プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア 出演:ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス 2018年/アルゼンチン、スペイン/115分 8月16日から東京・渋谷のシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開 https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono/ 1970年代のブエノスアイレス。10代の美少年カルリートスは、盗むことに異常な快感を覚えることに気づく。カルリートスは学校で出会った友人ラモンと簡単に殺人を犯し、次第に二人の蛮行はエスカレートし連続殺人へと発展していく。 70年代、アルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが製作を務めたクライム青春ドラマ。 主人公カルリートスのモデルとなったのはカルロス・エデゥアルド・ロブレド・プッチ。その美しい容姿から「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され大きな話題を集めた。本作が映画デビューとなる俳優ロレンソ・フェロが主人公カルリートスを演じる。
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ 16:00
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ
8月 16 @ 16:00 – 19:00
8月16日(金)~18日(日) [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 詳細は下記をご覧ください。 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/gonzalo-rubalcaba/  超絶的なリズム感、限りなく美しい音色、他の追随を許さないテクニックを持つピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ。天与の美声と抜群の表現力の持ち主で“セリア・クルースの再来”との声もあるアイメー・ヌビオラ。キューバが生んだ稀代の才人ふたりが新プロジェクト「風と時間」(Viento y Tiempo)を始動、そのワールド・プレミア・パフォーマンスをブルーノート東京で繰り広げる。過去何度かレコーディングやライヴ等で共演したことはあるものの、プロジェクトに取り組むのはこれが初めて。バック・ヴォーカリストやホーン・セクションも加えた大編成で、真夏の夜の東京にキューバ音楽の真髄を響かせる。
17
アンデス文明研究会 夏季講座 14:00
アンデス文明研究会 夏季講座
8月 17 @ 14:00 – 17:00
【日時】 2019年8月17日(土)14:00~17:00 【講師】 海部 陽介(国立科学博物館 人類研究部人類史研究グループ)【テーマ】「日本人はどこから来たのか? -航海者だった祖先たち-」【場所】 東京外国語大学本郷サテライト 5階     地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3~5分     JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8~10分     http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html 【受講料】入会案内はメールで、「名前」「住所」「電話番号」      および入会ご希望の旨をお知らせください。      メールのあて先:andes@r5.dion.ne.jp      入会金:1000円      年会費:4000円(毎年4月更新)      定例講座受講料:6000円(3カ月) 【試受講制度】      非会員の方が特別に定例講座を受講されたい場合、      1回 3000円で試し受講することができます。
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏 15:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
8月 17 @ 15:00 – 17:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
17(sat) 船橋 前原 レストランMOMO 開場1500 開演1530 料金3000円(1dr付) 047-478-2182
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ 16:00
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ
8月 17 @ 16:00 – 19:00
8月16日(金)~18日(日) [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 詳細は下記をご覧ください。 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/gonzalo-rubalcaba/  超絶的なリズム感、限りなく美しい音色、他の追随を許さないテクニックを持つピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ。天与の美声と抜群の表現力の持ち主で“セリア・クルースの再来”との声もあるアイメー・ヌビオラ。キューバが生んだ稀代の才人ふたりが新プロジェクト「風と時間」(Viento y Tiempo)を始動、そのワールド・プレミア・パフォーマンスをブルーノート東京で繰り広げる。過去何度かレコーディングやライヴ等で共演したことはあるものの、プロジェクトに取り組むのはこれが初めて。バック・ヴォーカリストやホーン・セクションも加えた大編成で、真夏の夜の東京にキューバ音楽の真髄を響かせる。
18
NHKラジオ第一「マイあさ!」ブエノスアイレス紹介 出演:相川知子 05:30
NHKラジオ第一「マイあさ!」ブエノスアイレス紹介 出演:相川知子
8月 18 @ 05:30 – 06:30
NHKラジオ第一「マイあさ!」 8月18日(日)午前5時42分 マイあさだより ブエノスアイレス紹介 出演:相川知子 https://www4.nhk.or.jp/my-asa/
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏 16:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
8月 18 @ 16:00 – 18:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
18(sun) 西船橋 コンサートサロン ALKAS  開場1600 開演1630  料金3000円(完全予約制)  *予約・問合せ: すずき企画 090-3064-6652, suzuki.kikaku.k@gmail.com
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ 16:00
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ & デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ
8月 18 @ 16:00 – 19:00
8月16日(金)~18日(日) [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 詳細は下記をご覧ください。 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/gonzalo-rubalcaba/  超絶的なリズム感、限りなく美しい音色、他の追随を許さないテクニックを持つピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ。天与の美声と抜群の表現力の持ち主で“セリア・クルースの再来”との声もあるアイメー・ヌビオラ。キューバが生んだ稀代の才人ふたりが新プロジェクト「風と時間」(Viento y Tiempo)を始動、そのワールド・プレミア・パフォーマンスをブルーノート東京で繰り広げる。過去何度かレコーディングやライヴ等で共演したことはあるものの、プロジェクトに取り組むのはこれが初めて。バック・ヴォーカリストやホーン・セクションも加えた大編成で、真夏の夜の東京にキューバ音楽の真髄を響かせる。
19
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ&デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ 17:00
ゴンサロ・ルバルカバ・ソロ&デュオ・ウィズ・アイメー・ヌビオラ
8月 19 @ 17:00 – 20:30
8月19日(月) [1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm [2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm 会場:コットンクラブ 後援:駐日キューバ共和国大使館 詳細は下記をご覧ください。 http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/gonzalo-rubalcaba-ayme-nuviola/  超絶的なリズム感、限りなく美しい音色、他の追随を許さないテクニックを持つピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ。天与の美声と抜群の表現力の持ち主で“セリア・クルースの再来”との声もあるアイメー・ヌビオラ。キューバが生んだ稀代の才人ふたりが新プロジェクト「風と時間」(Viento y Tiempo)を始動、そのワールド・プレミア・パフォーマンスをブルーノート東京で繰り広げる。過去何度かレコーディングやライヴ等で共演したことはあるものの、プロジェクトに取り組むのはこれが初めて。バック・ヴォーカリストやホーン・セクションも加えた大編成で、真夏の夜の東京にキューバ音楽の真髄を響かせる。
20
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ 17:30
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ
8月 20 @ 17:30 – 23:30
日時:8月20日(火)~22日(木) 会場:ブルーノート東京 後援:駐日コロンビア大使館、駐日ブラジル大使館 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/edmar-castaneda/ 世界をまたにかける天才ふたりが、ついに日本で出会う。上原ひろみとの共演で強烈な印象を残したハープ奏者エドマール・カスタネーダと、パコ・デ・ルシアが「ジャンルを超えた後継者」と称賛する7弦ギター奏者ヤマンドゥ・コスタの、世界初となるデュオ公演だ。コロンビア生まれのエドマールは13歳からハープを開始。’90年代半ばからN.Y.のジャズ界で創造的な活動を続けている。 ヤマンドゥは7歳からギターを始め、2001年にブラジル器楽奏者の登竜門“プレミオ・ビザ (Visa音楽大賞)” のコンクールで優勝。昨年のソロ公演も圧倒的な反響を呼んだ。驚愕のテクニックと豊かなイマジネーションを併せ持つふたりの“音の会話”に期待が高まる。
21
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
8月 21 全日
日時:8月21日(水)~25日(日) 会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター チケット料金:一般:4,000円 平日割:3,500円 学生:2,800円 ※当日券は前売券+500円 詳細・予約は下記をご覧ください。 http://valparaiso.strikingly.com/  アルゼンチンに11ヶ月間滞在した神里が南米各地を訪ねて紡いだ物語。そこで出会ったアルゼンチンの俳優・ダンサーと、日系移民の家系生まれでブラジル育ち、欧州でも注目を集めるダンサーのエドゥアルド・フクシマが、その物語を体現。地球の反対側からやってきた彼らが自分たちの言葉で語る演劇。 神里雄大(かみさとゆうだい): 1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性が注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。 政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度~2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ 17:30
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ
8月 21 @ 17:30 – 23:30
日時:8月20日(火)~22日(木) 会場:ブルーノート東京 後援:駐日コロンビア大使館、駐日ブラジル大使館 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/edmar-castaneda/ 世界をまたにかける天才ふたりが、ついに日本で出会う。上原ひろみとの共演で強烈な印象を残したハープ奏者エドマール・カスタネーダと、パコ・デ・ルシアが「ジャンルを超えた後継者」と称賛する7弦ギター奏者ヤマンドゥ・コスタの、世界初となるデュオ公演だ。コロンビア生まれのエドマールは13歳からハープを開始。’90年代半ばからN.Y.のジャズ界で創造的な活動を続けている。 ヤマンドゥは7歳からギターを始め、2001年にブラジル器楽奏者の登竜門“プレミオ・ビザ (Visa音楽大賞)” のコンクールで優勝。昨年のソロ公演も圧倒的な反響を呼んだ。驚愕のテクニックと豊かなイマジネーションを併せ持つふたりの“音の会話”に期待が高まる。
22
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
8月 22 全日
日時:8月21日(水)~25日(日) 会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター チケット料金:一般:4,000円 平日割:3,500円 学生:2,800円 ※当日券は前売券+500円 詳細・予約は下記をご覧ください。 http://valparaiso.strikingly.com/  アルゼンチンに11ヶ月間滞在した神里が南米各地を訪ねて紡いだ物語。そこで出会ったアルゼンチンの俳優・ダンサーと、日系移民の家系生まれでブラジル育ち、欧州でも注目を集めるダンサーのエドゥアルド・フクシマが、その物語を体現。地球の反対側からやってきた彼らが自分たちの言葉で語る演劇。 神里雄大(かみさとゆうだい): 1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性が注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。 政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度~2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ 17:30
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ
8月 22 @ 17:30 – 23:30
日時:8月20日(火)~22日(木) 会場:ブルーノート東京 後援:駐日コロンビア大使館、駐日ブラジル大使館 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/edmar-castaneda/ 世界をまたにかける天才ふたりが、ついに日本で出会う。上原ひろみとの共演で強烈な印象を残したハープ奏者エドマール・カスタネーダと、パコ・デ・ルシアが「ジャンルを超えた後継者」と称賛する7弦ギター奏者ヤマンドゥ・コスタの、世界初となるデュオ公演だ。コロンビア生まれのエドマールは13歳からハープを開始。’90年代半ばからN.Y.のジャズ界で創造的な活動を続けている。 ヤマンドゥは7歳からギターを始め、2001年にブラジル器楽奏者の登竜門“プレミオ・ビザ (Visa音楽大賞)” のコンクールで優勝。昨年のソロ公演も圧倒的な反響を呼んだ。驚愕のテクニックと豊かなイマジネーションを併せ持つふたりの“音の会話”に期待が高まる。
23
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
8月 23 全日
日時:8月21日(水)~25日(日) 会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター チケット料金:一般:4,000円 平日割:3,500円 学生:2,800円 ※当日券は前売券+500円 詳細・予約は下記をご覧ください。 http://valparaiso.strikingly.com/  アルゼンチンに11ヶ月間滞在した神里が南米各地を訪ねて紡いだ物語。そこで出会ったアルゼンチンの俳優・ダンサーと、日系移民の家系生まれでブラジル育ち、欧州でも注目を集めるダンサーのエドゥアルド・フクシマが、その物語を体現。地球の反対側からやってきた彼らが自分たちの言葉で語る演劇。 神里雄大(かみさとゆうだい): 1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性が注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。 政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度~2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
24
ドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』8月24日より公開
ドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』8月24日より公開
8月 24 全日
原題:Where Are You, João Gilberto ? 監督:ジョルジュ・ガショ 出演:ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ 上映時間:111分/配給:ミモザフィルムズ/製作国スイス・ドイツ・フランス 後援:在日スイス大使館、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ東京、ブラジル大使館 8月24日から「新宿シネマカリテ」「YEBISU GARDEN CINEMA」ほか全国で順次公開 http://joao-movie.com/ “ボサノヴァの神様”と言われるジョアン・ジルベルトに会うため、リオデジャネイロに向かったドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャー。彼が残した1冊の本「Ho-ba-la-lá: À Procura de João Gilberto」に感銘を受けたガショ監督が、亡き彼の想いを胸にジョアン・ジルベルトゆかりの人々や土地を訪ね歩く音楽ドキュメンタリー。
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
8月 24 全日
日時:8月21日(水)~25日(日) 会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター チケット料金:一般:4,000円 平日割:3,500円 学生:2,800円 ※当日券は前売券+500円 詳細・予約は下記をご覧ください。 http://valparaiso.strikingly.com/  アルゼンチンに11ヶ月間滞在した神里が南米各地を訪ねて紡いだ物語。そこで出会ったアルゼンチンの俳優・ダンサーと、日系移民の家系生まれでブラジル育ち、欧州でも注目を集めるダンサーのエドゥアルド・フクシマが、その物語を体現。地球の反対側からやってきた彼らが自分たちの言葉で語る演劇。 神里雄大(かみさとゆうだい): 1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性が注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。 政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度~2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
「逆境の時の友こそ真の友:福島とメキシコからのコンサート」 16:00
「逆境の時の友こそ真の友:福島とメキシコからのコンサート」
8月 24 @ 16:00 – 19:00
コンサートのご案内 「逆境の時の友こそ真の友:福島とメキシコからのコンサート」 Invitación al concierto “Amigos en la Adversidad, amigos de verdad: Concierto de Fukushima y Hiroshima” 2019年8/24(土)午後4時から在日メキシコ大使館大使公邸にて、吹奏楽演奏と合唱のコンサート「逆境の時の友こそ真の友:福島とメキシコからのコンサート」(主催:ふくしま国際音楽祭、在日メキシコ大使館)が開催されます。 環太平洋火山帯上に位置するメキシコと日本は地震大国です。しかしながら、粘り強く困難から立ち直るすべを知る両国民は、100年以上にもわたり互いを助け連帯を強めていきました。 この度の『逆境の時の友こそ真の友:福島とメキシコからのコンサート』は、これまで大地震が発生したときに相互に支え励ましあってきたすべての日本とメキシコ国民の団結を思い起こす機会となるでしょう。 Ubicados en el “Anillo de Fuego” del Pacífico, tanto México como Japón son tierras de alta sismicidad. Ambos pueblos nos hemos brindado solidaridad y apoyo mutuo en tiempos de adversidad, durante casi cien años, “Amigos en la Adversidad, amigos de verdad: Concierto de Fukushima y México” es un evento para conmemorar a todos los mexicanos y japoneses que han ofrecido y recibido apoyo recíprocamente después de grandes desastres naturales. 被災された方々を勇敢に助け支えてきたすべての人々に敬意を表し、2011年東日本大震災を経験した福島県内中学校高校の生徒の皆さまが、この度メキシコと日本の音楽を私たちに披露してくださいます。また、著名なメキシコ人オペラ歌手のホセ・アダン・ペレス氏、日本の卓越したピアニストである森川実千代氏ならびに結城奈央氏も学生たちと共に演奏されます。 En esta ocasión, para honrar a todos los que han aportado su esfuerzo y coraje para ayudar a las víctimas […]
25
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
第62回岸田國士戯曲賞受賞作品 神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演
8月 25 全日
日時:8月21日(水)~25日(日) 会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター チケット料金:一般:4,000円 平日割:3,500円 学生:2,800円 ※当日券は前売券+500円 詳細・予約は下記をご覧ください。 http://valparaiso.strikingly.com/  アルゼンチンに11ヶ月間滞在した神里が南米各地を訪ねて紡いだ物語。そこで出会ったアルゼンチンの俳優・ダンサーと、日系移民の家系生まれでブラジル育ち、欧州でも注目を集めるダンサーのエドゥアルド・フクシマが、その物語を体現。地球の反対側からやってきた彼らが自分たちの言葉で語る演劇。 神里雄大(かみさとゆうだい): 1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性が注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。 政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度~2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
26
27
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏 19:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
8月 27 @ 19:00 – 21:00
Caja Mágica 早川純 バンドネオン・ソロツアー 2019夏
27(tue) 東京 四谷 小さな喫茶店 homeri  開場1900 開演1930  予約2500円 当日3000円(+2dr order)  homeri.yotsuya@gmail.com, 050-5278-2460(LOCO)
28
アカ・セカ・トリオ ジャパン・ツアー 2019 19:00
アカ・セカ・トリオ ジャパン・ツアー 2019
8月 28 @ 19:00 – 23:00
アカ・セカ・トリオ ジャパン・ツアー 2019 8月22日(木)岡山 蔭凉寺 8月23日(金) 大阪ビルボード 8月25日(日)富山 円形劇場ヘリオス(SUKIYAKI MEETS THE WORLD) 8月28日(水)渋谷 WWW https://www-shibuya.jp/schedule/011212.php アルゼンチン音楽/現代フォークロアの最前線を走るグループが待望の来日公演。1998年にフアン・キンテーロ(g)、アンドレス・ベエウサエルト(p)、マリアーノ・カンテーロ(perc)の3名でラプラタ大学内にて結成したアカ・セカ・トリオは、アルゼンチンで最も権威ある音楽賞「ガルデル賞」の最優秀アルバムへのノミネートや、様々なアウォードを受賞するなど輝かしい功績を残し、名実ともに現代アルゼンチン音楽界を牽引するグループとして君臨している。
29
国立女性教育会館主催2019年度「男女共同参画推進フォーラム」フォーラム No.47 『多様な国 メキシコの輝き~女性活躍の現状を知る~』 15:30
国立女性教育会館主催2019年度「男女共同参画推進フォーラム」フォーラム No.47 『多様な国 メキシコの輝き~女性活躍の現状を知る~』
8月 29 @ 15:30 – 17:30
国立女性教育会館主催2019年度「男女共同参画推進フォーラム」フォーラム No.47 『多様な国 メキシコの輝き~女性活躍の現状を知る~』 メキシコの女性の活躍の現状を、昨年の視察研修報告から知り、今、私たちに何ができるのかを話し合いませんか?    日時:2019年8月29日(木)15:30~17:30    会場:国立女性教育会館 研修棟 2F 大会議室 資料代:300円 『海外視察研修報告書』500円・300円 企画: 一般社団法人国際女性教育振興会 TEL: 03-3436-5877 Email: iwea2@abelia.ocn.ne.jp HP: http://www.iwea.or.jp 国立女性教育会館主催2019年度「男女共同参画推進フォーラム」の詳細は、以下サイトをご覧ください。 https://www.nwec.jp/event/training/g_forum2019.html 添付資料 ■ 令和元年度「男女共同参画推進フォーラム」ワークショップ一覧[PDF] ■ 2019年度「男女共同参画推進フォーラム」_チラシ[PDF] ■ 2019年度「男女共同参画推進フォーラム」_日帰り申込書[PDF] ■ 2019年度「男女共同参画推進フォーラム」_開催要領[PDF]
31
第38回浅草サンバカーニバル 13:00
第38回浅草サンバカーニバル
8月 31 @ 13:00 – 18:00
第38回浅草サンバカーニバル 8月31日(土)午後1時~6時 https://www.asakusa-samba.org/