一般社団法人 ラテンアメリカ協会
3184877559_e8bbb242ba_b
138810608_6ebcbee2f5_b
3404247622_d108c39216_o
4618989582_b98cb8db98_o
504021098_b0ac0428fd_b
598870663496
2052016429_508b8f4227_b
Cathedral of Bogota, built between 1807 and 1823
previous arrow
next arrow

講演会・セミナーのご案内

  林禎二 駐ブラジル日本国特命全権大使講演会 「ブラジル大統領選挙とルーラ次期政権の展望と政策」2022年12月9日(金)午前10:00-11:30(日本時間)

新着情報・協会からのお知らせ

  JICAボリビア事務所よりのお知らせ「 オキナワTO沖縄の南米向けビジネスセミ ナー(2月25日午前08:00-09:30:日本時間)
  日本ブラジル中央協会よりのお知らせ「高橋亮太 前在ブラジル日本大使館専門調査員 オンライン講演会【2022年2月25日】」
  オンライン講演会報告「ウルグアイ―小さくてもキラリと光る国― 眞銅 竜日郎前ウルグアイ共和国大使」(2022年1月28日)
  オンライン講演会報告「山田彰前駐ブラジル日本大使講演会ー4年3カ月の在ブラジル大使を終えて」(2022年1月21日)
  外務省 国際情報統括官 国際情報組織(米州班)からの非常勤職員「専門分析員:米州地域」の募集のお知らせ
  【有識者インタビュー】エルフ・モノド・オノラ駐日ハイチ大使
  一般公開 ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート 「ラテンアメリカ・カリブ諸国の気候変動対策の展望:COP26 会議の合意を踏まえて(上)」桑山幹夫

関連情報・その他のお知らせ

  コスタリカの国連平和大学(University for Peace)日本講座から講演会のご案内「SDGs and Indigenous Peoples in Latin America: Benefits and Tensions」東京大学大学院 宮地 隆廣教授 2022年12月9日(金)午前9時―10時半(日本時間)
  京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からのお知らせ:ブラジル独立200周年記念シンポジウム「社会の鑑としてのブラジル文学」2022年12月10日(土)13:00~16:00
  東京外国語大学(多言語多文化センターと海外事情研究所との共催)による上映会とディスカッションのご案内 2022年12月10日(土)14:00-16:00
  アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「クントゥル・ワシ遺跡とパコパンパ遺跡における埋葬と社会」
  京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からのお知らせ:第22回ラテンアメリカ研究講座のご案内「ブラジルの人種・エスニシティとジェンダー—より公正な社会の実現に向けて—」2022年12月17日(土)13:00~16:00
  京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 討論会のご案内 2022年12月18日 (日)14:00-16:00
  農林水産省からのお知らせ:【参加企業募集】 中南米アグリビジネスマッチング~日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察~

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

米国シンクタンク インターアメリカン・ダイアログとの年次共催セミナーの案内と2015年度からのセミナー概要報告は下記よりご覧になれます。

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

有識者インタビュー

政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者インタビュー。有識者「紹介」、「概要」は日本語、 「本文」は有識者の回答用使用言語で掲載しています。下記よりご覧になれます。

今回はルイス・アルベルト・モレノ前米州銀行総裁へのインタビューです。

有識者インタビュー

イベントのご案内

12月
9
2022
コスタリカの国連平和大学(University for Peace)日本講座から講演会のご案内「SDGs and Indigenous Peoples in Latin America: Benefits and Tensions」東京大学大学院 宮地 隆廣教授 2022年12月9日(金)午前9時―10時半(日本時間)
12月 9 @ 09:00 – 10:30

<英語(通訳はありません)による講演会:添付案内資料ご参照>
“SDGs and Indigenous Peoples in Latin America: Benefits and Tensions”
Date: Friday, 9 December 2022, 09:00am-10:30am (Japan)
Speaker:Dr. Takahiro MIYACHI, The University of Tokyo, Graduate School of Arts and Sciences, Professor
Please note that this event will be in English only. Japanese interpretation will not be provided. Advance registration is required at http://bit.ly/3tlnX9d .

12月
10
2022
持続可能な音楽プロジェクトでつなぐEU×日本×ラテンアメリカ、プロジェクト発表会
12月 10 @ 12:00 – 13:30

持続可能な音楽プロジェクトでつなぐEU×日本×ラテンアメリカ、プロジェクト発表会

日時:12月10日(土)12:00-13:30
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京及びオンライン
言語:スペイン語
参加無料、要予約

詳細・申し込みは下記をご覧ください。
https://micro-docs2022.peatix.com/view
参加大使館・文化機関:
コロンビア大使館、パラグアイ大使館、メキシコ大使館、ゲーテ・インスティトゥート、駐日欧州連合代表部
協力大学:東京大学、早稲田大学、神田大学

京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からのお知らせ:ブラジル独立200周年記念シンポジウム「社会の鑑としてのブラジル文学」2022年12月10日(土)13:00~16:00
12月 10 @ 13:00 – 16:00

この度、下記のとおり駐日ブラジル大使館の後援を頂き「ブラジル独立200周年記念シンポジウム」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

【テーマ】 「社会の鑑としてのブラジル文学」
【日 時】 2022年12月10日(土)13:00~16:00
【主 催】 京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科・京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
【後 援】 駐日ブラジル大使館
【場 所】 京都外国語大学452教室(対面形式)並びにZoomによるオンライン形式
      ※参加費無料(事前申し込みが必要です)

【プログラム】
〔基調講演〕旦敬介(翻訳家、明治大学)「ラテンアメリカにおけるブラジル文学」
〔研究発表〕
      江口佳子(常葉大学)「リジア・ファグンジス・テーリス『三人の女たち』における多様な声」
      平田惠津子(大阪大学)「近代芸術週間100周年に寄せて」
      岐部雅之(京都外国語大学)「ブラジル文学に描かれたサッカーのかたち」
      フェリッペ・モッタ(京都外国語大学)「アニーバル・マシャード著『サンバガールの死』におけるカーニバル、人種、ジェンダー」
〔パネルディスカッション〕
タイトル「ブラジル社会の鑑としてのブラジル文学」 
コーディネーター 伊藤秋仁(京都外国語大学)

※講演会案内・申し込み方法等、以下のURLをご覧ください。 
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=hcoW27Fv

お問合せ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/E-mail: ielak@kufs.ac.jp

東京外国語大学(多言語多文化センターと海外事情研究所との共催)による上映会とディスカッションのご案内 2022年12月10日(土)14:00-16:00
12月 10 @ 14:00 – 16:00

NHK同時ドキュメント「群馬・ブラジル大統領選挙」上映会とディスカッション

作品紹介

運命の日に交錯するさまざまな思いを描く。1つの現場の定点観測ではなく、複数の現場にカメラを出し、あるイベントを同時進行で撮影する、「72時間」制作チームが送る新型ドキュメンタリー番組。今回はブラジル大統領選挙。群馬・大泉町の在日ブラジル人向けの投票所やブラジル食材のスーパー、教会やリオデジャネイロのバーで、4台のカメラが同じ時間に撮影を開始。いったいどんなドラマが紡ぎ出されるのか。

制作担当 大島悠也(NHKディレクター) 制作統括 橋場慎 / 篠田洋祐 〔2022/日本(群馬県)・ブラジル/日本語/29分45秒〕

開催情報
日時:2022年12月10日(土)14:00開映(13:30開場)-16:00
会場:東京外国語大学 研究講義棟2階226教室
主催:東京外国語大学多言語多文化共生センター
共催:東京外国語大学海外事情研究所

プログラム

◇フィルム上映会
◇ディスカッション「ブラジル大統領選における在外投票の意味と在日ブラジル人の選択」
登壇者
    ・大島悠也(NHKディレクター)
    ・小島クリッシイりか(東京外国語大学大学院博士後期課程)
    ・安良城桃子(東京大学大学院博士後期課程)
司会 
    ・舛方周一郎(東京外国語大学世界言語社会教育センター)

申し込み

事前登録制です。こちらから登録できます。
※先着100名、一般公開、入場無料
本イベントのチラシ(PDF)はこちらから入手できます。

問い合わせ先
東京外国語大学 多言語多文化共生センター(tc[at]tufs.ac.jp)*[at]を@にかえてください

12月
17
2022
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所からのお知らせ:第22回ラテンアメリカ研究講座のご案内「ブラジルの人種・エスニシティとジェンダー—より公正な社会の実現に向けて—」2022年12月17日(土)13:00~16:00
12月 17 @ 13:00 – 16:00

この度、下記のとおり駐日ブラジル大使館の後援を頂き第22回ラテンアメリカ研究講座を「ブラジルの人種・エスニシティとジェンダー—より公正な社会の実現に向けて—」と題して開催致します。

今後ますます重要になっていくブラジルと日本の二国間関係、ブラジルの正しい理解のために、その多様性と歴史ならびに現在の社会情勢に目を向け、複合的な視点を提示しながら、理解と考察を深めることを目的とした研究講座を開催いたします。皆様ふるってご参加ください。

【テーマ】「ブラジルの人種・エスニシティとジェンダー—より公正な社会の実現に向けて—」
【主 催】京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科・京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
【後 援】駐日ブラジル大使館
【日 時】2022年12月17日(土)13:00~16:00
【場 所】京都外国語大学452教室(対面形式)並びにZoomによるオンライン形式 ※参加費無料(事前申し込みが必要です)

【プログラム】
〔基調講演〕モラレス・マツバラ・レイコ(サンパウロ大学)「ブラジルの日本語教育に日系女性史 を読む」
〔発表〕
      伊藤秋仁(京都外国語大学)
     住田育法(京都外国語大学名誉教授)
     渡会環(愛知県立大学)
     奥田若菜(神田外語大学)
〔パネルディスカッション〕
コーディネーター フェリッペ・モッタ(京都外国語大学)

※講座要旨及びプログラム・申し込み方法等、以下のURLをご覧ください。
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=c24oRYHL 

お問い合わせ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/Email:
ielak@kufs.ac.jp

アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「クントゥル・ワシ遺跡とパコパンパ遺跡における埋葬と社会」
12月 17 @ 13:30 – 15:00

アンデス文明研究会 オンライン定例講座案内 (第91期2022年度10月~12月)
(秋期はアンデス古代文明関連講座)

【日 時】  2022年12月17日(土)13:30~15:00 (対面もしくはオンライン)
【講 師】  関 雄二(国立民族学博物館特定教授)
【テ-マ】 「クントゥル・ワシ遺跡とパコパンパ遺跡における埋葬と社会」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

12月
18
2022
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 討論会のご案内 2022年12月18日 (日)14:00-16:00
12月 18 @ 14:00 – 16:00

「本文」:
 今回、ブラジルの大統領選の結果が、同国を取り巻くアメリカやロシア、ラテンアメリカ諸国にどの様な影響を与え、ラテンアメリカの政治や外交、あるいは社会はこれからどう変化していくのかを、さまざまな地域の専門家を招いて活発に議論していただく討論会を企画しました。皆様ふるってご参加ください。

【テーマ】「ラテンアメリカ政治のいま、そしてこれから」
【日 時】2022年12月18日(日)14:00~16:00
【場 所】京都外国語大学171教室(対面形式)並びにZoomによるオンライン形式 
     ※参加費無料(事前申し込みが必要です)
【参加パネリスト】
 山田彰(元外務省中南米局長)
 村上勇介(京都大学)
 田中高(中部大学)
 三浦航太(アジア経済研究所)
 中沢 知史(立命館大学)
 大野直樹(京都外国語大学)
 住田育法(京都外国語大学)総合司会

※討論会案内・申し込み方法等、以下のURLをご覧ください。 
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=HDSKi6s4

お問合せ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/E-mail: ielak@kufs.ac.jp

1月
20
2023
メキシコ映画『母の聖戦』1/20(金)公開
1月 20 終日

メキシコ映画『母の聖戦』1/20(金)公開

原題:La Civil
監督:テオドラ・アナ・ミハイ
キャスト:アルセリア・ラミレス、アルバロ・ゲレロ、アジェレン・ムソ、ホルヘ・A・ヒメネス
上映時間:135分 / 製作:2021年(ベルギー=ルーマニア=メキシコ)
1月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかで全国公開

(C) MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA
FILMS&TEOREMA

https://hark3.com/haha/

 メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロのひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐された。冷酷な脅迫者の要求に従い、20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰ってこない。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出す。そのさなか、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの闇の血生臭い実態を目の当たりにしていく。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、いかなる真実をたぐり寄せるのか……。

 年間約6万件(推定)の誘拐事件が発生するメキシコを舞台に描かれた、このセンセーショナルにして骨太な社会派ドラマは、決して裕福ではない庶民が犯罪組織に搾取され、警察にも取り合ってもらえない非情な現実を描き出す。全編にわたって主人公シエロの視点でストーリーが展開し、観る者を誘拐ビジネスの闇の奥深くへと誘い、この世のものとは思えない理不尽な暴力が渦巻く光景を目撃させていく。入念なリサーチが重ねられた、リアリスティックな眼差しに貫かれた映像世界の強度に息をのまずにいられない。母の深い愛情と強い怒りを描いた衝撃作であり、並外れた緊迫感がみなぎるクライム・スリラーが誕生した。

 製作陣にはジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督、クリスティアン・ムンジウ監督、ミシェル・フランコ監督が名を連ね、ルーマニア出身のテオドラ・アナ・ミハイが長編劇映画初メガホンをとった。2021年の第34回東京国際映画祭コンペティション部門では「市民」のタイトルで上映され、審査員特別賞を受賞している。

1月
27
2023
農林水産省からのお知らせ:【参加企業募集】 中南米アグリビジネスマッチング~日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察~
1月 27 終日

農林水産省では中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業を実施しており、中南米諸国の日系農業者等と日本企業のビジネス交流を進めています。

世界の農業を牽引する中南米には農業・食産業分野に大きなポテンシャルがあり、210万人の日系社会の存在は日本企業の中南米市場展開への足掛かりになります。
現地での日本の農業分野の技術・商品への期待は高く、さらに健康食品として日本食が注目されています。

中南米日系農業者等とのビジネスにご関心がある方は、ぜひご応募ください!

【パンフレット】:http://www.nikkeiagri.jp/R4/doc/NikkeiAgriBusiness2022-23.pdf
農林水産省サイト:http://www.nikkeiagri.jp/R4/agribusiness.html#00

〇内容:①中南米アグリビジネス商談会(対面式)
      日程 :2022年10月25日(火)午後
      場所 :東京(農林水産省内会議室)
      参加者:中南米展開に関心を有する日本企業数社、中南米日系農業関係者
      ※場合により、会議室での商談ではなく企業訪問(10月~11月の期間、半日程度)をご相談することがあります。
     ②中南米現地視察
      日程案:2023年1月27日~2月6日(11日間)
      内容 :ブラジルを中心とした中南米の農業現場訪問・市場視察
      参加者:①に参加した日本企業の中から、2社程度の派遣を予定

〇対象 :中南米でのアグリビジネスに関心を有する日本企業

〇対象国:中南米諸国(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、メキシコなど)

〇応募 :2022年9月30日(金)正午まで
      応募ウェブサイト⇒ http://www.nikkeiagri.jp

〇選考 :①に参加した企業の中から、②の参加企業を選定いたします。

〇備考 :参加費無料、言語サポート(ポルトガル語・スペイン語への通訳)あり

〇事務局:中央開発株式会社 グローバルセンター Tel:050‐3199‐1712 E-Mail:nikkeiagri@ckcnet.co.jp

<詳細はウェブサイトをご覧ください> http://www.nikkeiagri.jp/


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。(クレジットカード支払い可)詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2022年秋号(表紙カバー)

特集 ラテンアメリカを取り巻く国際秩序の変移

特別寄稿

安倍元総理大臣の対中南米外交と中南米日系人社会 山田 彰(外務省参与、元中南米局長)

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー <第43回 チリ共和国>

リカルド・グスタボ・ロハス・ゴンサレス駐日チリ大使 グリーン水素や5G での協力進展に期待 佐藤 悟(ラテンアメリカ協会副会長)

ラテンアメリカ時事解説

33か国リレー通信 <第60回 パラグアイ>

33か国リレー通信 <第60回 パラグアイ> グローバル・サプライチェーンにおけるパラグアイへの期待と可能性 西澤 裕介(JETRO ブエノスアイレス事務所長)

ラテンアメリカ随想

産官学連携型の米国・メキシコ研究 の最前線 高橋 百合子(早稲田大学准教授)

ラテンアメリカ都市物語 <第26回 ハバナ-キューバ>

ラテンアメリカ都市物語<第26回ハバナ-キューバ> ハバナ −アンティリャスの真珠 山岡 加奈子(アジア経済研究所 主任研究員)

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会