一般社団法人 ラテンアメリカ協会
3184877559_e8bbb242ba_b
138810608_6ebcbee2f5_b
3404247622_d108c39216_o
4618989582_b98cb8db98_o
504021098_b0ac0428fd_b
598870663496
2052016429_508b8f4227_b
Cathedral of Bogota, built between 1807 and 1823
previous arrow
next arrow

講演会・セミナーのご案内

  「ラテンアメリカのフットボールとワールドカップ」山田 彰 前駐ブラジル大使 2022年2月2日(木)午前10:00-11:30(日本時間)
  「ブラジルを中心とした2023年の南米経済見通し」ブラジルMUFGバンク 木阪明彦頭取 2023年2月7日(火)午前10:00-11:30(日本時間)
  JICA中南米2所長報告会 2月15日(水)10:00-11:30(日本時間):福井 康 パラグアイ事務所長/高砂 大 ニカラグア前事務所長

新着情報・協会からのお知らせ

  講演会報告:2022年度ラテンアメリカなるほどトーク第3弾「パラグアイの住宅事情と生活情報」硯田 一弘氏 アディルザス代表取締役
  講演会報告:帰国大使講演シリーズ4:首藤 祐司前駐エクアドル大使「エクアドルの実情と可能性」
  第38回ラテンアメリカ関連団体連絡会議 開催の報告 (2022年6月8日(水)開催)
  講演会報告:帰国大使講演シリーズ3: 福田 紀夫前駐ホンジュラス大使「ホンジュラスの魅力と課題」
  2022(令和4)年度第10回定時会員総会に関するお知らせ
  一般公開 ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート「中米ニカラグア外交:台湾断交から対中外交復活へ、その背景と狙い」浜端喬
  講演会報告:2022年度ラテンアメリカなるほどトーク第2弾「ブラジルの文化としてのカーニバル―情熱と信念、諧謔とアートのエンターテインメント」 細川多美子 サンパウロ人文科学研究所理事

関連情報・その他のお知らせ

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

米国シンクタンク インターアメリカン・ダイアログとの年次共催セミナーの案内と2015年度からのセミナー概要報告は下記よりご覧になれます。

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

有識者インタビュー

政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者インタビュー。有識者「紹介」、「概要」は日本語、 「本文」は有識者の回答用使用言語で掲載しています。下記よりご覧になれます。

今回はビクトリア・エウヘニア・フランコリーノ・エスレパク 駐日ウルグアイ大使へのインタビューです。

有識者インタビュー

イベントのご案内

2月
1
2023
JETROよりのお知らせ:ジェトロ【ウェビナー】現地所長が語る!2023シリーズ : 2023年の中南米政治経済の展望 開催のご案内
2月 1 @ 10:00 – 12:00

ジェトロでは、中南米地域の最新政治経済動向などを現地所長が解説するウェビナーを開催します。

今回の中南米の所長ウェビナーは前編・後編に分けて開催します。前編(メキシコ・コロンビア・ペルー編)を1月24日(火曜)、後編(ブラジル・アルゼンチン・チリ編)を2月1日(水曜)に開催します。

米中摩擦の影響で米国市場ニアショア拠点として注目を集めるメキシコ、2022年8月に左派政権が誕生したコロンビア、2022年12月に大統領が罷免され新政権が誕生したペルー。2023年はいずれの国も政治・経済の行方から目を離すことができない年になります。他方で、コロナ禍を経て発生している世界的な供給制約やインフレの台頭、そして世界的な脱炭素化の流れの中で、各国の経済と産業はどのような影響を受け、今後いかに変化していくのか。本ウェビナーではこうした点について、現地にいるか
らこそ分かる視点に基づき解説します。

オンラインの強みを活かし、現地の所長とライブで繋いでお届けしますので、講演後に直接ご質問いただくことも可能です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
※本ウェビナーは日本国内の方のみを対象とさせていただきます。

〇ライブ配信日時:
【前編(メキシコ・コロンビア・ペルー編)】
2023年1月24日(火曜)10時00分~12時00分 *日本時間

【後編(ブラジル・アルゼンチン・チリ編)】
2023年2月1日(水曜)10時00分~12時00分 *日本時間

〇場所:オンライン開催
〇受講料:有料
     ジェトロ・メンバーズ:1口につき先着1名様まで無料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
 前編:
https://www.jetro.go.jp/events/ora/6b74b474f45f5a76.html
 後編:
https://www.jetro.go.jp/events/ora/610d1c0b467b580f.html

〇お問い合わせ
ジェトロ海外調査企画課・セミナー/ウェビナーチーム
Mail:oraseminar@jetro.go.jp
Tel:03-3582-5189(受付時間:9:00-12:00、13:00-17:00 土日祝除く)

2月
2
2023
JETROアジア経済研究所「『ラテンアメリカ・レポート』の最新号発行、執筆者による概要解説オンライン講座『ラテンアメリカ諸国が選択した道』」
2月 2 @ 10:30 – 11:45

ジェトロ・アジア経済研究所のラテンアメリカ情報分析誌『ラテンアメリカ・レポート』の最新号Vol.39, No.2が、学術誌の電子プラットフォームJ-STAGEで公開されます。今号では論稿4本、現地報告1本、資料紹介4本を掲載し、下記サイトにて「1月31日」より無料でご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/latinamericareport/-char/ja

また、論稿3本と現地報告1本に関して、執筆者自身が概要を解説するオンライン講座「ラテンアメリカ諸国が選択した道」を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。
最新号と講座の詳細およびお申込みは、下記サイトをご覧ください。
https://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/230202.html

開催日時 2023年2月2日(木)10:30~11:45 (日本時間)
会場 オンライン(ZOOMビデオウェビナー)
講演内容・講師
10:30~『ラテンアメリカ・レポート』Vol.39, No.2の概要の紹介
      近田亮平(アジア経済研究所)

10:35~「チリの2022年新憲法案はなぜ国民投票で否決されたのか」
      三浦航太(アジア経済研究所)

10:45~「コロンビアにおける初の左派政権誕生」
      柴田修子(同志社大学)

10:55~「2022年コスタリカ国政選挙とロドリゴ・チャベス新政権」
      尾尻希和(東京女子大学)

11:05~「ロペス・オブラドール政権の治安政策、国家警備隊と軍の関係」
      北條真莉紗(在メキシコ日本国大使館)

11:15~ 休憩

11:25~ 質疑応答

お申込み締め切り 2023年1月31日(火)13:00
参加費 無料
問合せ先:ジェトロ・アジア経済研究所 研究推進部 研究イベント課
Tel:043-299-9536  Fax:043-299-9726

2月
4
2023
メキシコ文化フェア
2月 4 @ 10:00 – 16:30

メキシコ文化フェア

日時:2月4日(土)10:30-16:00
会場:千代田区内幸町ホール
入場無料

 メキシコと日本の外交樹立135周年記念イベント『メキシコ文化フェア』では、ルチャドールのウルティモ・ドラゴン氏によるトークショー含め、メキシコ文化を体感できる様々な催しが開催されます。
詳細は下記をご覧ください。

https://www.uchisaiwai-hall.jp/event/kokusai-koryu/

2月
13
2023
NECよりのお知らせ:NECシンクタンク「IISE」フォーラム2023「知の共創で導く、新たな市場ビジョンと経済安全保障」2023年2月10日(金)13:00-16:30(日本時間)
2月 13 @ 13:00 – 16:30

 株式会社国際社会経済研究所(以下IISE)は、2022年4月より、経済安全保障分野への取り組みを新たに開始し、同時に、未来への市場戦略を提示するThought Leadership活動をポートフォリオに加え、新たなマネジメント体制の下で活動を開始しています。

 本フォーラム(参加無料/事前登録制)では、これらの活動の一環として、持続可能な社会の実現を阻むグローバルリスクや課題、その解決に必要となる変革について、経済安全保障、マクロ経済、カーボンニュートラル、スマートシティなど様々なテーマで有識者の皆様と知を重ね合わせる議論の場を持ち、その方向性となるベクトルを創発していきます。

 「基調講演」では、米国・戦略国際問題研究所(CSIS)のクリストファー・ジョンストン氏、「経済セッション」では、日本を代表するシンクタンクの有識者の方々と、経済安全保障と経済両面から日本の将来について議論します。「ブレイクアウトセッション」では、国際社会が注目するリスク、また、少子高齢化や地域活性化など日本の抱える社会課題と向き合い、産官学より有識者をお招きし、課題解決に向けた道筋を探るディスカッションを行います。

本フォーラムの詳細、及び参加申込は「IISEフォーラム2023特設サイト」からお願いします。
https://event-info.site/iise/forum2023/?utm_source=default&utm_medium=medium_1_iise_forum2023&utm_campaign=iise_forum2023

<IISEフォーラム2023概要>
IISEフォーラム2023 「知の共創で導く、新たな市場ビジョンと経済安全保障」

【開催概要/日程】
ライブ配信 2023年2月10日(金)13:00-16:30
オンディマンド配信 2023年2月13日(月)~3月10日(金)

【開催形式】
オンライン開催
※事前申込制参加無料
※ご登録いただいた方に事前にアクセスURLをお知らせします

【申込期間】
2022年12月1日(木)~2023年2月9日(木)18:00

【内容】
〇開会のご挨拶 (13:00-13:20)
株式会社国際社会経済研究所 理事長 藤沢 久美

〇基調講演(日英同時通訳) (13:20-14:05)
“The Essential Partnership: U.S.-Japan Relations and the Future of the Free and Open Indo-Pacific”
「かけがえのない協力関係:日米関係と自由で開かれたインド太平洋の未来」
  CSIS/戦略国際問題研究所
Senior Adviser and Japan Chair/上級顧問兼ジャパン・チェア
Mr. Christopher Johnstone/クリストファー・ジョンストン氏

〇マクロ経済セッション (14:05-14:55)

「世界経済の未来」
丸紅株式会社 執行役員 経済研究所長 今村 卓氏
株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事 伊藤 さゆり氏
株式会社大和総研 主席研究員 齋藤 尚登氏
株式会社日本総合研究所 理事長 翁 百合氏

〇ブレイクアウトセッション (15:00-16:10)
「防災とカーボンニュートラル」、「未来をつくるパーパス都市経営」、「誰一人取り残さない-情報アクセシビリティとデジタルヘルス」、「スポーツが牽引するスマートシティと地域創生」等、産官学より有識者をお招きし、課題解決に向けた道筋を探るディスカッションセッション

<お問い合わせ>
IISEフォーラム2023に関するお問い合わせは、下記の事務局までご連絡ください。
お申し込み受付を目的としてお客様の個人情報を弊社の業務委託先に預託しております。あらかじめご了承ください。

【IISE フォーラム 2023 事務局】
e-mail: iiseforum2023@ev-info.jp

2月
18
2023
アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「エル・パルマール王朝史と2022年王宮発掘の成果報告」2023年2月18日(土) 13:30~15:00
2月 18 @ 13:30 – 15:00

【日 時】 2023年2月18日(土) 13:30~15:00(時差の関係で時間変更の可能性あり)
【講 師】 塚本 憲一郎(カリフォルニア大学リバーサイド校准教授)
【テーマ】 「エル・パルマール王朝史と2022年王宮発掘の成果報告」
【場 所】 Zoom オンライン形式 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

2月
25
2023
「アストライアの会」からのお知らせ:「世界古代文明の謎を探る」(70)劇場国家インカの祭りと儀礼:松本亮三 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 2023年2月25日(土)14:00-17:00(日本時間)
2月 25 @ 14:00 – 17:00

 「インカ固有の祭りもやがて征服者に禁止され」

 神話によれば、インカ最初の皇帝マンコ・カパックとその兄弟たちは太陽神インティから上質な金で作られた魔法の杖を与えられ、「杖が地に沈む土地」へ行き、そこに太陽の神殿を築くよう、導きを受けたという。その杖はウルバンバの谷付近、クスコに沈み、かの地はインカ文明最初の都市となったとされる。インカの皇帝は太陽神の子として崇められたのである。古代において神は人間に全てを与える全能の存在であった。インカにおいてはそれが例えば太陽神インティであり、また大地から全てを生み出す女神パチャママであった。祭政(さいせい)一致の言葉通り、古代の祭りは豊饒(ほうじょう)を祈願すると同時に、地上の支配者である王と、神又は神の栄光を同一視させ、その権威を高める壮大な舞台でもあった。

インカの祭り「インティ・ライミ」での「インティ」は太陽又は太陽神、「ライミ」は祭りを意味している。文字を持たないインカ文明においては民衆に王の権威を可視化する祭りと様々な儀礼は特に重要であった。ミイラもまた祭りの際は供物(くもつ)が供(そな)えられ崇拝された。インカ文明の様々な祭りと儀礼を今回俯瞰(ふかん)してみたい。

「世界古代文明の謎を探る」(70)_松本亮三東海大学名誉教授比較文明学会副会長[PDF]

主 催 アストライアの会  協 力 日本ペルー協会 日本セカンドライフ協会 
ゲスト 松本亮三さん 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 
日 時 令和5年2月25日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区イケビズ美術室(5階)
道 順 池袋駅西口又は南口より消防署先き徒歩約9分
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 画像を見ながらお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL049(258)3218 松原まで  info@asutoraia.com

3月
18
2023
アンデス文明研究会「マヤ文明ティカル、コパンにおける最新調査報告と今後の展望」
3月 18 @ 13:30 – 15:00

【日 時】 2023年 3月18日(土)13:30~15:00  
【講 師】 中村 誠一(金沢大学教授)
【テーマ】 「マヤ文明ティカル、コパンにおける最新調査報告と今後の展望」
【場 所】 Zoom オンライン形式 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。(クレジットカード支払い可)詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2022/23年冬号(表紙カバー)

特集 新しい左派政権は変化をもたらすか?

インターアメリカン・ダイアログ(IAD)との第8回共催セミナー

インターアメリカン・ダイアログ(IAD)との第8回共催セミナー 中米・カリブ地域における日本の役割と貢献を問う  ホワイト 和子(ラテンアメリカ協会ラテンアメリカ・カリブ研究所シニア・フェロー)

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー<第44回> ウルグアイ東方共和国

ビクトリア・エウヘニア・フランコリーノ・エスレパク駐日ウルグアイ大使 「新たな100年」に向けて関係の強化に期待 佐藤 悟(ラテンアメリカ協会副会長)

ラテンアメリカ時事解説

ラテンアメリカ進出企業の最前線から

信頼関係に基づく三菱商事のラテンアメリカ事業 大纒 匡(三菱商事中南米地域代表、伯国三菱商事社長)

開発協力の現場から

JICA国際開発協力レポート グアテマラ ラテンアメリに広がる日本発の地域警察 山口 尚孝(JICAグアテマラ事務所長)

ラテンアメリカ随想

ラテンアメリカ随想 グアテマラ -常春の国の光と影 山元 毅(在グアテマラ大使)

ラテンアメリカ都市物語  <第27回 ブラジリア>

ラテンアメリカ都市物語 <第27回 ブラジリア> 近未来都市ブラジリア -その魅力と、発展を支えた日系同胞  斉藤 顕生(日本アマゾンアルミニウム監査役)

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会