オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オッペンハイマーレポート

「オッペンハイマーレポート」は、米国マイアミを拠点に活動するアルゼンチン出身の高名なジャーナリストでありラテンアメリカ・ウォッチャーであるアンドレス・オッペンハイマー氏(Andres Oppenheimer)がマイアミ・ヘラルド紙等に定期的(週2回)に寄稿しているコラムです。

当協会会員のために同氏の了承を得て抄訳を作成し紹介しています。なお、コラムの内容は同氏の見解であり、当協会とは関係ありません。


2020/01/19 フェルナンデス大統領はニスマン検事の不審死に対する見解を変えた(抄訳)



2020/01/16 米墨貿易に関するサンダース民主党候補の主張はトランプ大統領よりもひどい(抄訳)



2020/01/12 中南米経済の2020年展望(抄訳)



2020/01/09 グアイド国会議長は一時的な勝利を手に入れた。今こそ攻撃的になるべきだ(抄訳)



2019/12/29 トランプ大統領のベネズエラ政策は混迷している(抄訳)



2019/12/24 ベネズエラ及びアルゼンチンは、エクアドルに倣って米ドルを経済の基軸にすべき(抄訳)



2019/12/15 世界中の大規模な抗議活動には,フェイクニュースをはじめ共通点がある(抄訳)



2019/12/11 アルゼンチンの新大統領は正しいことを言っているが,誤った人々に取り囲まれていた(抄訳)



2019/12/08 ラテンアメリカは重要な問題に注意を払っていない。それは深刻な学習不足である(抄訳)



2019/11/24 メキシコ大統領は、過去ではなく、将来に焦点を当てるべき(抄訳)