エッセイ | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

エッセイ

過去のエッセイをご覧いただければお分かりいただけますが、おおよそ次のような原則で受け付けます。

① テーマはラテンアメリカに関係したものに限ります
② 過去の思い出、旅行記、感想、コメント等比較的気楽に読めるもの
③ 文字数は特に制限有りませんが、A4で10.5ポイントで3~8枚程度。写真がある場合は“2~3枚。文体は「である調」でも「ます調」でも構いません。
④ 掲載時期の都合もあり、下記の手順で進めさせていただきます。

*執筆していただく時期、内容等につき、事務局(info@latin-america.jp)あてにメールでお知らせいただきます。
*出稿された時点で、内容・体裁等につき、数回意見交換をさせていただき、掲載時期を決定します。

⑤内容につきましては、公序良俗に反するもの、第三者を誹謗するようなも、一方的に偏った意見等につきましては、事務局と執筆者間で意見交換を行い、掲載の可否を最終決定させていただきます。

⑥ 原稿料や謝金はありません


連載エッセイ90:桜井悌司 数字に見るラテンアメリカ雑学情報その2


記事抜粋

連載エッセイ90 数字に見るラテンアメリカ雑学情報 その2 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 連載エッセイ90 前回につぐ、雑学情報でテーマは雑多である。出所等の点であいまいな点があるので、100%信ずるこ […]


連載エッセイ89:硯田一弘 「南米現地レポート」その18


記事抜粋

連載エッセイ89 南米現地レポート その18(2021年2月分) 執筆者:硯田一弘(アデイルザス代表取締役) 「2月1日発」 昨年後半は渇水による河川の水位低下や作物への影響に苦しんだパラグアイですが、今年に入って大雨が […]


連載エッセイ88:田所清克 「ブラジルの大衆音楽」その1


記事抜粋

連載エッセイ88 田所清克 「ブラジルの大衆音楽」その1A música popular do Brasil 執筆者:田所清克(京都外国語大学名誉教授) (その1) 19世紀のブラジルでは、明らかにヨーロッパの影響を受け […]


連載エッセイ87:桜井悌司 「ランキングに見るラテンアメリカ雑学情報」その1


記事抜粋

連載エッセイ87 「ランキングに見るラテンアメリカ雑学情報」その1 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) YouTubeを見ていると数々の興味あるプログラムに出会う。例えば、Bendito Extranjero […]


連載エッセイ86:山下日彬 「看取り屋の独り言」


記事抜粋

連載エッセイ86 看取り屋の独り言 執筆者:山下 日彬(ヤコンインターナショナル代表取締役) 私も81歳になった。思い返してみると、1959年、神戸高校ブラジル高校移民第2期生として移住、城島商会に入社、営業部長となり、 […]


連載エッセイ85:硯田一弘 「南米現地レポート」その17


記事抜粋

連載エッセイ85 南米現地レポート その17 執筆者:硯田一弘(アデイルザス代表取締役) 「1月4日発」 2021年、新年明けましておめでとうございます。 新型コロナで明け暮れた一年が終わり、新しい年の始まりとなった訳で […]


連載エッセイ84:田所清克 「ブラジルのクラシック音楽の魅力ーヴィラ=ロボスー」


記事抜粋

連載エッセイ84 ブラジルのクラシック音楽の魅力ーヴィラ=ロボスーA atração da música eruditaーVilla Lobosー 執筆者:田所清克(京都外国語大学名誉教授) 「ヴィラ=ロボスとパリ」ーV […]


連載エッセイ83:桜井悌司 「ラテンアメリカでの新型コロナ蔓延について考えたこと」


記事抜粋

連載エッセイ83 新型コロナウイルス蔓延について考えたこと 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 2020年初め頃から、新型コロナウイルスが世界中で蔓延している。日本経済新聞の朝刊を見ると、毎日、米国のジョーン […]


連載エッセイ82:硯田一弘 「南米現地レポート」その16


記事抜粋

連載エッセイ82 南米現地レポート その16 執筆者:硯田一弘(アデイルザス代表取締役) 12月7日発 パラグアイでは12月8日が一年で最も重要な宗教上の重要な祭日Virgen de Caacupéへの礼拝を行なう日であ […]


ポルトガル語のいくつかのイデイオム表現について


記事抜粋

連載エッセイ81 ポルトガル語のいくつかのイデイオム表現について 執筆者:田所 清克(京都外国語大学名誉教授) (田所清克先生が、フェイスブックに掲載されているポルトガル語の表現について、許可を得て転載させていただいた。 […]