イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
ラテンアメリカ探訪アート展 Nosotros 4
ラテンアメリカ探訪アート展 Nosotros 4
1月 8 全日
日時: 2021年1月8日(金曜日)~ 3月1日(月曜日) 10時00分~18時00分(最終入館17時30分) 会場: JICA横浜 2階回廊・3階展示室 入館料: 無料 https://www.jica.go.jp/yokohama/event/2020/210108-0301.html 安藤二葉(版画)、イイヅカ・サトコ(版画)、エスコバル瑠璃子(絵画)、貝谷吉浩(チャランゴ)、木村健太郎(陶器)、柴田大輔(写真)、すずきさち(写真)、西村FELIZ(人形)、土方美雄(インスタレーション)、松川暖子(絵画)、村井エレーナ(絵画)、山本和彦(写真)、吉永蛍(絵画)
9
10
11
12
13
14
15
16
メキシコのドキュメンタリー映画『ミッドナイト・ファミリー』
メキシコのドキュメンタリー映画『ミッドナイト・ファミリー』
1月 16 全日
メキシコのドキュメンタリー映画『ミッドナイト・ファミリー』 原題:Midnight Family 監督:ルーク・ローレンツェン 2019年/81分/メキシコ 2021年1月16日(土)よりユーロスペースほか日本公開予定 https://www.madegood.com/ja/midnight-family/ メキシコ・シティでは、人口900万人に対し、行政が運営する救急車は45台にも満たない。そのため、専門訓練もほとんどなく、認可も得ていない営利目的の救急隊という闇ビジネスが生まれている。 オチョア家族もその一つだ。 同業者と競い合って、緊急患者を搬送する毎日。この熾烈なビジネスで日銭を稼ごうと奮闘するオチョア家だが、現実はそう甘くない。腐敗した警察による取り締まりが、さらに家族を窮地へと追いやっていく。 「ミッドナイト・ファミリー」は、倫理的に疑問視されるオチョア家の稼業を、人間味あふれる視点で捉えつつ、メキシコの医療事情、行政機能の停滞、自己責任の複雑さといった差し迫った課題を私たちに突きつける。
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 01月 10:30
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 01月
1月 16 @ 10:30 – 12:00
【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年1月】 【日時】 2021年 1月16日(土)10:30~12:00(メキシコ時間19:30~21:00) 【講師】 金子明(メキシコ国立人類学歴史学研究所チアパス州センター教授) 【テーマ】 「ヤシュチランとイグレシア・ビエハ遺跡の調査」 (注)メキシコからの講義なので、時間帯が変更になります。メキシコで有名なマヤ研究者です。 【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可  【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照       https://andesken.jimdofree.com/ 【オンライン講座ご参加の方法】  上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。  Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com
17
18
19
20
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)2021年1月20日(水)10:30-17:00開催 10:30
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)2021年1月20日(水)10:30-17:00開催
1月 20 @ 10:30 – 16:45
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)2021年1月20日(水)10:30-17:00開催 【日時】2021年1月20日(水)10:30~17:00 【会場】日外協・セミナールーム 【参加費】会員 5,500円/名、商工会議所会員 11,000円/名、      一般16,500円/名(消費税込、資料代含む) 詳細・お申込みは下記URLをご覧ください。 https://joea.or.jp/event/52136 お問い合わせ先 一般社団法人 日本在外企業協会 海外安全センター TEL:03-3567-9271 FAX:03-3564-6836 URL:https://www.joea.or.jp E-mail:nichigaikyoevent_send@joea.or.jp
21
22
23
オンラインコンサート「Chaka string Quarteto」 16:00
オンラインコンサート「Chaka string Quarteto」
1月 23 @ 16:00 – 16:50
オンラインコンサート「Chaka string Quarteto」 インスティトゥト・セルバンテス ライブストリーミング 2021年1/23(土)16:00-16:50 下記よりお申し込みください。(無料) https://concierto-chaka.peatix.com/ 世界を舞台に活躍、キューバ・スペイン音楽、ラテンジャズを演奏するヴァイオリニスト、SAYAKAの呼びかけにより、2016年よりスタートした弦楽器アンサンブルのプロジェクトChaka String Quartet。 NHK交響楽団などクラシックの第一線で活躍する精鋭メンバーと共に、インスティトゥト・セルバンテスのオンラインチャンネルで無料のオンラインコンサートを開催します。 クラシックの名曲、ラテンアメリカ音楽、スペイン民謡、ジャズそして日本の民謡作品など、遊び心たっぷりのオリジナルアレンジで演奏します。スペイン・ラテンアメリカの音楽のお話、楽器の説明やダンスのデモンストレーションもあり! 出演者(予定): SAYAKA violin] 景澤恵子 violin 山田那央 viola 香月圭佑 cello 櫛田満 perc. Carlos Cespedes vocal GENKI 司会、ダンス 演奏予定曲(オリジナルアレンジ) ラテンアメリカのクラシックよりマラゲーニャ / レクオーナ / ナザレ / イグナシオ・セルバンテス / リベルタンゴ /サマータイム / 日本民謡メドレー(/ コーヒールンバ / ボレロ オリジナル作品他
TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL  監督トーク付『Cu-Bop across the border』上映会(視聴期間1/21~27) 19:30
TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL  監督トーク付『Cu-Bop across the border』上映会(視聴期間1/21~27)
1月 23 @ 19:30 – 21:00
TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL  監督トーク付『Cu-Bop across the border』上映会(視聴期間1/21~27) 高橋慎一監督トーク日時:1月23日(土)19時30分〜21時 Parte 1 Cu-Bopの舞台裏で(高橋監督) Parte 2 キューバの女性たち(高橋監督×TWFF) 『Cu-Bop across the border』オンライン上映日時: 1月21日(木)12時〜1月27日(水)23時 料金:1500円(トークイベント付き上映視聴券) 申し込みは下記をご覧ください。 https://cu-bop-twff.peatix.com/ https://www.twff.info/ 製作/Kamita Label 監督・撮影/高橋 慎一 日本・キューバ合作 スペイン語・英語(日本語字幕) 98min  映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。  2015年に公開され、話題を呼んだ『Cu-Bop』が、再撮影・再編集によって新たに生まれた世界公開版『Cu-Bop across the border』(2018)をオンライン上映。  23日には監督のオンラインでのトークイベントが開催される。
24
25
26
27
28
29
アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
1月 29 全日
アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』 原題:FRIDA KAHRO 監督:アリ・レイ 90分/2020年 2021年1月29日(金)~TOHOシネマズ シャンテほかで公開予定 【料金】大人2,000円 学生1,500円 (税込) ※映画館の各種割引や、株主優待券等は使用できません。 https://artonscreen.jp/lineup.html  アート・オン・スクリーンは、“映画館の大画面で美術を楽しむ”という全く新しい体験を提案するアート・ドキュメンタリーシリーズ。現地の風景、建築、文化に触れながら、時代背景と共に専門家による解説と併せてアーティストの人生に迫り、作品に秘められた想いを紐解く映像エンターテインメント。  自身の人生をカンヴァスに描き続けた、メキシコの現代絵画を代表するフリーダ・カーロ。画家としての彼女を、私たちはどれだけ「本当に」知っているだろうか?  現在『フリーダ・カーロ博物館』となっている彼女の生家である有名な『青い家』や、メキシコシティにあるフリーダ・カーロの作品を所有するすべての美術館、ギャラリー、また各国で開催されている彼女に関する展覧会も収録。  花冠とカラフルな民俗衣装をまとい、時代のミューズとなった彼女の人生の根底に流れるものを、民俗芸術の第一人者としても知られる彼女の絵画を通じて探る。  彼女の日記や書簡を紐解き、魅惑的で壊れやすくも、激しく燃えたフリーダの魂を解き明かしていく。
30
31