イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

23 24 25 26 27 28 29
終日
農林水産省からのお知らせ:【参加企業募集】 中南米アグリビジネスマッチング~日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察~
農林水産省からのお知らせ:【参加企業募集】 中南米アグリビジネスマッチング~日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察~
1月 27 終日
農林水産省では中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業を実施しており、中南米諸国の日系農業者等と日本企業のビジネス交流を進めています。 世界の農業を牽引する中南米には農業・食産業分野に大きなポテンシャルがあり、210万人の日系社会の存在は日本企業の中南米市場展開への足掛かりになります。 現地での日本の農業分野の技術・商品への期待は高く、さらに健康食品として日本食が注目されています。 中南米日系農業者等とのビジネスにご関心がある方は、ぜひご応募ください! 【パンフレット】:http://www.nikkeiagri.jp/R4/doc/NikkeiAgriBusiness2022-23.pdf 農林水産省サイト:http://www.nikkeiagri.jp/R4/agribusiness.html#00 〇内容:①中南米アグリビジネス商談会(対面式)       日程 :2022年10月25日(火)午後       場所 :東京(農林水産省内会議室)       参加者:中南米展開に関心を有する日本企業数社、中南米日系農業関係者       ※場合により、会議室での商談ではなく企業訪問(10月~11月の期間、半日程度)をご相談することがあります。      ②中南米現地視察       日程案:2023年1月27日~2月6日(11日間)       内容 :ブラジルを中心とした中南米の農業現場訪問・市場視察       参加者:①に参加した日本企業の中から、2社程度の派遣を予定 〇対象 :中南米でのアグリビジネスに関心を有する日本企業 〇対象国:中南米諸国(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、メキシコなど) 〇応募 :2022年9月30日(金)正午まで       応募ウェブサイト⇒ http://www.nikkeiagri.jp 〇選考 :①に参加した企業の中から、②の参加企業を選定いたします。 〇備考 :参加費無料、言語サポート(ポルトガル語・スペイン語への通訳)あり 〇事務局:中央開発株式会社 グローバルセンター Tel:050‐3199‐1712 E-Mail:nikkeiagri@ckcnet.co.jp <詳細はウェブサイトをご覧ください> http://www.nikkeiagri.jp/
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
Now: 1月 28 01:52 am
10:00 JETROよりのお知らせ:ジェトロ【ウェビナー】現地所長が語る!2023シリーズ : 2023年の中南米政治経済の展望 開催のご案内
JETROよりのお知らせ:ジェトロ【ウェビナー】現地所長が語る!2023シリーズ : 2023年の中南米政治経済の展望 開催のご案内
1月 24 @ 10:00 – 12:00
ジェトロでは、中南米地域の最新政治経済動向などを現地所長が解説するウェビナーを開催します。 今回の中南米の所長ウェビナーは前編・後編に分けて開催します。前編(メキシコ・コロンビア・ペルー編)を1月24日(火曜)、後編(ブラジル・アルゼンチン・チリ編)を2月1日(水曜)に開催します。 米中摩擦の影響で米国市場ニアショア拠点として注目を集めるメキシコ、2022年8月に左派政権が誕生したコロンビア、2022年12月に大統領が罷免され新政権が誕生したペルー。2023年はいずれの国も政治・経済の行方から目を離すことができない年になります。他方で、コロナ禍を経て発生している世界的な供給制約やインフレの台頭、そして世界的な脱炭素化の流れの中で、各国の経済と産業はどのような影響を受け、今後いかに変化していくのか。本ウェビナーではこうした点について、現地にいるか らこそ分かる視点に基づき解説します。 オンラインの強みを活かし、現地の所長とライブで繋いでお届けしますので、講演後に直接ご質問いただくことも可能です。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 ※本ウェビナーは日本国内の方のみを対象とさせていただきます。 〇ライブ配信日時: 【前編(メキシコ・コロンビア・ペルー編)】 2023年1月24日(火曜)10時00分~12時00分 *日本時間 【後編(ブラジル・アルゼンチン・チリ編)】 2023年2月1日(水曜)10時00分~12時00分 *日本時間 〇場所:オンライン開催 〇受講料:有料      ジェトロ・メンバーズ:1口につき先着1名様まで無料 〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。  前編: https://www.jetro.go.jp/events/ora/6b74b474f45f5a76.html  後編: https://www.jetro.go.jp/events/ora/610d1c0b467b580f.html 〇お問い合わせ ジェトロ海外調査企画課・セミナー/ウェビナーチーム Mail:oraseminar@jetro.go.jp Tel:03-3582-5189(受付時間:9:00-12:00、13:00-17:00 土日祝除く)
21:00 神戸大学ラテンアメリカセミナーからのお知らせ:「Brazil—Japan Cooperation: From Complementarity to Shared Value(Springer社)」出版記念講演 2023年1月27日(金)21:00~23:45(日本時間)
神戸大学ラテンアメリカセミナーからのお知らせ:「Brazil—Japan Cooperation: From Complementarity to Shared Value(Springer社)」出版記念講演 2023年1月27日(金)21:00~23:45(日本時間)
1月 27 @ 21:00 – 23:45
 神戸大学経済経営研究所ラテンアメリカセミナーとブラジリア大学グローバルスタディズセンターは日本ブラジル関係に関する”Brazil—Japan Cooperation: From Complementarity to Shared Value” (Springer社)の出版を記念し、Book Launch Seminarをオンラインで開催します。この本は、日本学術振興会とブラジル教育省高等教育評価支援機構(CAPES)の支援を受けて行われた同センター教員が所属するブラジリア大学国際関係学部(IREL-UnB)と日本のブラジル研究者の共同研究の成果です。日本側は浜口伸明(神戸大学)、子安昭子(上智大学)、山崎圭一(横浜国立大学)、河合沙織(龍谷大学)、舛方周一郎(東京外国語大学)が参加し、各章は両国の研究者による共著論文です。 この本のテーマは、技術・資本力と天然資源という強い相補性に基づいて発展してきた日本ブラジル関係が、両国の経済・社会構造の変化を受けて、新たな地平を切り開くために共有する価値を共に創造してゆくパートナーとして発展する転換の視点です。各章では、地球環境、グローバルヘルス、アフリカを念頭に置いた国際開発といったグローバルな課題での協力や、日系人定住化から学ぶ多文化共生社会への課題や、格差社会ブラジルに必要な質の高い労働創出に資する日本のカイゼンの概念の普及などの二国間関係が取り上げられています。 セミナーでは江口雅之JICAブラジル事務所長からのご挨拶、林禎二駐ブラジル大使のご講演に続いて、オンラインで日本とブラジルから執筆者が各章の主な内容をご紹介します。使用言語は英語/ポルトガル語混合のバイリンガル仕様となります(通訳はありません)。皆様のご参加をお待ちしております。 講演会案内パンプレット[PDF] ライブ配信日時:2023年1月27日(金)21:00~23:45(日本時間) ウエビナーURL(参加費無料・事前申し込み不要) https://www.youtube.com/@centrodeestudosglobais8459 本は出版社HPよりダウンロード(無料)、あるいは印刷本の購入(有料)が可能です。 https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-19-4029-3 お問合せ https://twitter.com/estudosglobais https://www.facebook.com/estudosglobais/