一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English
  • Bird-Eye-View in Rio de Janeiro

2018日中南米有識者対話のご案内

この度、外務省と国際協力機構の共催で、日・中南米有識者対話、「開かれた地域主義(Open Regionalism)」―「質の高い成長」に向けた日本と中南米の相互協力―を開催いたします。

21世紀に入り、アジア太平洋および中南米地域の国々は域内の地域連携を拡大・深化することで大きな発展を遂げてきました。 しかし、近年、その基盤となる国際経済・安全保障体系が中国の台頭、英国のEU離脱(Brexit)、米国のリーダーシップの相対的低下などによって不透明感を増しています。 この環境の下、日本と中南米の有識者が一堂に会し、それぞれの地域の発展の歴史を振り返り、「発展を共に」に向けた強固で深化した協力と連携の可能性を議論する意義は大きいと考えます。

今回の日・中南米有識者対話では、日本と中南米諸国が、アジア太平洋と中南米地域の発展のために、どのように公正・透明で開かれた関係を構築できるかについて、TPP11(CPTPP)や 日EU経済連携協定(EPA)の進展等、日本のイニシアチブを踏まえ議論いたします。日本・ラテンアメリカ関係の発展を考える機会です。是非、積極的にご参加ください。心よりお待ちしております。

日 時 2018年10月11日(木)13:30~17:00(13:00受付開始)
会 場 国際協力機構(JICA) 市ヶ谷ビル2F 国際会議場
新宿区市谷本村町10-5 TEL: 03-3269-2911
主 催 外務省・国際協力機構(JICA)
スピーカー

日本側

  • 細野昭雄  国際協力機構(JICA)研究所 シニア・リサーチ・アドバイザー
  • 堀坂浩太郎 上智大学名誉教授
  • 桑山幹夫 神戸大学経済経営研究所フェロー
  • 安部憲明 外務省経済局政策課企画官ー
  • 前田 秀 国際協力機構(JICA)理事

中南米側

  • アルベルト・アウグスト・ロハス・モスコソ
    フィニス・テラ大学(チリ)教授、広報・人文学科国際問題研究所長
  • エドゥアルド・アルベルト・サドゥス
    アルゼンチン国際関係評議会(CARI)アジア委員会委員長
  • ソランジ・マルケス・エスピノサ
    メキシコ国際問題評議会(COMEXI)評議員・研究員
  • オリバー・デラ・コスタ・ストゥンケル
    ジェトゥリオ・ヴァルガス財団・歴史・社会科学スクール(サンパウロ校) 国際関係センター准教授
言 語 日本語・スペイン語・ポルトガル語同時通訳
参加費 無料
定 員 100名 ※先着順。定員に達し次第締め切ります。
申し込み 以下サイトからお申し込みください。
2018日中南米有識者対話 申し込みサイト
お問い合わせ ・外務省中南米局南米課
東京都千代田区霞が関2-2-1、Tel: (03) 5501-8286
・一般社団法人ラテンアメリカ協会
東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル 120A
Tel : (03) 3591-3831 Fax: (03) 6205-4262 E-Mail: info@latin-america
2018日中南米有識者対話のご案内(PDF) 日程議題案(PDF)

講演会・セミナーのご案内

お知らせ

イベントのご案内

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イベント開催案内


パンドラ創立31周年特集上映『100人の子供たちが列車を待っている』

パンドラ社創立31周年特集上映 『笑う故郷』(アルゼンチン・スペイン共同製作)

ラテンアメリカ主要各国の電力エネルギー市場のデザイン PwCアドバイザリー合同会社 富田 宏 インフラストラクチャー部門ディレクター

出版記念講演会&パラグアイ・アルパ ミニリサイタル: パラグアイの伝統レース~ ニャンドゥティのアクセサリー

ペルー鉱業投資セミナー

最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

ラテンアメリカ時報2018年春号

特集 アルゼンチンは再生できるか

  • 危機に立たされるマクリ政権の経済改革路線 -ペソ急落と利上げの背景と今後の見通し…桑山 幹夫
  • アルゼンチンの国際金融市場復帰・ペソ暴落とIMF支援要請...野本 和樹
  • ブアルゼンチンの投資環境の変化の背景にあること -政権交替前後の事情-…紀井 寿雄
  • 「目覚めるか? アルゼンチンの豊かな地下資源 -金属鉱物・リチウム、シェールガス-…白鳥 智裕・舩木 弥和子
  • 政治・経済改革は進むか? -年金改革議論を通じて…アルベルト松本
  • アルゼンチンの日系社会に育つ若手ビジネス人材-日系社会との新たなパートナー関係の構築に向けて-…武田 浩幸
  • マクリ政権の地域経済外交の進展 ―メルコスールと太平洋同盟を軸にして―…ラテンアメリカ協会ラテンアメリカ・カリブ研究所

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー<第28回 エクアドル>

ハイメ・バルベリス駐日エクアドル大使

「ドル化」により安定したエクアドル経済 ―優先政策は外資導入― ...伊藤 昌輝

特別寄稿

OECDの改革道標で目指す「坂の上の雲」 ―ラテンアメリカからの新規加盟と地域プログラムの意義...安部 憲明

ラテンアメリカ時事解説

  • 第8回米州サミットから見るラテンアメリカの現状と今後...大竹 伸平
  • TPPの次は? ―ラテンアメリカとアジア太平洋の新たなステージ―...幸地 茂
  • パラグアイ大統領選挙について…石田 直裕
  • コスタリカ大統領選挙 -独立200周年を目指し国民の団結を呼びかける若き大統領の就任…木村 泰次郎

33 カ国リレー通信 <第43回 アルゼンチン>

アルゼンチンでKAIZENの今 -アルゼンチン企業が関心を寄せる日本式経営…相川 知子

ラテンアメリカ随想

ポスト・カストロ時代のキューバと日本・キューバ関係…渡邉 優

連載 ラテンアメリカ都市物語<第9回>

新テクノロジーで変貌しつつある新大陸最古の植民都市 サントドミンゴ…鈴木 渉

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

  • アルゼンチンカトリック教会の変容 -国家宗教から公共宗教へ
  • ラテンアメリカの年金政治 -制度変容の多国間比較研究
  • 「ポピュリズム」の政治学 -深まる政治社会の亀裂と権威主義化
  • ペルーの民衆教育 -「社会を変える」教育の変容と学校での受容
  • 大航海時代の日本人奴隷 -アジア・新大陸・ヨーロッパ
  • CHOCOLATE -チョコレートの歴史、カカオ豆の種類、味わい方とそのレシピ
  • バナナのグローバル・ヒストリー -いかにしてユナイテッド・フルーツは世界を席巻したか
  • ブラジル映画史講義
  • マヤ探検記 -人類史を書きかえた偉大なる冒険 上・下
  • アンデス古代の探究 -日本人研究者が行く最前線

ラテンアメリカ・カリブ研究所の新設と研究員の公募

一般社団法人への移行に伴い研究機能強化を図ることを目的に「ラテンアメリカ・カリブ研究所」を新設しました。

活動のひとつとして、ラテンアメリカ研究を志す若手研究者に「研究員」(無給)の肩書を付与し協会の調査研究活動に協力していただける方を募集いたします。

詳細は、<協会>ラテンアメリカ・カリブ研究所をご覧ください。


一般社団法人ラテンアメリカ協会 | Facebookページも宣伝