オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オッペンハイマーレポート

「オッペンハイマーレポート」は、米国マイアミを拠点に活動するアルゼンチン出身の高名なジャーナリストでありラテンアメリカ・ウォッチャーであるアンドレス・オッペンハイマー氏(Andres Oppenheimer)がマイアミ・ヘラルド紙等に定期的(週2回)に寄稿しているコラムです。

当協会会員のために同氏の了承を得て抄訳を作成し紹介しています。なお、コラムの内容は同氏の見解であり、当協会とは関係ありません。


2020/03/22 ヒスパニック系は新型コロナウイルスで大打撃を受けており、トランプに対しバイデンを支持する可能性がある(抄訳)



2020/03/19 新型コロナウイルスを冗談だと考えている指導者がいるが、それは間違いであり国連は彼らを非難すべきである(抄訳)



2020/03/12 ベネズエラは新型コロナウイルスの打撃及び原油価格の崩壊に耐えられない(抄訳)



2020/03/01 トランプ大統領も民主党大統領候補者も、ベネズエラを無視している (抄訳)



2020/02/16 米州機構はベネズエラの独裁者マドゥーロが求める迎合的な指導者を選ぶべきではない (抄訳)



2020/02/13 ウルグアイ次期大統領を称賛する。独裁者たちは就任式に歓迎されない (抄訳)



2020/02/09 中南米の対中輸出は急落する(抄訳)



2020/02/06 追い詰められたグアイド・ベネズエラ国会議長に対し支持を表明したトランプ大統領は正しかった (抄訳)



2020/02/02 世間一般の通念に反し、グアイドは依然健在である (抄訳)



2020/01/30 アニェス・ボリビア暫定大統領は正式な大統領になりたがっているが、それは民主主義の回復にかかる自らの誓いへの裏切りである(抄訳)