一般社団法人 ラテンアメリカ協会
  • Bird-Eye-View in Rio de Janeiro

「有識者インタビュー」欄、新規開設のお知らせ】

当協会では、情報ネットワークが拡がるにつれ、政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者からご意見をお聞きする機会が増えています。不定期ですが、ホームページに『有識者インタビュー』の欄を設けることにしました。 有識者紹介、概要は日本語で掲載し、本文は有識者が回答に使用した言語を日本語に訳さずにそのまま掲載します。

これまでブラジルの企業家ウエキ氏、アレクサンダー・サラス・アラヤ駐日コスタリカ大使(「時報2020年秋号」掲載)、メキシコのブランコ元商工大臣に登場頂きましたが、第4回はチリのアルベルト・サラス氏です。同氏はチリの鉱業界では官民で多くの要職を歴任した著名な企業家で、現在は世界最大級のリチウム、ヨード生産会社であるSQM社の会長を務めています。Covid-19のチリ、他ラテンアメリカ諸国への影響、昨年10月に国民投票が行われた憲法改正論議などについて、お聞きしました。今回は有識者紹介、概要は日本語、本文は、質問は英語、回答スペイン語です。

有識者インタビュー一覧

講演会・セミナーのご案内


ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

新型コロナ感染者及び死亡者:中南米の状況(外務省中南米局)
最終更新日時:2021-01-06 15:37:43

お知らせ

  【国際交流サービス協会】在外公館専門調査員の追加試験
  【協会事務所の年末年始休業のお知らせ】[ 12月25日(月)~1月5日(金) ]
  【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「2017年12月チリの大統領決選投票の行方を占う:新興左派票の流れが鍵」(桑山幹夫)
  講演会のご報告「ラテンアメリカ地域向け貿易・事業投資に対する支援事業」 -国際協力銀行(JBIC)と日本貿易保険(NEXI)の事業活動について(2017年11月13日(月)開催)
  【上智大学・米州開発銀行】共催セミナー「SDGs 時代におけるソーシャル・イノベーション」(2017年12月14日(木)開催)
  講演会のご報告「ラテンアメリカ事業展開における機会とリスク~2018年は転機の年になるか?」(2017年11月10日(金)開催)
  講演会のご報告「アルゼンチンと日本の戦略的互恵関係に向けて」(2017年11月7日(火)開催)

イベントのご案内

1月
29
2021
アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
1月 29 終日

アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
原題:FRIDA KAHRO
監督:アリ・レイ
90分/2020年
2021年1月29日(金)~TOHOシネマズ シャンテほかで公開予定
【料金】大人2,000円 学生1,500円 (税込)
※映画館の各種割引や、株主優待券等は使用できません。
https://artonscreen.jp/lineup.html

 アート・オン・スクリーンは、“映画館の大画面で美術を楽しむ”という全く新しい体験を提案するアート・ドキュメンタリーシリーズ。現地の風景、建築、文化に触れながら、時代背景と共に専門家による解説と併せてアーティストの人生に迫り、作品に秘められた想いを紐解く映像エンターテインメント。

 自身の人生をカンヴァスに描き続けた、メキシコの現代絵画を代表するフリーダ・カーロ。画家としての彼女を、私たちはどれだけ「本当に」知っているだろうか?

 現在『フリーダ・カーロ博物館』となっている彼女の生家である有名な『青い家』や、メキシコシティにあるフリーダ・カーロの作品を所有するすべての美術館、ギャラリー、また各国で開催されている彼女に関する展覧会も収録。

 花冠とカラフルな民俗衣装をまとい、時代のミューズとなった彼女の人生の根底に流れるものを、民俗芸術の第一人者としても知られる彼女の絵画を通じて探る。

 彼女の日記や書簡を紐解き、魅惑的で壊れやすくも、激しく燃えたフリーダの魂を解き明かしていく。

2021年1月29日(金) 第16回 ORIS (早稲田大学地域・地域間研究機構) 国際シンポジウム『統合と移民のその後:欧米比較~新型コロナ禍による影響を踏まえて』
1月 29 @ 13:00 – 17:15
日 時 2021年1月29日(金)/ 13:00-17:10
言 語 英語、日本語(同時通訳あり)
開催方法 Zoom Webinarによるオンライン開催
参加費 無料(事前申し込み制
主催 早稲田大学 地域・地域間研究機構
基調講演 「バイデン政権下における米墨関係」
講演者 Rafael Fernández de Castro教授
カリフォルニア大学サンディエゴ校の米墨関係研究所所長
メキシコのカルデロン政権下では大統領の外交問題顧問政権
シンポジウム案内 https://www.waseda.jp/inst/oris/news/2020/12/09/3391/
出演者プロファイル https://www.waseda.jp/inst/oris/assets/uploads/2020/12/5ff3aac4dcbd7a60f0a1d05424217733-1.pdf
参加申し込み (下記サイトから、事前のご登録をお願いいたします)
https://wasedaorissymp-2020.peatix.com/
2月
5
2021
ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』
2月 5 終日

ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』

原題:DIEGO MARADONA
監督・製作総指揮:アシフ・カパディア
出演:ディエゴ・マラドーナ他
2021年2月5日(金)~、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開予定
http://maradona-movie.jp/

 1984年、世界的な人気を誇るアルゼンチン出身のサッカー選手ディエゴ・マラドーナは、熱狂的な観客が集うイタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。ピッチでは“神の手”“5人抜き”でメキシコW杯優勝、“クラブ史上初”のセリエA優勝により、スーパースターとして崇め立てられたかと思いきや、プライベートではマフィアとの交際、愛人とのゴシップ、コカインでの逮捕により、トラブルメーカーとして忌み嫌われてしまう。やがて、サッカーを愛するピュアな“ディエゴ”、マスコミを騒がせるダークな“マラドーナ”という、相反する“二つの顔”が浮かび上がる。

 監督・製作総指揮を手掛けたのは、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、『AMY エイミー』でアカデミー賞R受賞を果たした、イギリスの俊才アシフ・カパディア。2020年に急逝したマラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像と共に、栄光と挫折を繰り返す天才の光と影が明かされる。

 カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネート、ロッテントマト89%大絶賛など、世界中で高く評価された波瀾万丈な人生ドラマ。昨年のマラドーナ氏急死により、4月から2月に日本公開が早まっている。

2月
16
2021
コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン)
2月 16 @ 18:30 – 22:00

コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン)

日時:2021年2月16日(火)午後6時30分―

場所:日経ホール(千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)

入場料:一般 5,000円、子供 2,500円(小学生以上、高校生以下)

詳細:http://www.nikkei-events.jp/concert/210216.html

2月
18
2021
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)
2月 18 @ 10:30 – 17:00

日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)

【日時】2021年2月18日(木)10:30-17:00
【会場】日外協・セミナールーム
【参加費】会員 5,500円/名、商工会議所会員 11,000円/名、
     一般16,500円/名(消費税込、資料代含む)

詳細・お申込みは下記URLをご覧ください。
https://joea.or.jp/event/52220

問い合わせ先

一般社団法人 日本在外企業協会 海外安全センター
TEL:03-3567-9271 FAX:03-3564-6836
URL:https://www.joea.or.jp
E-mail:nichigaikyoevent_send@joea.or.jp

2月
20
2021
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 02月
2月 20 @ 13:30 – 15:00

【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年2月】

【日時】 2021年 2月20日 13:30~15:00
【講師】 村上達也(Tulane大学准教授)
【テーマ】「中央メキシコにおける都市の起源:ポスト・オルメカのメソアメリカ世界」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
 上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。
 Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com

3月
20
2021
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 03月
3月 20 @ 13:30 – 15:00

【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年3月】

【日時】 2021年 3月20日 13:30~15:00
【講師】 市川彰(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員)
【テーマ】 「マヤ文明史理解の鍵を握るマヤ南部地域」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
 上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。
 Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2020/21年冬号(表紙カバー)

特別レポート 特別レポート 2020 年から2021 年のわが国の対ラテンアメリカ外交 林 禎二

特別レポート 2020 年から2021 年のわが国の対ラテンアメリカ外交 林 禎二

インタビュー特集 新型コロナウイルスとの対峙 -ラテンアメリカの現場の声を聴く

ラテンアメリカ時事解説

33か国リレー通信 <第53回 チリ>

チリでの大腸がん早期診断プロジェクト -東京医科歯科大学ラテンアメリカ共同研究拠点での活動- 小田柿 智之

ラテンアメリカ随想

古代文明研究と現代社会 -人間とモノの関係を巡る思索- 関 雄二

ラテンアメリカ都市物語 第19回 マナグア(ニカラグア)

ラテンアメリカ都市物語<第19回> マナグア その文化と歴史 鈴木 康久

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会