一般社団法人 ラテンアメリカ協会
previous arrow
next arrow
Slider

「有識者インタビュー」欄、新規開設のお知らせ】

当協会では、ホームページに『有識者インタビュー』の欄を設けることにしました。政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者からご意見をお聞きします。有識者「紹介」、「概要」は日本語で掲載し、 「本文」は有識者が回答に使用した言語を日本語に訳さずにそのまま掲載します。

今回は、パナマの元大統領ニコラス・バルレッタ氏に同国のコロナ禍の現状、今後の展望について伺いました。(これまでの掲載実績)パナマのコロナ感染状況についての最新情報(日本語)も添付しています。併せご参照下さい。

有識者インタビュー一覧

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

講演会・セミナーのご案内

  5月21日(金) ブックトーク第2回「畑惠子・浦部浩之編『ラテンアメリカ―地球規模課題の実践』(後半) “新たな世界秩序構築への試み”」
  「ラテンアメリカなるほどトーク:シリーズ第2回 『葉巻の話』 講師:渡邉尚人氏」5月27日(木)午後6時~7時

お知らせ

  オンライン講演会報告「シリーズ、時代を超え地場に定着する企業群、第8回:『WEG社&TMK社:ブラジル日系人の日本におけるビジネス展開』」(2021.03.16開催)
  オンライン講演会報告「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」(2021.03.08開催)
  2021年4月27日(火)「Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム」の被招へい者との オンライン意見交換会に関する協力要請:一般財団法人日本国際協力センター
  コスタリカにおける二国間クレジット制度(JCM)の実施に関するウェビナー (日本環境省・公益財団法人地球環境センター共催)
  【有識者インタビュー】パナマ ニコラス・バルレッタ氏「コロナ禍のパナマ・ラテンアメリカの現状、今後の展望は?」
  オンライン講演会報告『ペルーから帰国して』(2021.01.26開催)
  【有識者インタビュー】「新型コロナ危機がラテンアメリカ・カリブ地域に与えるインパクトと今後の展望:ECLACの高官3人に聴く」

イベントのご案内

5月
15
2021
2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内:「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 山形大学 山本 睦 准教授
5月 15 @ 13:30 – 15:00

2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内:「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 山形大学 山本 睦 准教授

【日時】 2021年 5月15日(土) 13:30~15:00
【講師】 山本 睦(山形大学准教授)
【テーマ】 「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/

【オンライン講座ご参加の方法】
上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、
https://andesken.jimdofree.com/2021%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%B4%8D%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。

参加申込メール
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

5月
21
2021
メキシコ映画『野良人間 獣に育てられた子どもたち』5月21日より日本公開
5月 21 終日

メキシコ映画『野良人間 獣に育てられた子どもたち』5月21日より日本公開

原題:Feral
監督・脚本:アンドレス・カイザー
出演:エクトル・イリャネス、ファリド・エスカランテ、カリ・ロム、エリック・ガリシア
<2018年/メキシコ映画/カラー作品/101 分>
配給:TOCANA
5月21日 ヒューマントラストシネマ渋⾕、池袋シネマ・ロサ、新宿武蔵野館ほか全国公開
https://nora-ningen.com/

1987年、南西部の都市オアハカ郊外の人里離れた山岳地帯の民家で火災が発生し、家屋は全焼、焼け跡からはまるで獣のような子供3名と大人1名の焼死体と1本のビデオテープが発見された。30年前、そこで一体何が行われ、何が起きたのか?

なぜ、子どもたちは野生化し、どうやって獣のように生きてきたのか?

彼らは被害者なのか?それとも…?

メキシコに伝わる封印された禁断の実話を調査し、徹底したドキュメンタリー・タッチで描いた衝撃の問題作。

2018年ロス・カボス国際映画祭FEPRESCI賞(国際映画批評家連盟賞)、2019年STUFF MX 最優秀国際長編映画賞ほか、多数の映画祭で高く評価されている。

【再放送】体感!グレートネイチャー「七色の大地と沸騰する川~ペルー・アンデス山脈~」
5月 21 @ 14:35 – 15:35

【再放送】体感!グレートネイチャー「七色の大地と沸騰する川~ペルー・アンデス山脈~」

NHK BSプレミアム 5月21日(金) 午後2時35分

南北7000キロにもおよぶ、世界最長の山脈アンデスでは、近年、新たな発見が続いている。標高5000メートルに出現した、赤・紫・緑など7色に輝く大地。高度差900メートル、世界5位の落差を誇る巨大滝。そして水温90度という驚きの川。地下で沸騰した水が湧き出し、アマゾンへと注いでいる。インカ文明を生んだアンデス山脈は、急激に隆起してできたため、人が立ち入れない場所が無数にあるため、新発見が続くという。

https://www4.nhk.or.jp/greatnature/

6月
1
2021
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第19回ラテンアメリカ教養講座いま「ラ米映画」が面白い ~映画でひも解くラテンアメリカの世界~ 開催のご案内
6月 1 @ 18:00 – 19:00

京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第19回ラテンアメリカ教養講座いま「ラ米映画」が面白い
~映画でひも解くラテンアメリカの世界~ 開催のご案内

【日時】:2021年6月1日より毎週火曜日(全5回)18:00~19:00
【参加方法】:Zoomによるオンライン形式 ※事前申し込み制・参加費無料

ラテンアメリカの映画制作は長い歴史を持ち、20世紀前半以来世界で高く評価されてきました。昨今ハリウッドではアルフォンソ・キュアロン、ギジェルモ・デル・トロなどのメキシコ人映画監督の活躍は目覚ましく、注目を浴びています。

また、キューバ、グアテマラ、ブラジル、チリなどのドキュメンタリー、社会派の映画、コメディー等多彩な映画を通して垣間見ることのできる、制作された国特有の人々の暮らし、その背後にある歴史的、政治・社会的現実の重層性は、私たち日本人にとって全く異質なものであり、だからこそ面白く、魅力的に感じるのかもしれません。

講座では「ラ米映画」を作品として鑑賞するのではなく、現代ラテンアメリカ諸国における映画制作の動向、いくつかの映画のテーマと内容、そこから見えてくる監督たちの問題意識と現実社会のありさまなどについて探っていきます。

 6月1日(火)  比嘉世津子(Action Inc.代表)
 「ラテンアメリカ映画 ここだけの話」政治と社会を反映し進化する映画の現場

 6月8日(火) 丸谷雄⼀郎(東京⼤学経営学部教授)
  ネット配信普及でアクセスしやすくなったメキシコ・中⽶映画

 6月15日(火) アルベルト・カレロ(ラテンビー映画祭プロデューサー)
 「ラテンビート映画祭」を通してみたラテンアメリカ

 6月22日(火) 兒島峰(神奈川⼤学准教授)
  映画のなかの先住⺠と社会における先住⺠

 6月29日(火) 住田育法(京都国語大学教授)
  ブラジル映画が魅せるフィクションとノンフィクションの間(はざま)

※事前申し込みが必要です。詳細は、以下のURLをご覧ください。 
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=kXYuPOtD
お問い合わせ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/Email: ielak@kufs.ac.jp

6月
10
2021
驚き!地球!グレートネイチャー選「急速隆起!ミステリー山脈アンデス~ペルー~」
6月 10 @ 12:00 – 13:00

驚き!地球!グレートネイチャー選「急速隆起!ミステリー山脈アンデス~ペルー~」
NHK BSプレミアム 6月10日(木) 午後0時00分

南北7000キロにもおよぶ、世界最長の山脈アンデスでは、近年、新たな発見が続いている。標高5000メートルに出現した、赤・紫・緑など7色に輝く大地、レインボーマウンテン。一面に広がる石の森。そして水温100度近くという驚きの川。地下で沸騰した水が湧き出し、アマゾンへと注いでいる。インカ文明を生んだアンデス山脈だが、急激に隆起したため生まれたという、不思議な景観を旅しながら、その誕生の秘密に迫る。

https://www4.nhk.or.jp/greatnature/

ルベン・ダリオ物語全集出版記念 渡邉尚人講演『ルベン・ダリオの世界』
6月 10 @ 18:30 – 19:30

ルベン・ダリオ物語全集出版記念 渡邉尚人講演『ルベン・ダリオの世界』
日時:6月10日(木)18:30-

日本語
オフライン会場:インスティトゥト・セルバンテス東京(要予約)

オンラインでも開催。詳細は下記をご覧ください。
https://ruben-dario2021.peatix.com/view

講演概要:

ルベン・ダリオ物語全集出版を記念して、ニカラグアの国民的詩人でモデルニズムの巨匠ルベン・ダリオのめくるめく世界を紹介する講演会を開催します。

ニカラグアでの渡邉尚人氏とルベン・ダリオ作品との忘れられぬ出会い、ニカラグア湖の船着き場で出会った少女の詩の朗読から始まります。

そして、ルベン・ダリオを育んだ長い詩の伝統と文化につきニカラグアの文学史をご紹介します。詩人の生涯、文学作品の特徴、日本との関係、4月刊行された物語全集の紹介、最後にルベン・ダリオの詩の朗読で締めくくります。

聞き役に、同じくルベン・ダリオ研究者、日本学術振興会特別研究員PDの棚瀬あずささんをお招きします。

●Rubén Darío

1867年生、1916年没。中米・ニカラグアの国民的作家で、モデルニスム(近代文芸主義)の巨匠。19歳で出国しアルゼンチンの新聞特派員として活躍しながら、詩や散文の創作活動を続け、40歳で凱旋帰国。故郷のレオン市にて49歳で死去するまで、数々の公職も務めた。

●渡邉尚人

1956年(昭和31年)生まれ。東京外国語西語科卒業後、外務省に入省。欧米・中南米公館に勤務、(前)バルセロナ日本国総領事。ニカラグア言語アカデミー海外会員、欧州王立博士アカデミー名誉会員、ルベン・ダリオ世界運動名誉副会長。著書に『ロスト・ファミリー~失われた家族の肖像~』(文芸社)、『葉巻を片手に中南米』(山愛書院)、ルベン・ダリオの翻訳書『ニカラグアへの旅、インテルメッソ・トロピカル』(日本図書刊行会)、『青…─アスール─』(文芸社)、オッペンハイマーの翻訳書『創造か死か』(明石書店)等がある。

6月
19
2021
2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内: 「ワリとカハマルカ」 南山大学 渡部 森哉 教授
6月 19 @ 13:30 – 15:00

2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内: 「ワリとカハマルカ」 南山大学 渡部 森哉 教授

【日時】 2021年 6月19日(土) 13:30~15:00
【講師】 渡部 森哉(南山大学教授)
【テーマ】 「ワリとカハマルカ」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/

【オンライン講座ご参加の方法】
上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、
https://andesken.jimdofree.com/2021%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%B4%8D%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。

参加申込メール
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2021年春号(表紙カバー)

特集 米国バイデン新政権とラテンアメリカ 模索と期待

ラテンアメリカ協会・米IAD・ブラジルCEBRI共催セミナー

ラテンアメリカ協会・米IAD・ブラジルCEBRI共催セミナー -変貌する国際政治環境における日米ブラジル3国間協力の展望(2~3月開催) 佐々木 修・岩見 元子

ラテンアメリカ時事解説

33か国リレー通信 <第54回 ウルグアイ東方共和国>

ホセ・ムヒカ氏の世界観である『人々の幸せを目指した開発』を実践する国ウルグ アイ 小林 十三

ラテンアメリカ随想

ラテンアメリカ随想 コロンビアという国 -知られざる大国 森下 敬一郎

ラテンアメリカ都市物語 第20回 ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)

ラテンアメリカ都市物語<第20回 ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)> ポート・オブ・スペイン-東カリブ地域を代表する都市 鈴木 美香

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会